デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

朝鮮語濟州方言日本語
자1しゃく, 物差ものさ
자2さあ
자갈1砂利じゃり
자갈2はみ, 轡くつわ
자갈코手綱たづな
자게재기 はやく, 急いそいで
자골河原決明かはらけつめい, 草合歡くさねむ
자골낭자귀낭 合歡ねむの木
자구남자귀낭 合歡ねむの木
자구낭자귀낭 合歡ねむの木
자굴1자골 河原決明かはらけつめい, 草合歡くさねむ
자굴2자갈 はみ, 轡くつわ
자굴낭자귀낭 合歡ねむの木
자귀낭合歡ねむの木
자그락자그락つまらないことで言ひ爭あらそふ樣さま
자꼬자꾸 何度なんども, しきりに
자꾸何度なんども, しきりに
자네あのこ
자다る, 眠ねむ
자돔雀鯛すずめだひ
자두룸ᄒᆞ다자주룸ᄒᆞ다すこし反り返かへったやうだ
자라다ᄌᆞ라다そだつ, 成長せいちゃうする
자락ぐいっと(押す)
자락이자락 ぐいっと(押す)
자락자락ふさふさ, ぞろりと, 鈴すずなりに
자락ᄒᆞ다たわわだ
자랑自慢じまん
자랑ᄒᆞ다自慢じまんする
자레すっぽん, 龜かめ
자륵탁ずるっと
자름보말黒漬貝くろづけがひ
자리1雀鯛すずめだひ
자리2재열せみ
자리せき, 座席ざせき
자리다1저리다 しびれる
자리다2腓返こむらがへりが起こる
자리물회雀鯛すずめだひのムルフェ
자리젓雀鯛すずめだひの鹽辛しほから
자리젯자리젓 雀鯛すずめだひの鹽辛しほから
자리클むしろ機ばた
자리회雀鯛すずめだひの刺身さしみ
자릿봇재열봇せみの拔け殻がら
자박자박ひたひた
자불이다주울이다かたむける
자생ᄒᆞ다自生じせいする
자연自然しぜん
자오락潮莎草しほくぐ
자왈しげみ, 藪やぶ
자우라지다1자울아지다かたむ
자우라지다2一方いっぱうに傾かたむ
자우락자오락 潮莎草しほくぐ
자우름ᄒᆞ다すこし傾かたむいてゐる
자울다かたむ
자울락자울락ひどくびっこを引く樣子やうす
자울아지다かたむ
자울이다1かたむ
자울이다2주울이다かたむける
자울자울1うつらうつら
자울자울2자울락자울락 ひどくびっこを引く樣子やうす
자웃거리다しきりに首くびをかしげる
자웃자웃くびをかしげる樣子やうす
자원資源しげん
자월자왈しげみ, 藪やぶ
자의あのこ
자이자의 あのこ
자자귀자자기 お喋しゃべ
자자기お喋しゃべ
자작거리다1しきりに喋しゃべり立てる
자작거리다2えらぶる
자작이다やかましく喋しゃべ
자작자작ぺちゃくちゃ
자장のろの雌めす
자전거自轉車じてんしゃ
자제기자자기 お喋しゃべ
자조ᄌᆞ주 度々たびたび
자주룸ᄒᆞ다すこし反り返かへったやうだ
자주와기お喋しゃべ
자주와리자주와기 お喋しゃべ
자주웨기자주와기 お喋しゃべ
자지룸ᄒᆞ다자주룸ᄒᆞ다すこし反り返かへったやうだ
자채尺取しゃくとり蟲むし
자추와기자주와기 お喋しゃべ
자치1めすの雉きじ
자치2端切はぎ
자치3ごきぶり
자치기ぼうを打って飛ばす遊あそ
자쿨자골 河原決明かはらけつめい, 草合歡くさねむ
자파리惡戲いたづら
작년去年きょねん
작다1こまかい
작다2족다ちひさい
작대기작데기 (背負子を立てかける)突っ支ひ棒ぼう
작데기(背負子を立てかける)突っ支ひ棒ぼう
작도し切り, 飼ひ葉切ばき
작뒤작도し切り, 飼ひ葉切ばき
작멜砂利じゃり
작멸작멜 砂利じゃり
작벡잣벡 石築地いしついぢ
작새작은태 ちび
작쉬(背負子を立てかける)突っ支ひ棒ぼう
작연쟁연 角凧かくだこ
작은태ちび
작인ひ手
작자ひ手
작제작자ひ手
작지砂利じゃり
잔나비ᄌᆞᆫ나비さる
잔뒤역マット状じゃうの芝生しばふの苗なへ, 芝しば
잔치パーティー, 宴うたげ
잘1上手じゃうずに, うまく
잘2筋赤熊蝉すぢあかくまぜみ
잘강잘강1かちゃかちゃ
잘강잘강2くちゃくちゃ
잘강잘강3じゃぶじゃぶ(すすぐ)
잘난체ᄒᆞ다えらぶる
잘도非常ひじゃう
잘락1자락 ぐいっと(押す)
잘락2小便せうべんをちびる樣子やうす
잘락잘락ちゃぷちゃぷ
잘랑잘랑ちゃらちゃら
잘룩잘룩ややびっこを引く樣子やうす
잘리찰리ふくろ
잘못間違まちが
잘못뒈다間違まちがってゐる
잘못ᄒᆞ다間違まちが
잘쑥잘쑥びっこを引く樣子やうす
잘콴다리ざまあ見ろ, 良い氣味きみ
잘콴이잘콴다리ざまあ見ろ, 良い氣味きみ
잘ᄒᆞ다上手じゃうずにする
잠녀ᄌᆞᆷ녜 海女あま
잠대すき
잠수질ᄌᆞᆷ수질 海女漁あまれふ, 素潛すもぐり漁れふ
잠지1しりっぺた
잠지2女陰ぢょいん
잡꼴牧草ぼくさう
잡다つかまへる, 掴つかむ, 握にぎ
잡아ᄃᆞ리다き寄せる, 引
잡아ᄃᆞᆼ기다き寄せる, 引
잡파리자파리 惡戲いたづら
잣1자왈しげみ, 藪やぶ
잣2石壘せきるい
잣담잣벡 石築地いしついぢ
잣벡石築地いしついぢ
잣벡담잣벡 石築地いしついぢ
장醤油しゃうゆ
장개가다장게가다つまを娶めと
장게嫁取よめと
장게가다つまを娶めと
장게들다つまを娶めと
장군석石爺いしぢいさん, トルハルバン
장굴레비장쿨레비 孑孑ぼうふら
장귀1장기 將棋しゃうぎ
장귀2杖鼓ぢゃうこ
장귀뻬くるぶし
장귓도로기將棋しゃうぎの駒こま
장그르헤상그르헤 一昨年をととし, 去年きょねん
장글레기大難銀寶だいなんぎんぽ, 銀寶ぎんぽ
장금세1市價しか
장금세2相場さうば
장금지1장금세 市價しか
장금지2장금세 相場さうば
장기將棋しゃうぎ
장ᄀᆞᆯ래비장쿨레비 孑孑ぼうふら
장꿩をすの雉きじ
장난ᄀᆞ음玩具おもちゃ
장난꾸레기惡戲いたづらっ子, 惡戲小僧いたづらこぞう
장난ᄒᆞ다惡戲いたづらする
장날市日いちび, 市いちの立つ日
장남1長男ちゃうなん
장남2健康けんかうな勞働者らうどうしゃ, 作男さくをとこ
장내기やっつけ仕事しごと, 數物かずもの
장대竿さを
장도리箱屋槌はこやづち
장ᄃᆞᆨ雄鷄をんどり
장딴지ふくらはぎ
장뚜껑이かめの蓋ふた
장림梅雨つゆ
장마梅雨つゆ
장마고사리なつの花蕨はなわらび
장모しうとめ(妻の母)
장목手首てくび
장물醤油しゃうゆ
장물종지醤油皿しゃうゆざら
장물ᄌᆞᆨ다물장ᄌᆞᆨ다 醤油しゃうゆにつける
장밧葬儀場さうぎぢゃう, 齋場さいぢゃう
장방納戸なんど, 貯藏室ちょざうしつ
장버렝이蠁子さし
장소場所ばしょ
장수1長壽ちゃうじゅ
장수2장쉬 將帥しゃうすい
장수물자리장수밥주리 鬼蜻蜓おにやんま
장수밥주리鬼蜻蜓おにやんま
장쉬將帥しゃうすい
장시商賣しゃうばい
장시꾼商人しゃうにん
장시세1市價しか
장시세2相場さうば
장식裝飾さうしょく
장ᄉᆞ1葬式さうしき
장ᄉᆞ2장시 商賣しゃうばい
장ᄉᆞ꾼장시꾼 商人しゃうにん
장앙뚜꿰장뚜껑이 かめの蓋ふた
장어장의うなぎ
장에장의うなぎ
장역ᄒᆞ다照準せうじゅんを合はせる, 裝填さうてんする, 裝藥さうやくする
장의うなぎ
장이 사다いちが立
장인しうと(妻の父)
장작まき
장종제기醤油皿しゃうゆざら
장체籾殼もみがら, 粗糠あらぬか
장칼래비장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장칼레비1장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장칼레비2장쿨레비 孑孑ぼうふら
장콜레비1장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장콜레비2장쿨레비 孑孑ぼうふら
장콩青豆あをまめ
장쿡味噌汁みそしる
장쿨래비장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장쿨레기장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장쿨레비1장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장쿨레비2孑孑ぼうふら
장퀠래비장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장ᄏᆞᆯ래비蜥蜴とかげ
장ᄏᆞᆯ레비장ᄏᆞᆯ래비 蜥蜴とかげ
장탱이醤油しゃうゆや味噌みそを釀造ぢゃうざうするのに用もちゐる大豆だいづ
장항醤油しゃうゆや味噌みそを釀造ぢゃうざう・貯藏ちょざうするかめ
장항뚜껭이장뚜껑이 かめの蓋ふた
장황장항 醤油しゃうゆや味噌みそを釀造ぢゃうざう・貯藏ちょざうするかめ
잦초름ᄒᆞ다ななめだ, 傾かたむいてゐる
잦추룸ᄒᆞ다잦초름ᄒᆞ다ななめだ, 傾かたむいてゐる
재재열せみ
재간제간 才能さいのう
재게재기 はやく, 急いそいで
재기はやく, 急いそいで
재다はかる, 測はかる, 量はか
재래시장(昔ながらの)市場いちば
재미지다ᄌᆞ미지다 面白おもしろ
재봇재열봇せみの拔け殻がら
재열せみ
재열볻재열봇せみの拔け殻がら
재열봇せみの拔け殻がら
재우다かせる
재작년一昨年をととし
재재せみの鳴き聲ごゑ, じいじい
재피줴피 山椒さんせうの葉, 山椒さんせう
재피낭줴피낭 山椒さんせう
잭멜작멜 砂利じゃり
잭인작인ひ手
잭잭재재せみの鳴き聲ごゑ, じいじい
잴재열せみ
잴봇재열봇せみの拔け殻がら
잽다재우다かせる
쟁かね
쟁기すき
쟁깃몽클耒底いさり
쟁깃무클쟁깃몽클 耒底いさり
쟁역ᄒᆞ다장역ᄒᆞ다 照準せうじゅんを合はせる, 裝填さうてんする, 裝藥さうやくする
쟁연角凧かくだこ
저1あの(上方), あの(下方), あの(水平), あの
저2あの
저것あれ
저고리チョゴリ
저곰태기鼠蹊部そけいぶ
저구리저고리 チョゴリ
저굽다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
저금ᄌᆞ곰 くすぐったさ
저금ᄐᆞ다ᄌᆞ곰ᄐᆞ다 くすぐったがり屋
저급다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
저긔あそこ
저기예기저곰태기 鼠蹊部そけいぶ
저기예미저곰태기 鼠蹊部そけいぶ
저깻まは
저껏ᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
저껭이ᄌᆞ깡이 わきのした
저꼇ᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
저끄다겨끄다 經驗けいけんする
저끔ᄐᆞ다ᄌᆞ곰ᄐᆞ다 くすぐったがり屋
저끗ᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
저낙1저냑 夕方ゆふがた
저낙2ᄌᆞ냑 夕食ゆふしょく
저낙때夕暮ゆふぐれ, 夕方ゆふがた
저냑1夕方ゆふがた
저냑2ᄌᆞ냑 夕食ゆふしょく
저냑때저낙때 夕暮ゆふぐれ, 夕方ゆふがた
저녁1ᄌᆞ냑 夕食ゆふしょく
저녁2저냑 夕方ゆふがた
저녁때저낙때 夕暮ゆふぐれ, 夕方ゆふがた
저녁밥ᄌᆞ냑밥 夕食ゆふしょく
저드랑이ᄌᆞ드랭이 わきのした
저드랭이ᄌᆞ드랭이 わきのした
저들다ᄌᆞ들다あんずる, 心配しんぱいする
저듸あそこ
저런あんな
저레あちらに, あっちに
저르저를ひま
저르지다저를지다いそがしい
저를ひま
저를지다いそがしい
저리1저레 あちらに, あっちに
저리2牛二頭うしにとうが引く犁すき
저리다1しびれる
저리다2しびれる
저리다3자리다 腓返こむらがへりが起こる
저리잠데저릿잠대 牛二頭うしにとうが引く犁すき
저립1牛鰆うしさはら
저립2カンパチ
저릿잠대牛二頭うしにとうが引く犁すき
저릿쟁기牛二頭うしにとうが引く犁すき
저물다ᄌᆞ물다 (日が)暮れる
저뭇1夕食ゆふしょく
저뭇2夕方ゆふがた
저믓저뭇 夕方ゆふがた
저밤낭ᄌᆞ베낭 すだ椎じひ, 椎しひ
저베기ᄌᆞ바기 水團すいとん
저봄ᄌᆞ봄はし
저붐ᄌᆞ봄はし
저수리もみ
저슨살이저슬살이 仙人草せんにんさう
저슬저을ふゆ
저슬살이1宿木やどりぎ
저슬살이2仙人草せんにんさう
저슬탈冬苺ふゆいちご
저승あの世
저실저을ふゆ
저싱저승 あの世
저어ᄒᆞ다こはがる, 恐おそれる
저영ああ, あのやうに
저울はかり
저울눈秤目はかりめ, 目盛めもり
저울더리저울도리 星鮫ほしざめ
저울도리星鮫ほしざめ
저울ᄃᆞ리저울도리 星鮫ほしざめ
저울이다주울이다かたむける
저으다こはい, 恐おそろしい
저을ふゆ
저읠도리저울도리 星鮫ほしざめ
저짝あちら, あっち
저착저짝 あちら, あっち
저항ᄒᆞ다抵抗ていかうする
저ᄒᆞ다저으다こはい, 恐おそろしい
적1串燒くしやき, 串煮込くしにこ
적2직 (一)〜口くち
적3(一)〜口くち
적4ᄌᆞᆨかたはら, 傍そば, 側そば
적5牡蠣かき
적고지き串ぐし, 竹串たけぐし
적괘ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
적궤ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
적다찍다 (物の先に液體を)つける
적다ᄆᆞᆯ적대ᄆᆞᆯ 赤馬あかうま
적당ᄒᆞ다適當てきたう
적대ᄆᆞᆯ赤馬あかうま
적삼單衣ひとへのチョゴリ
적시직시け前まへ
적쒜き網あみ
적이すくなく
적지다1찍다 (物の先に液體を)つける
적지다2ひた
전ジョン, 衣ころもをつけて油あぶらで燒いた料理れうり
전각1정각 みる海松
전각2前脚まへあし
전각쿨みる海松
전기1(蕎麥粉の)春巻はるまき
전기2電氣でんき
전기3전지 蕎麥粉そばこのジョン
전기가오리東雲坂田鮫しののめさかたざめ
전기떡(蕎麥粉の)春巻はるまき
전디다へる
전멸뒈다全滅ぜんめつする
전방商店しゃうてん, 店みせ
전복점복あはび
전복뒈다轉覆てんぷくする
전봇대電信柱でんしんばしら
전봇대낭西洋箱柳せいやうはこやなぎ
전봇줄電線でんせん
전설傳説でんせつ
전시展示てんじ
전시관展示館てんじくわん
전시물展示物てんじぶつ
전야제前夜祭ぜんやさい
전에このしろ
전자리정철이 糟鮫かすざめ
전장戰爭せんさう
전주다1一休ひとやすみする
전주다2くらべる, 競きそ
전지1蕎麥粉そばこのジョン
전지2土地とちあるいは畑はたけ
전체굿전치ため
전치ため
전태びっこ
전통傳統でんとう
전해오다つたはる
전화電話でんわ
전후前後ぜんご
전ᄒᆞ다つたへる
절1なみ
절2お辭儀じぎ
절3てら
절간てら
절국결국 結局けっきょく
절굿대절귓대きね
절귀きね, 臼うす
절귓대きね
절다1脂氣あぶらけが染みる
절다2びっこを引
절단결단 決斷けつだん
절레ᄌᆞᆯ레 針刺はりさし, 針立はりた
절로自然しぜん
절롸니제와니 雌日芝めひしば, 鬼雌日芝おにめひしば
절롼지제와니 雌日芝めひしば, 鬼雌日芝おにめひしば
절룩발이びっこ
절마니髢草かもじぐさ
절마리절마니 髢草かもじぐさ
절마리쿨절마니 髢草かもじぐさ
절막이절마니 髢草かもじぐさ
절머리쿨절마니 髢草かもじぐさ
절미1あの方かた
절미2あのこ
절방귀星砧ほしきぬた
절벡絶壁ぜっぺき
절벤꽝膝蓋骨しつがいこつ, 膝ひざの皿さら
절쑥거리다びっこを引
절지치다波打なみう
절축발이절툭발이びっこ
절치다波打なみう
절코けっして
절툭발이びっこ
절혼結婚けっこん
젊다わか
점1〜點てん
점2うらな
점뱅이점벵이 單衣ひとへの半はんズボン
점벵이單衣ひとへの半はんズボン
점복あはび
점심晝食ちうしょく
점쟁이うらなひ師
점점段々だんだん
점치다うらな
접1牛馬ぎうばの肩胛骨けんかふこつ
접2かう, 頼母子講たのもしかう
접게ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
접다1たた
접다2ᄌᆞᆸ다つま
접두루막あはせのトゥルマギ
접미리젯미리 面取鉋めんとりかんな
접바지(綿を入れない)袷あはせズボン
접시ᄌᆞᆸ시 0 皿さら
접옷あはせ
접원講員かうゐん
접이불1綿わたを入れずに裏うらだけ付けた掛布團かけぶとん
접이불2ᄌᆞᆸ이불 一重ひとへの掛布團かけぶとん
접재기1ᄌᆞᆸ제기 鋏蟲はさみむし
접재기2みの
접제기ᄌᆞᆸ제기 鋏蟲はさみむし
접주와기ᄌᆞᆸ제기 鋏蟲はさみむし
접치다かち合ふ, 重かさなる, 重かさねる
접후리메あはせのトゥルマギ
젓1鹽辛しほから
젓2젯ちち, 乳房ちぶさ
젓가락젯가락はし
젓가슴むね
젓가심젓가슴むね
젓갈鹽辛しほから
젓고고리乳首ちくび
젓국물鹽辛しほからの汁しる
젓꼭지乳首ちくび
젓니젯늬 子供こどもの齒, 乳齒にゅうし
젓다(手、首を)振る, (液體を)かき混ぜる, 漕
젓덩어리乳房ちぶさ
젓먹이ᄌᆞᆺ먹이 乳飮ちのみ子
젓멕이ᄌᆞᆺ먹이 乳飮ちのみ子
젓쿨くきを折ると乳液にゅうえきの出る草くさ
젓텅어리젓덩어리 乳房ちぶさ
젓통젲통 乳房ちぶさ
정1のみ
정2정낭 (門の)横木よこぎ
정3きゃう
정가웨고장夏櫨なつはぜの花はな
정가웨낭夏櫨なつはぜ
정가위꼿정가웨고장 夏櫨なつはぜの花はな
정각みる海松
정갈뤠낭정가웨낭 夏櫨なつはぜ
정갈뤼꼿정가웨고장 夏櫨なつはぜの花はな
정갈리꼿정가웨고장 夏櫨なつはぜの花はな
정갈리낭정가웨낭 夏櫨なつはぜ
정갈웨낭정가웨낭 夏櫨なつはぜ
정갈위낭정가웨낭 夏櫨なつはぜ
정갈이낭정가웨낭 夏櫨なつはぜ
정강꽝脛骨けいこつ
정강머리かふ脛ずね
정강ᄆᆞᆯ리정강머리かふ脛ずね
정강뻬정강꽝 脛骨けいこつ
정강이すね
정개청에 けんけん
정개고개청에 けんけん
정개좃다청에좃다 けんけんする
정갱이1정강이すね
정갱이2液體えきたいに混じってゐた鹽分えんぶんが凝固ぎょうこしてできた滓かす
정게좃다청에좃다 けんけんする
정겡이정강이すね
정구지にら
정글다ᄌᆞ물다 (日が)暮れる
정기전기 (蕎麥粉の)春巻はるまき
정기떡전기떡 (蕎麥粉の)春巻はるまき
정남정낭 (門の)横木よこぎ
정낭(門の)横木よこぎ
정당青葛藤あをつづらふぢ
정동정당 青葛藤あをつづらふぢ
정동껍青葛藤あをつづらふぢ
정동낭はすの葉葛はかづら
정동줄青葛藤あをつづらふぢ
정력經歴けいれき
정말1本當ほんたう
정말2本當ほんたう
정말로本當ほんたう
정벵이점벵이 單衣ひとへの半はんズボン
정살(門の)横木よこぎ
정살낭정살 (門の)横木よこぎ
정살문정살 (門の)横木よこぎ
정설낭정살 (門の)横木よこぎ
정술り絲いと
정술낭정살 (門の)横木よこぎ
정승정싕 丞相じょうしゃう
정싕丞相じょうしゃう
정시地相師ちさうし, 地相見ちさうみ, 風水師ふうすいし
정시ᄒᆞ다地相ちさうを見
정신精神せいしん
정신ᄎᆞᆯ리다しっかりする
정심점심 晝食ちうしょく
정애청에 けんけん
정애고개ᄒᆞ다肩車かたぐるまに乘
정엄정험 經驗けいけん
정에しも
정연쟁연 角凧かくだこ
정우場合ばあひ
정월正月しゃうぐわつ, 陰暦一月いんれきいちぐわつ
정이월一月いちぐわつと二月にぐわつ
정제정지 臺所だいどころ, 料理場れうりば
정주막정주목 (門の横木を渡す穴の開いた)石柱せきちゅう
정주먹정주목 (門の横木を渡す穴の開いた)石柱せきちゅう
정주목(門の横木を渡す穴の開いた)石柱せきちゅう
정주목[柱木]낭정주목 (門の横木を渡す穴の開いた)石柱せきちゅう
정지臺所だいどころ, 料理場れうりば
정짓정지 臺所だいどころ, 料理場れうりば
정찰警察けいさつ
정철이糟鮫かすざめ
정체正體しゃうたい
정치景色けしき
정토새기大猪おほゐのしし
정하님종하님 下僕げぼく
정허다경ᄒᆞ다 そのやうだ
정험經驗けいけん
정헤지다まる
정확ᄒᆞ다正確せいかく
정ᄒᆞ다1경ᄒᆞ다 そのやうだ
정ᄒᆞ다2める
젖다れる
젖쿨젓쿨くきを折ると乳液にゅうえきの出る草くさ
제1かたはら, 傍そば, 側そば
제2はひ
제3はし
제4神事しんじ, 祭祀さいし
제5접かう, 頼母子講たのもしかう
제각기各々おのおの
제간才能さいのう
제게재기 はやく, 急いそいで
제굽다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
제금만썩各々おのおの
제급다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
제기재기 はやく, 急いそいで
제기다む, 蓄積ちくせきする
제까락젯가락はし
제꼇ᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
제꾸름젯구름 夜食やしょく, 小晝こひる
제끼다1ける
제끼다2ひ合
제낭1耽羅澤蓋木たんなさはふたぎ
제낭2澤蓋木さはふたぎ
제낭3あかざ
제냑1저냑 夕方ゆふがた
제냑2ᄌᆞ냑 夕食ゆふしょく
제냥으로みづか
제네만썩各々おのおの
제딸이灰皿はひざら
제떨이제딸이 灰皿はひざら
제라ᄒᆞ다まともだ, 合ってゐる, 正確せいかく
제레在來ざいらい
제리다1저리다 しびれる
제리다2자리다 腓返こむらがへりが起こる
제립1저립 牛鰆うしさはら
제립2저립 カンパチ
제만썩各々おのおの
제만콤各々おのおの
제만큼제만콤 各々おのおの
제물生贄いけにへ
제미ᄌᆞ미 面白おもしろ
제미나다ᄌᆞ미나다 面白おもしろ
제미지다ᄌᆞ미지다 面白おもしろ
제ᄆᆞᆯ피ひえの一種いっしゅ
제밤낭ᄌᆞ베낭 すだ椎じひ, 椎しひ
제법なかなか
제벱제법 なかなか
제봉裁縫さいほう
제비1つばめ
제비2くじ
제비가오리えひの一種いっしゅ, 燕つばくろえひ
제비꿀すみれ
제비새つばめ
제비생이제비새 つばめ
제비풀제비꿀すみれ
제사제ᄉᆞ 祭祀さいし
제산財産ざいさん
제수つき, 幸先さいさき
제쉬제수 つき, 幸先さいさき
제ᄉᆞ祭祀さいし
제ᄉᆞ나 멩질年忌ねんき, 法事ほふじ, 追善ついぜん
제열재열せみ
제와니雌日芝めひしば, 鬼雌日芝おにめひしば
제완지제와니 雌日芝めひしば, 鬼雌日芝おにめひしば
제우やうやく, やっと
제우다1に餘あま
제우다2재우다かせる
제위제우 やうやく, やっと
제일一番いちばん, 最もっと
제자제ᄌᆞ 生徒せいと
제주1濟州さいしう
제주2才能さいのう, 技わざ, 藝げい
제주도濟州島さいしうたう
제주어濟州方言さいしうはうげん
제쥐제주 才能さいのう, 技わざ, 藝げい
제집아의지집아의をんなの子
제ᄌᆞ生徒せいと
제쿨제낭あかざ
제트름게트름 げっぷ
제피줴피 山椒さんせうの葉, 山椒さんせう
제피낭줴피낭 山椒さんせう
제환지제와니 雌日芝めひしば, 鬼雌日芝おにめひしば
제ᄒᆞᆫ制限せいげん
젝멜작멜 砂利じゃり
젠낭제낭あかざ
젤제일 一番いちばん, 最もっと
젤로一番いちばん, 最もっと
젭다1제우다に餘あま
젭다2재우다かせる
젭시ᄌᆞᆸ시 0 皿さら
젭주와기ᄌᆞᆸ제기 鋏蟲はさみむし
젯1젓 鹽辛しほから
젯2ちち, 乳房ちぶさ
젯가락はし
젯가슴젓가슴むね
젯고고리젓고고리 乳首ちくび
젯구름夜食やしょく, 小晝こひる
젯꼭지젓꼭지 乳首ちくび
젯늬子供こどもの齒, 乳齒にゅうし
젯미리面取鉋めんとりかんな
젯쿨젓쿨くきを折ると乳液にゅうえきの出る草くさ
젯텅어리젓덩어리 乳房ちぶさ
젯퉁젲통 乳房ちぶさ
젯퉁이젲통 乳房ちぶさ
젱쟁かね
젱기고장朝鮮山躑躅てうせんやまつつじ
젱기떡전기떡 (蕎麥粉の)春巻はるまき
젱멩징멩 證明しょうめい
젱반ぼん
젱베름1小鴨貝こがもがひ
젱베름2おたまじゃくし
젱베리よめが笠かさ
젱비리젱베름 おたまじゃくし
젲통乳房ちぶさ
졍저영 ああ, あのやうに
조あは
조개1鏡貝かがみがひ
조개2かひ
조개풀やし用ようの海藻かいさうの一種いっしゅ
조갱이子供こどもの鮑あはび
조건條件でうけん
조겡이조개かひ
조고만ᄒᆞ다ちっちゃい
조곰すこ
조곽우미早摘はやづみ天草てんぐさ
조구젱기조쿠제기 榮螺さざえの子供こども
조금1줴기 小潮こしほ
조금2조곰すこ
조기1きぐち
조기2줴기 小潮こしほ
조꼼조곰すこ
조끄다ふ, 追ひ掛ける
조낭あわの莖くき
조동머리조종머리ぞくに既婚男性きこんだんせいの髷まげ
조동패기조종머리ぞくに既婚男性きこんだんせいの髷まげ
조라음眠氣ねむけ
조랍다ねむたくなる, 眠氣ねむけがさす
조랑내細水さざれみづ
조랑막댕이つゑ
조랑조랑たわわに
조럭조우럭 くじめ
조레기낭いすのき
조롬動物どうぶつの尾骶骨びていこつのあたり, 尾, 尻しり
조롬마추다性交せいかうする
조롱낭조레기낭いすのき
조롱내조랑내 細水さざれみづ
조루조리 親指おやゆびとひと人差指さしゆびを廣ひろげた長なが
조룸꽝尾骶骨びていこつ
조르다せがむ, せびる, ねだる, 催促さいそくする, 急き立てる
조름조롬 動物どうぶつの尾骶骨びていこつのあたり, 尾, 尻しり
조리親指おやゆびとひと人差指さしゆびを廣ひろげた長なが
조매조매にぎにぎ
조매질にぎにぎ
조명照明せうめい
조문弔問てうもん
조문ᄒᆞ다弔問てうもんする
조ᄆᆞᆼ생이仔馬こうま
조반朝食てうしょく
조반밥朝食てうしょく
조볼래낭ちひさな實のなる茱萸ぐみ
조부레기なもみ
조사ᄒᆞ다調査てうさする
조상1先祖せんぞ
조상2氏神うぢがみ
조상신氏神うぢがみ
조선ᄀᆞᆫ장朝鮮醤油てうせんじゃうゆ
조선시대李氏朝鮮時代りしてうせんじだい
조성造成ざうせい
조셍궹이榮螺さざえの子供こども
조심用心ようじん
조왕조왕할망 荒神くわうじん, 竈神かまどがみ
조왕구물二十日鼠はつかねずみ, 鼠ねずみ
조왕그물조왕구물 二十日鼠はつかねずみ, 鼠ねずみ
조왕신조왕할망 荒神くわうじん, 竈神かまどがみ
조왕할망荒神くわうじん, 竈神かまどがみ
조용ᄒᆞ다しづ
조우럭くじめ
조이종이かみ
조이전紙屋かみや
조작지작지 砂利じゃり
조쟁이陰莖いんけい
조젱이조쟁이 陰莖いんけい
조종머리ぞくに既婚男性きこんだんせいの髷まげ
조종패기조종머리ぞくに既婚男性きこんだんせいの髷まげ
조지いねの苗なへの束たば
조지다かみを結って髷まげをつくり簪かんざしをさす
조진조진きちんきちんと
조집조찝あわの莖くき
조찍조찝あわの莖くき
조찐다리白鮫しろざめ, 虎鮫とらざめ
조찝あわの莖くき
조차오다ついて來
조청각みる海松の一種
조친떡조침떡 粟餠あはもち
조침떡粟餠あはもち
조칩조찝あわの莖くき
조캐조케めひ, 甥をひ
조케めひ, 甥をひ
조쿠제기榮螺さざえの子供こども
조팝粟飯あはめし
조피줴피 山椒さんせうの葉, 山椒さんせう
조피낭줴피낭 山椒さんせう
족1족제비 朝鮮鼬てうせんいたち, 鼬いたち
족2촉さき
족곰조곰すこ
족다1こまかい
족다2ちひさい
족다3すくない
족대矢竹やだけ
족새작은태 ちび
족영すくなく
족은마누라水疱瘡みづばうさう, 水痘すいとう
족은베설(動物の)小腸せうちゃう
족은아바지父方ちちかたの叔父をぢ
족은아방父方ちちかたの叔父をぢ, 繼父ままちち
족은아의すゑっ子
족은어머니父方ちちかたの叔父をぢの妻つま, 義叔母をば
족은어멍父方ちちかたの叔父をぢの妻つま, 繼母ままはは, 義叔母をば
족은일小便せうべん
족은ᄌᆞᆷ녜水準すいじゅんの低ひくい海女あま
족은ᄌᆞᆷ수水準すいじゅんの低ひくい海女あま
족은한집水疱瘡みづばうさう, 水痘すいとう
족재열ちひさな蝉せみ
족제비朝鮮鼬てうせんいたち, 鼬いたち
족ᄒᆞ다しい, 不憫ふびんだ, もどかしい
존곙이木通あけびの實
존곙잇줄木通あけび
존다니ᄌᆞᆫ다니 白鮫しろざめ, 虎鮫とらざめ
졸겡이존곙이 木通あけびの實
졸겡잇줄존곙잇줄 木通あけび
졸깃졸깃ᄒᆞ다しこしこしてゐる
졸락조우럭 くじめ
졸락우럭조우럭 くじめ
졸락졸락一度いちどにせず少すこしづつ
졸로다
졸르다1せがむ, せびる, ねだる, 催促さいそくする, 急き立てる
졸르다2졸로다
졸리다1ねむたくなる, 眠氣ねむけがさす
졸리다2ける
졸리돌다出歩である
졸망졸망ちょこちょこ
졸바로ちゃんと, きちんと
졸바르졸바로 ちゃんと, きちんと
졸바르다1ただしい
졸바르다2っ直ぐだ
졸발르다1졸바르다っ直ぐだ
졸발르다2졸바르다ただしい
졸복彼岸河豚ひがんふぐ
졸압다조랍다ねむたくなる, 眠氣ねむけがさす
졸업ᄒᆞ다卒業そつげふする
졸오다졸로다
졸음조라음 眠氣ねむけ
좀1조지いねの苗なへの束たば
좀2を食害しょくがいする蟲むし, 木蠹蟲きくひむし
좀꿰다리ᄌᆞᆫ꿰다리 小賢こざかしい人ひと
좀매좀매조매조매 にぎにぎ
좀매질조매질 にぎにぎ
좀작지小石こいし, 石いしころ
좀처럼좀ᄎᆞ로 滅多めった
좀체로좀ᄎᆞ로 滅多めった
좀ᄎᆞ로滅多めった
좀통櫓杆ろづく, 櫓の取っ手
좀팍穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
좀팍세기穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
좁다(幅が)狹せまい, (面積が)狹せま
좁새기접재기みの
좁생이すずめ, 雲雀ひばり
좁쌀구젱이조쿠제기 榮螺さざえの子供こども
좁ᄊᆞᆯき割り粟あは, 籾摺もみすりした粟あは
좁ᄊᆞᆯ구젱기조쿠제기 榮螺さざえの子供こども
좁ᄊᆞᆯ궹겡이조셍궹이 榮螺さざえの子供こども
좁ᄊᆞᆯ어랭이좁ᄊᆞᆯ어렝이 赤笹之葉倍良あかささのはべら
좁ᄊᆞᆯ어렝이1絲倍良いとべら
좁ᄊᆞᆯ어렝이2赤笹之葉倍良あかささのはべら
좁작ᄒᆞ다좁짝ᄒᆞ다 (幅が)狹せま
좁짝ᄒᆞ다(幅が)狹せま
좃陰莖いんけい
좃거울좃거웃 (男性の)陰毛いんもう, チン毛
좃거웃(男性の)陰毛いんもう, チン毛
좃꺼럭좃터럭 (男性の)陰毛いんもう
좃두더니陰阜いんぷ
좃똥櫓杭ろぐひ, 櫓臍ろべそ
좃터럭(男性の)陰毛いんもう
종奴隷どれい
종가가다あとを追ふ, 追跡ついせきする
종가시낭粗樫あらかし
종겡이존곙이 木通あけびの實
종기れ物もの
종낭えごの木
종다리ふくらはぎ
종류種類しゅるい
종선はしけ
종애1ふくらはぎ
종애2청에 けんけん
종에종애ふくらはぎ
종웨종애ふくらはぎ
종의종이かみ
종이かみ
종이돈紙幣しへい
종재기종지 手鹽皿てしほざら
종제기종지 手鹽皿てしほざら
종종1ぺちゃぺちゃ
종종2しばしば, 度々たびたび, 時々ときどき
종종걸음きざみ足あし, 小走こばし
종주리새雲雀ひばり
종지手鹽皿てしほざら
종지리새종주리새 雲雀ひばり
종지정각みる海松の一種
종질僕暮しもべぐらし
종하님下僕げぼく
좋다1
좋다2なほ
좋다3きだ
좋아라ᄒᆞ다좋아ᄒᆞ다このむ, 好
좋아ᄒᆞ다このむ, 好
좌우左右さいう
좌칙左側ひだりがは
좍좍ずんずん
좔좔ざあざあ
죠기줴기 小潮こしほ
주거미주게미しかばね, 屍體したい
주게미しかばね, 屍體したい
주겨입다かさね着する
주근대주근듸 島猿梨しまさるなし
주근듸島猿梨しまさるなし
주근디주근듸 島猿梨しまさるなし
주꾸미飯蛸いひだこ
주끄다える
주낙주낫 延繩はへなは
주낫延繩はへなは
주낫배延繩漁船はへなはぎょせん
주낫질延繩漁業はへなはぎょげふ
주낭이지넹이 むかで
주내주레ふえ
주네주레ふえ
주네가시리海藻かいさうの一種いっしゅ
주넹이지넹이 むかで
주넹이풀土栗つちぐり
주다あたへる, やる
주다{縫}줍다ひ合はせる, 縫ひ付ける
주대首紐くびひも
주도리門樞もんすう
주두리고망지도리고망 とぼそ
주둥머리動物どうぶつの口くち, 嘴くちばし
주둥아리動物どうぶつの口くち, 嘴くちばし
주둥이주둥아리 動物どうぶつの口くち, 嘴くちばし
주랑つゑ, ステッキ
주랑막댕이조랑막댕이つゑ
주랑주랑ふさふさ, ぞろりと, 鈴すずなりに
주럭ぼろ, ぼろ服ふく
주럭태기ぼろ, ぼろ服ふく
주레ふえ
주레베똥出臍でべそ
주레비낭1大高嶺薔薇おほたかねばら
주레비낭2새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
주로おも
주룸주름しわ, 襞ひだ
주름しわ, 襞ひだ
주름안지다주름안치다り目をつける, 襞ひだをつける
주름안치다り目をつける, 襞ひだをつける
주리お釣
주리쿨姫小判草ひめこばんさう
주리풀せ綿わた
주막주막ᄒᆞ다ぎくりとする
주말週末しうまつ
주머니주멩이 巾着袋きんちゃくぶくろ, 小袋こぶくろ
주먹こぶし
주먹곡시にぎり拳こぶし
주먹곡지주먹곡시にぎり拳こぶし
주멩기주멩이 巾着袋きんちゃくぶくろ, 小袋こぶくろ
주멩이巾着袋きんちゃくぶくろ, 小袋こぶくろ
주문注文ちゅうもん
주물락ᄒᆞ다びっくりする
주물르다
주사注射ちゅうしゃ
주세주사 注射ちゅうしゃ
주셍이くづ, 滓かす
주승추승 鳩麥はとむぎ
주승낭추숭낭 鳩麥はとむぎ
주시주셍이くづ, 滓かす
주ᄉᆞᆯふくらはぎ
주연主人しゅじん
주우리다주울이다かたむける
주울다지울다かたむ
주울이다1かたむ
주울이다2かたむける
주워수워にはとりを追ふ聲こゑ
주월재열せみ
주의注意ちゅうい
주인 멎다寄宿きしゅくする
주인주연 主人しゅじん
주인공主人公しゅじんこう
주인ᄒᆞ다めてもらふ
주일週間しうかん
주작주작つんつん
주잭이주젱이 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주쟁이주젱이 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주저귀주저기 こけら, 木っ端, 木屑きくづ
주저기こけら, 木っ端, 木屑きくづ
주저미저ᄒᆞ다주제미제ᄒᆞ다 ぐづぐづする, 躊躇ためらふ, 迷まよ
주적주저기 こけら, 木っ端, 木屑きくづ
주전지藥罐やくわん
주제기1주저기 こけら, 木っ端, 木屑きくづ
주제기2주젱이 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주제미제ᄒᆞ다ぐづぐづする, 躊躇ためらふ, 迷まよ
주젝이주젱이 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주젠지주전지 藥罐やくわん
주젱이穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주주머리雲雀ひばり
주죽주저기 こけら, 木っ端, 木屑きくづ
주지1穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
주지2조지いねの苗なへの束たば
주충지충 海虎うみとらの尾
주치きじの仔
주치게仁座鯛にざだひ
주치다える
주칫돌주톳돌 礎石そせき
주톳돌礎石そせき
죽1容器ようきなどの十點じってんを一いちとする單位たんゐ
죽2さめの一種いっしゅ, 奴智鮫どちざめ
죽3ずらりと
죽かゆ
죽다1れる
죽다2
죽력죽렴 竹瀝ちくれき
죽렴竹瀝ちくれき
죽상어죽상의 奴智鮫どちざめ
죽상에죽상의 奴智鮫どちざめ
죽상의奴智鮫どちざめ
죽어지는세家賃やちんの年拂ねんばらひ, 年拂ねんばらひの家賃やちん
죽이다ころ
죽창竹槍たけやり
준비準備じゅんび
준비ᄒᆞ다準備じゅんびする
준시진쉬 油蟲あぶらむし
준작순작うづら
준지眞珠しんじゅ
준지그르あばた
줄1つる
줄2つな
줄3やすり
줄고사리蟹草かにくさ
줄남귤낭 蜜柑みかんの木
줄낭귤낭 蜜柑みかんの木
줄다る, 痩せる
줄담배チェーン・スモーキング
줄ᄃᆞᆼ길락綱引つなひ
줄레1わかい雉きじ
줄레2ぶらんこ
줄메역養殖やうしょくわかめ
줄방석圓座わらふだ
줄사발꼿蔓紫陽花つるあぢさゐ
줄상낭深山柏槇みやまびゃくしん
줄어들다
줄어렝이술멩이 青倍良あをべら
줄이다ちぢめる
줄줄ざあざあ, ぞろぞろ, だらだら
줄탈猿投苺さなぎいちご
줄트다질트다びをする
줌막ぴたっと, 急きふに(立ち止まる)
줌막ᄒᆞ다びっくりする
줌방비小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
줌벙비줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
줌벙이줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
줌벵이줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
줌짝ぴたっと, 急きふに(立ち止まる)
줌짝ᄒᆞ다びっくりする
줌착줌짝 ぴたっと, 急きふに(立ち止まる)
줌치巾着袋きんちゃくぶくろ, 小袋こぶくろ
줌칫줌짝 ぴたっと, 急きふに(立ち止まる)
줍다ひ合はせる, 縫ひ付ける
줏다ひろ
줏어내다(籾と米を)選り分ける
중1手立てだ
중2そう
중간途中とちゅう, 中間ちゅうかん
중간사데草取くさとり歌うたの一ひと
중거리をか
중군普通ふつうの水準すいじゅんの海女あま
중글다주울이다かたむける
중방비줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
중벙비줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
중벵1줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
중벵2重病ぢゅうびゃう
중병중벵 重病ぢゅうびゃう
중붕비줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
중빙중벵 重病ぢゅうびゃう
중산간山間部さんかんぶ
중석夜食やしょく, 小晝こひる
중성귀1去勢きょせい
중성귀2중성기 去勢牛きょせいうし
중성기去勢牛きょせいうし
중순中旬ちゅうじゅん
중숭1けもの
중숭2짐승けだもの
중승중숭けもの
중승기중성기 去勢牛きょせいうし
중싕중숭けもの
중심中心ちゅうしん
중싱중숭けもの
중요ᄒᆞ다重要ぢゅうえうだ, 大切たいせつ
중우리다주울이다かたむける
중울다지울다かたむ
중울이다1주울이다かたむ
중울이다2주울이다かたむける
중의(夏に着る男性用)單衣ひとへのズボン
중이쥥이ねずみ
중이해치쥥이헤치 ねずみ年どし, 子年ねどし
중ᄌᆞᆷ녀중ᄌᆞᆷ녜 普通ふつうの水準すいじゅんの海女あま
중ᄌᆞᆷ녜普通ふつうの水準すいじゅんの海女あま
중ᄌᆞᆷ수普通ふつうの水準すいじゅんの海女あま
중채중체の細こまかさが中程度ちゅうていどの篩ふるひ
중체の細こまかさが中程度ちゅうていどの篩ふるひ
줘배기ᄌᆞ바기 水團すいとん
줴つみ
줴기小潮こしほ
줴께チョッキ
줴다1줴우다め付ける
줴다2つかむ, 握にぎ
줴다3すっかり, 一切合切いっさいがっさい
줴배기ᄌᆞ바기 水團すいとん
줴여박다拳骨げんこつを食らはす
줴여지르다拳骨げんこつを食らはす, ぶん毆なぐ
줴여질르다줴여지르다 拳骨げんこつを食らはす, ぶん毆なぐ
줴연주연 主人しゅじん
줴우는빙疫痢えきり
줴우다め付ける
줴움疫痢えきり
줴지르다줴여지르다 拳骨げんこつを食らはす, ぶん毆なぐ
줴질르다줴여지르다 拳骨げんこつを食らはす, ぶん毆なぐ
줴짓다つみをを犯
줴피山椒さんせうの葉, 山椒さんせう
줴피낭山椒さんせう
줼ᄊᆞᆷ煙草入たばこい
쥉이쥥이ねずみ
쥉이해치쥥이헤치 ねずみ年どし, 子年ねどし
쥐쥥이ねずみ
쥐넹이지넹이 むかで
쥐눈이콩痰切豆たんきりまめ
쥐다줴다つかむ, 握にぎ
쥐다리지다리 穴熊あなぐま, 貉むじな
쥐도리주도리 門樞もんすう
쥐ᄉᆞᆯ주ᄉᆞᆯふくらはぎ
쥐인주연 主人しゅじん
쥐젱이주젱이 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
쥐해치쥥이헤치 ねずみ年どし, 子年ねどし
쥐헤치쥥이헤치 ねずみ年どし, 子年ねどし
쥥이ねずみ
쥥이헤치ねずみ年どし, 子年ねどし
즁승중숭けもの
즁싕중숭けもの
즉시직시 すぐさま, 即時そくじ, 直ただちに
증銅鑼どら
증심점심 晝食ちうしょく
지1自分じぶん, 自身じしん
지2지이 鹽漬しほづけ(大根)
지3以來いらい
지갑財布さいふ
지게背負子しょひこ
지게가달지겟가달 背負子しょひこの脚あし
지게다리背負子しょひこの脚あし
지겟가달背負子しょひこの脚あし
지관地相師ちさうし, 地相見ちさうみ, 風水師ふうすいし
지그락지그락ぶつぶつ
지근거리다(頭が)ずきんずきんする, しつこくねだる, しつこく迫せま
지근ᄃᆞᆯ다지근거리다 (頭が)ずきんずきんする, しつこくねだる, しつこく迫せま
지근지근(頭が)ずきずき, しつこく迫せまったりねだる樣子やうす, くちゃくちゃ
지금いま, 現在げんざい
지깍(微動だにせぬ程)きちきち, ぎっしり, びっしり
지깍ᄒᆞ다(微動だにせぬ程)きちきちだ, ぎっしりだ
지꺼지다よろこぶ, 滿足まんぞくする
지껄이다ぺちゃくちゃ喋しゃべ
지껑지껑니깡나깡かねの音の口音こうおん
지꾸다주끄다える
지꾸땅花札はなふだのゲームの一種いっしゅ
지꾸리쭈꾸리 磯鵯いそひよどり
지끄다1지쁘다うれしい
지끄다2지프다ふか
지끈がちゃん, ぽきん
지나가다つ, 通とほる, 過ぎる
지나다つ, 過ぎる
지난겨을지난저슬 昨冬さくとう
지난ᄃᆞᆯ先月せんげつ
지난밤昨晩さくばん
지난여름昨夏さくか
지난이지난헤 去年きょねん
지난저슬昨冬さくとう
지난저을지난저슬 昨冬さくとう
지난헤去年きょねん
지남석지남철 磁石じしゃく
지남철磁石じしゃく
지낭이지넹이 むかで
지내다지네다ごす
지냉이지넹이 むかで
지냥으로제냥으로みづか
지네다ごす
지네만썩제네만썩 各々おのおの
지네만큼各々おのおの
지넹이むかで
지녁1お前まへ, 自分じぶん, 自身じしん
지녁2진역 懲役ちょうえき
지다1짛다
지다2背負せおふ, 負
지다3なる
지다4ちる
지다5る, 沈しづむ, 落ちる
지다6ける
지다7流産りうざんする
지다리穴熊あなぐま, 貉むじな
지달黒貂くろてん
지달피土龍もぐらの皮かは, 穴熊あなぐまの皮かは, 黒貂くろてんの皮かは
지도地圖ちず
지도리주도리 門樞もんすう
지도리고망とぼそ
지동はしら
지동이つぼ
지두리주도리 門樞もんすう
지두리고망지도리고망 とぼそ
지두리굼기지도리고망 とぼそ
지둥지동はしら
지드리다
지들리다지드리다
지들커짇을커 燃料ねんれう
지락지락자락자락 ふさふさ, ぞろりと, 鈴すずなりに
지랑지랑1주랑주랑 ふさふさ, ぞろりと, 鈴すずなりに
지랑지랑2ゆらゆら
지랑지랑3다락다락 たわわに
지래1지레 脾臟ひざう
지래2지레 身長しんちゃう
지러기지럭시なが
지러기로たて, 縱たての長なが
지럭시なが
지럭시로지러기로たて, 縱たての長なが
지럭지지럭시なが
지렁내小便臭せうべんくさい匂にほ
지레1身長しんちゃう
지레2脾臟ひざう
지레기1지럭시なが
지레기2그레기がん, 雁かり
지레기로지러기로たて, 縱たての長なが
지렝이みみず蚯蚓
지령내지렁내 小便臭せうべんくさい匂にほ
지롱이지렝이 みみず蚯蚓
지룡이지렝이 みみず蚯蚓
지르다질르다す, 突
지륵탁자륵탁 ずるっと
지른내지렁내 小便臭せうべんくさい匂にほ
지름あぶら
지름겡이지름깅이かにの一種いっしゅ
지름깅이かにの一種いっしゅ
지름ᄂᆞᄆᆞᆯ西洋油菜せいやうあぶらな
지름떡(油を引いて燒いた)求肥餅ぎうひもち
지름ᄄᆞᆷ진ᄄᆞᆷ 脂汗あぶらあせ
지름보말石疊いしだたみ
지름상의1油角鮫あぶらつのざめ
지름상의2にたり
지름소새うしがよく食べる苅萱かるかや
지름장멸小粒こつぶの砂利石じゃりいし
지름질近道ちかみち
지릉내지렁내 小便臭せうべんくさい匂にほ
지리ずっと, 長ながらく
지린내지렁내 小便臭せうべんくさい匂にほ
지만썩제만썩 各々おのおの
지물제물 生贄いけにへ
지미
지방1地方ちはう
지방2敷居しきゐ
지방이지방 敷居しきゐ
지부세姿すがた, 樣子やうす
지부셍이지부세 姿すがた, 樣子やうす
지붕屋根やね
지붕ᄆᆞ로지붕ᄆᆞ를むね
지붕ᄆᆞ르지붕ᄆᆞ를むね
지붕ᄆᆞ를むね
지붕ᄆᆞᆯ리지붕ᄆᆞ를むね
지뻐ᄒᆞ다よろこぶ, 嬉うれしい
지뿌다지쁘다うれしい
지쁘다1よろこぶ, 嬉うれしい
지쁘다2うれしい
지새집지에집 瓦葺かはらぶきの家いへ
지성귀おむつ
지성기지성귀 おむつ
지세지에かはら
지세집지에집 瓦葺かはらぶきの家いへ
지셍이지성귀 おむつ
지스렝이を産めない雌めす
지스로질스로たて, 縱たての長なが
지슬じゃが芋いも, 馬鈴薯ばれいしょ
지슬감저じゃが芋いも, 馬鈴薯ばれいしょ
지슬물지슷물 雨垂あまだ
지슬비霧雨きりさめ, 小糠雨こぬかあめ
지슭물지슷물 雨垂あまだ
지슴1はやし
지슴2雜草ざっさう
지슴매다くさをむしる
지슴ᄐᆞᆯふかい森もり
지슷물雨垂あまだ
지시지이 鹽漬しほづけ(大根)
지시렝이지스렝이を産めない雌めす
지식ᄒᆞ다(夜が)更けてゐる
지싣물지슷물 雨垂あまだ
지실지슬 じゃが芋いも, 馬鈴薯ばれいしょ
지실감저지슬감저 じゃが芋いも, 馬鈴薯ばれいしょ
지실먹그슬먹すす
지실물지슷물 雨垂あまだ
지심지슴 雜草ざっさう
지싯거리다あらそ
지싯물지슷물 雨垂あまだ
지ᄉᆞ제ᄉᆞ 祭祀さいし
지썩各々おのおの
지아地下ちか
지알地下ちか
지애1지에かはら
지애2지아 地下ちか
지애집지에집 瓦葺かはらぶきの家いへ
지에かはら
지에공장瓦工場かはらこうぢゃう
지에집瓦葺かはらぶきの家いへ
지역地域ちゐき
지역지역ふさふさ, ぞろりと, 鈴すずなりに
지열1재열せみ
지열2재열せみ
지와집지에집 瓦葺かはらぶきの家いへ
지우다1り倒たふす, 横よこにする
지우다2かす
지우다3
지우다4哀泣あいきふする
지우다5はせる
지우다6ろす, 墮胎だたいする
지우리다주울이다かたむける
지울다かたむ
지울이다1주울이다かたむける
지울이다2かたむ
지이鹽漬しほづけ(大根)
지장きび
지적むしろ, 薦こも
지전さつ
지정指定してい
지주제주 濟州さいしう
지주치다주치다える
지줏돌주톳돌 礎石そせき
지즉지적むしろ, 薦こも
지지주지 穀物こくもつ・薪たきぎの山やまにかぶせる帽子樣ぼうしやうの雨あまよけ
지지게ᄒᆞ다びをする
지지다(油を引いて)燒く, (水を少し入れて)煮
지지랭이지스렝이を産めない雌めす
지지렝이지스렝이を産めない雌めす
지질
지짐이ジョン, 衣ころもをつけて油あぶらで燒いた料理れうり
지집아의をんなの子
지축むらさき
지충海虎うみとらの尾
지측지축むらさき
지치다1かける, 浴びせる
지치다2つかれる
지치다3せる
지침せき
지키다직ᄒᆞ다まもる, 見張みは
지텡ᄒᆞ다ち堪こたへる, 支ささへる
지툿돌주톳돌 礎石そせき
지트다
지팡지방 敷居しきゐ
지페紙幣しへい
지펭이1つゑ, ステッキ
지펭이2つゑ, ステッキ
지프다1(杖を)つく
지프다2ふか
지피ふかく, 深ふか
직(一)〜口くち
직궤ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
직깍지깍 (微動だにせぬ程)きちきち, ぎっしり, びっしり
직깍ᄒᆞ다지깍ᄒᆞ다 (微動だにせぬ程)きちきちだ, ぎっしりだ
직다1찍다 (はんこを)つく, (鋭いもので)刺す, (點を)打
직다2ᄌᆞᆨ다く, 書き留める
직산ᄒᆞ다りかかる
직세직시け前まへ
직시1け前まへ
직시2すぐさま, 即時そくじ, 直ただちに
직ᄉᆞᄒᆞ다即死そくしする
직장職場しょくば
직접直接ちょくせつ
직ᄒᆞ다まもる, 見張みは
진1仁王藪苧麻にわうやぶまを
진2やに
진3からむし
진4煙管きせるに溜まった脂やに
진거へび
진남진 仁王藪苧麻にわうやぶまを
진낭雌苅萱めがるかや
진달래낭躑躅つつじ
진달레꼿躑躅つつじ
진달레낭진달래낭 躑躅つつじ
진달뤼躑躅つつじ
진독壁蝨だに
진두바리角叉つのまた
진둑진독 壁蝨だに
진득진득ᄒᆞ다ねちねちしてゐる, ねばねばしてゐる
진ᄃᆞᆯ위진달뤼 躑躅つつじ
진ᄃᆞᆯ위낭진달래낭 躑躅つつじ
진ᄄᆞᆷ脂汗あぶらあせ
진사데おそいテンポの草取くさとり歌うたの一ひと
진섭진 仁王藪苧麻にわうやぶまを
진쉬油蟲あぶらむし
진역懲役ちょうえき
진저리나다嫌氣いやけがさす, 身震みぶるひする
진정本當ほんたう
진진ᄒᆞ다非常ひじゃうに長なが
진치아녀다重要ぢゅうえうでない
진쿨1진풀 小繁縷こはこべ, 繁縷はこべ
진쿨2진からむし
진펄どろ
진풀1순풀 鬼田平子おにたびらこ
진풀2小繁縷こはこべ, 繁縷はこべ
진흑どろ
짇다1
짇다2く, くべる
짇을거짇을커 燃料ねんれう
짇을것짇을커 燃料ねんれう
짇을낭まき
짇을커燃料ねんれう
질1
질2みち
질3제일 一番いちばん, 最もっと
질겁다たのしい
질ᄀᆞ질ᄀᆞᆺ 道端みちばた
질ᄀᆞᆺ道端みちばた
질다1짇다
질다2なが
질뒤のろの後うしろ脚あし
질들다れる
질들이다らす
질레みち
질레늙다질헤늙다け込
질로1절로 自然しぜん
질로2질스로たて, 縱たての長なが
질로지썩各々おのおの
질루다そだてる, 飼ふ, 養やしな
질룹다질루다そだてる, 飼ふ, 養やしな
질르다す, 突
질리낭새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
질리다きる
질메荷鞍にぐら
질메지우다荷鞍にぐらをつける
질멧가지鞍橋くらぼね
질무다짊다む, 載せる
질섶질ᄀᆞᆺ 道端みちばた
질스로たて, 縱たての長なが
질쌈機織はたお
질에염道端みちばた
질역시道普請みちぶしんの仕事しごと
질우다질루다そだてる, 飼ふ, 養やしな
질유다まよ
질유흐다질유다まよ
질윱다질유다まよ
질짐승ふ獸けもの, 獸けもの, 走獸そうじう
질트다びをする
질학질학じくじく
질허죽다急逝きふせいする
질헤늙다1け込
질헤늙다2け込
질헤죽다질허죽다 急逝きふせいする
질흑1どろ
질흑2진흑どろ
짊다1背負せお
짊다2む, 載せる
짊어지다背負せお
짐1いき, 湯氣ゆげ
짐2, 荷物にもつ
짐3海苔のり
짐뀌짐치 キムチ
짐끼짐치 キムチ
짐바리荷駄にだ
짐벵이1줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
짐벵이2夕立ゆふだち, にはか雨あめ
짐벵이3줌방비 小糠雨こぬかあめ, 霧雨きりさめ
짐셍짐승けだもの
짐승けだもの
짐치1(越冬用に)キムチを漬けること
짐치2キムチ
짐치ᄃᆞᆷ다(越冬用に)キムチを漬ける
짐칫국キムチの汁しる
집1
집2いへ
집가재집가제のき
집가제のき
집가지집가제のき
집간ぢゃう
집게ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
집궤ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
집다1ᄌᆞᆸ다つま
집다2지우다
집문세いへの權利證けんりしょう
집수押收あふしう
집안いへの中なか, 家門かもん, 身内みうち
집어신ᄃᆞᆯ뱅이집읏은ᄃᆞᆯ뱅이 蛞蝓なめくぢ
집으슨ᄃᆞᆯ벵이집읏은ᄃᆞᆯ뱅이 蛞蝓なめくぢ
집읏은ᄃᆞᆯ뱅이蛞蝓なめくぢ
집임제いへのあるじ
집주인집쥐인いへのあるじ
집줄くさで屋根やねを葺いた後碁盤目あとごばんめのやうに縛しばり付ける繩なは
집쥐인いへのあるじ
짓1羽毛うもう
짓2き藁わら
짓3る舞
짓4仕業しわざ
짓5雨着あまぎの上うへの部分ぶぶん
짓6役割やくわり
짓다1てる
짓다2짇다く, くべる
짓비糊刷毛のりばけ
징1정のみ
징2증 銅鑼どら
징겡이정갱이 液體えきたいに混じってゐた鹽分えんぶんが凝固ぎょうこしてできた滓かす
징경등경 燈架とうか, 燈臺とうだい, 燈明臺とうみゃうだい
징끼짐치 キムチ
징낏국짐칫국 キムチの汁しる
징멩證明しょうめい
징심점심 晝食ちうしょく
징어리いわし
징어리멜いわし
징역진역 懲役ちょうえき
징이다うらやましがる
짛다
ᄌᆞ골롭다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
ᄌᆞ골우다くすぐる
ᄌᆞ골이다ᄌᆞ골우다 くすぐる
ᄌᆞ곰くすぐったさ
ᄌᆞ곰태기저곰태기 鼠蹊部そけいぶ
ᄌᆞ곰ᄐᆞ다くすぐったがり屋
ᄌᆞ곱다くすぐったい
ᄌᆞ그물다つぐむ
ᄌᆞ금1ᄌᆞ곰 くすぐったさ
ᄌᆞ금2資金しきん
ᄌᆞ금타는낭百日紅さるすべり
ᄌᆞ금타다ᄌᆞ곰ᄐᆞ다 くすぐったがり屋
ᄌᆞ금ᄐᆞ다ᄌᆞ곰ᄐᆞ다 くすぐったがり屋
ᄌᆞ급다ᄌᆞ곱다 くすぐったい
ᄌᆞ기自分じぶん
ᄌᆞ기염ᄌᆞ곰 くすぐったさ
ᄌᆞ기예기저곰태기 鼠蹊部そけいぶ
ᄌᆞ기예미저곰태기 鼠蹊部そけいぶ
ᄌᆞᄀᆞᆷᄌᆞ곰 くすぐったさ
ᄌᆞᄀᆞᆺᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
ᄌᆞ깡이わきのした
ᄌᆞ깽이ᄌᆞ깡이 わきのした
ᄌᆞ껭이ᄌᆞ깡이 わきのした
ᄌᆞ끔ᄐᆞ다ᄌᆞ곰ᄐᆞ다 くすぐったがり屋
ᄌᆞᄁᆞᆺかたはら, 傍そば, 側そば
ᄌᆞᄁᆞᆺ듸まは
ᄌᆞ낙1ᄌᆞ냑 夕食ゆふしょく
ᄌᆞ낙2저냑 夕方ゆふがた
ᄌᆞ낙때저낙때 夕暮ゆふぐれ, 夕方ゆふがた
ᄌᆞ냑1夕食ゆふしょく
ᄌᆞ냑2저냑 夕方ゆふがた
ᄌᆞ냑때저낙때 夕暮ゆふぐれ, 夕方ゆふがた
ᄌᆞ냑밥夕食ゆふしょく
ᄌᆞ냥ᄒᆞ다節約せつやくして備蓄びちくする
ᄌᆞ드랭이わきのした
ᄌᆞ들다あんずる, 心配しんぱいする
ᄌᆞ들메心配しんぱいの種たね
ᄌᆞ라다そだつ, 成長せいちゃうする
ᄌᆞ럭ᄌᆞ록 つか, 柄
ᄌᆞ력自力じりき
ᄌᆞ록つか, 柄
ᄌᆞ룩ᄌᆞ록 つか, 柄
ᄌᆞ르저를ひま
ᄌᆞ르다1ᄌᆞᆯ르다
ᄌᆞ르다2ᄍᆞᆯ르다みじか
ᄌᆞ르지다저를지다いそがしい
ᄌᆞ른통대みじかい煙管きせる
ᄌᆞ를저를ひま
ᄌᆞ를지다저를지다いそがしい
ᄌᆞᄅᆞᆨᄌᆞ록 つか, 柄
ᄌᆞ매牝馬めすうま
ᄌᆞ물다1採取さいしゅする, 採
ᄌᆞ물다2(日が)暮れる
ᄌᆞ뭇1저뭇 夕方ゆふがた
ᄌᆞ뭇2저뭇 夕食ゆふしょく
ᄌᆞ믈다ᄌᆞ물다 (日が)暮れる
ᄌᆞ미面白おもしろ
ᄌᆞ미나다面白おもしろ
ᄌᆞ미지다面白おもしろ
ᄌᆞ바기水團すいとん
ᄌᆞ밤낭1圓椎つぶらじひ
ᄌᆞ밤낭2ᄌᆞ베낭 すだ椎じひ, 椎しひ
ᄌᆞ배기ᄌᆞ바기 水團すいとん
ᄌᆞ베기1ᄌᆞ바기 水團すいとん
ᄌᆞ베기2白玉しらたま
ᄌᆞ베남ᄌᆞ베낭 すだ椎じひ, 椎しひ
ᄌᆞ베낭すだ椎じひ, 椎しひ
ᄌᆞ본資本しほん
ᄌᆞ봄はし
ᄌᆞ봄클ᄌᆞ봄틀 ミシン
ᄌᆞ봄틀ミシン
ᄌᆞ봉침ᄌᆞ봄틀 ミシン
ᄌᆞ석ᄌᆞ식, 子供こども
ᄌᆞ세駄々だだ
ᄌᆞ세이ᄌᆞ세히くはしく
ᄌᆞ세히くはしく
ᄌᆞ소지紫蘇燒酎しそぜうちう
ᄌᆞ손子孫しそん
ᄌᆞ순ᄌᆞ손 子孫しそん
ᄌᆞ식, 子供こども
ᄌᆞ심히くはしく
ᄌᆞᄉᆞᆨᄌᆞ식, 子供こども
ᄌᆞᄉᆞᆯ小陰脣せういんしん
ᄌᆞ연히自然しぜん
ᄌᆞ영개ᄌᆞ영거 自轉車じてんしゃ
ᄌᆞ영거自轉車じてんしゃ
ᄌᆞ영게ᄌᆞ영거 自轉車じてんしゃ
ᄌᆞ오침方位磁針はうゐじしん, 磁針じしん
ᄌᆞ작벳つよく照りつける日差ひざ
ᄌᆞ전채ᄌᆞ영거 自轉車じてんしゃ
ᄌᆞ조ᄌᆞ주 度々たびたび
ᄌᆞ족黒竹くろちく
ᄌᆞ주度々たびたび
ᄌᆞ직ᄌᆞ직びっしり
ᄌᆞ직ᄒᆞ다びっしりだ
ᄌᆞᄌᆞ물다ᄌᆞ그물다 つぐむ
ᄌᆞᄌᆞ이ᄍᆞᄍᆞᆺ이くはしく
ᄌᆞᄌᆞ히ᄍᆞᄍᆞᆺ이くはしく
ᄌᆞᆨ1직 (一)〜口くち
ᄌᆞᆨ2かたはら, 傍そば, 側そば
ᄌᆞᆨ괘ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
ᄌᆞᆨ다1찍다 (物の先に液體を)つける
ᄌᆞᆨ다2く, 書き留める
ᄌᆞᆨ은ᄌᆞᆷ녜족은ᄌᆞᆷ녜 水準すいじゅんの低ひくい海女あま
ᄌᆞᆨ지다찍다 (物の先に液體を)つける
ᄌᆞᆫ가시小骨こぼね
ᄌᆞᆫ가지小枝こえだ
ᄌᆞᆫ거瑣末事さまつじ, 細事さいじ
ᄌᆞᆫ걱정細々こまごまとした心配事しんぱいごと
ᄌᆞᆫ고기ᄌᆞᆫ궤기 小魚こざかな
ᄌᆞᆫ고망ちひさい穴あな
ᄌᆞᆫ구녁ᄌᆞᆫ고망ちひさい穴あな
ᄌᆞᆫ궤기小魚こざかな
ᄌᆞᆫ꿰淺智慧あさぢゑ
ᄌᆞᆫ꿰다리小賢こざかしい人ひと
ᄌᆞᆫ나비さる
ᄌᆞᆫ나비띠申年さるどし
ᄌᆞᆫ내비ᄌᆞᆫ나비さる
ᄌᆞᆫ다니1小言こごと, 無駄口むだぐち
ᄌᆞᆫ다니2白鮫しろざめ, 虎鮫とらざめ
ᄌᆞᆫ당이ᄌᆞᆫ다니 小言こごと, 無駄口むだぐち
ᄌᆞᆫ돈お釣り, コイン, 硬貨かうくわ
ᄌᆞᆫ돌小石こいし
ᄌᆞᆫ동ᄌᆞᆫ동이 背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ동머리背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ동이背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ둥ᄌᆞᆫ동이 背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ둥머리ᄌᆞᆫ동머리 背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ둥이ᄌᆞᆫ동이 背中せなか(俗)
ᄌᆞᆫ디다전디다へる
ᄌᆞᆫ말小言こごと, 無駄口むだぐち
ᄌᆞᆫ배설ᄌᆞᆫ베설 (動物の)小腸せうちゃう
ᄌᆞᆫ베설(動物の)小腸せうちゃう
ᄌᆞᆫ베ᄉᆞᆯᄌᆞᆫ베설 (動物の)小腸せうちゃう
ᄌᆞᆫ벵かるい病氣びゃうき
ᄌᆞᆫ빙ᄌᆞᆫ벵かるい病氣びゃうき
ᄌᆞᆫ소리小言こごと, 無駄口むだぐち
ᄌᆞᆫ자리蜻蛉とんぼ
ᄌᆞᆫ지침かるい咳せき
ᄌᆞᆫ호미かま
ᄌᆞᆯ다1
ᄌᆞᆯ다2こまかい
ᄌᆞᆯ라메다め付ける
ᄌᆞᆯ레1まきの束たば, 束たば
ᄌᆞᆯ레2針刺はりさし, 針立はりた
ᄌᆞᆯ르다1ᄍᆞᆯ르다みじか
ᄌᆞᆯ르다2
ᄌᆞᆯ리1찰리ふくろ
ᄌᆞᆯ리2つか, 柄
ᄌᆞᆯ마롱ᄒᆞ다細々こまごましてゐる, 細々こまごましい
ᄌᆞᆷ睡眠すいみん, 眠ねむ
ᄌᆞᆷ꾸레기ぼすけ
ᄌᆞᆷ녀ᄌᆞᆷ녜 海女あま
ᄌᆞᆷ녀질ᄌᆞᆷ녜질 海女漁あまれふ, 素潛すもぐり漁れふ
ᄌᆞᆷ녀질ᄒᆞ다ᄌᆞᆷ녜질ᄒᆞ다すなどる, 漁いさ
ᄌᆞᆷ녀콩鉈豆なたまめ
ᄌᆞᆷ녜海女あま
ᄌᆞᆷ녜질海女漁あまれふ, 素潛すもぐり漁れふ
ᄌᆞᆷ녜질ᄒᆞ다すなどる, 漁いさ
ᄌᆞᆷ다(ご飯を汁に)浸ひた
ᄌᆞᆷ들다寢付ねつく, 寢入ねい
ᄌᆞᆷ방이점벵이 單衣ひとへの半はんズボン
ᄌᆞᆷ벵이점벵이 單衣ひとへの半はんズボン
ᄌᆞᆷ복점복あはび
ᄌᆞᆷ북점복あはび
ᄌᆞᆷ상ᄒᆞ다道理だうりの推し量はかり方かたが几帳面きちゃうめんで細こまかい
ᄌᆞᆷ수1海女あま
ᄌᆞᆷ수2潛水せんすい
ᄌᆞᆷ수질海女漁あまれふ, 素潛すもぐり漁れふ
ᄌᆞᆷ수질ᄒᆞ다すなどる, 漁いさ
ᄌᆞᆷ자다ねむ
ᄌᆞᆷ지다ᄌᆞᆷ질다 細微さいび
ᄌᆞᆷ지롱이こまかく
ᄌᆞᆷ지롱ᄒᆞ다みなどれも細こまかい
ᄌᆞᆷ진체の細こまかい篩ふるひ, 毛水嚢けすいなう, 細目ほそめの裏漉うらごし器
ᄌᆞᆷ진클脱穀機だっこくき
ᄌᆞᆷ질다細微さいび
ᄌᆞᆷ질ᄌᆞᆷ질ᄒᆞ다細々こまごましい
ᄌᆞᆷᄌᆞᆷᄒᆞ다1だまってゐる
ᄌᆞᆷᄌᆞᆷᄒᆞ다2だま
ᄌᆞᆷᄌᆞᆷᄒᆞ다3しづかだ
ᄌᆞᆷ충이ぼすけ
ᄌᆞᆷ팍좀팍 穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
ᄌᆞᆷ푸데ぼすけ
ᄌᆞᆸ개ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
ᄌᆞᆸ게1頸枷棒くびかせぼう
ᄌᆞᆸ게2稻扱いねこき機
ᄌᆞᆸ궤ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
ᄌᆞᆸ다1접다たた
ᄌᆞᆸ다2つま
ᄌᆞᆸ두루막접두루막あはせのトゥルマギ
ᄌᆞᆸ바지접바지 (綿を入れない)袷あはせズボン
ᄌᆞᆸ시 0さら
ᄌᆞᆸ아들다ᄌᆞᆸ아틀다ひね
ᄌᆞᆸ아ᄃᆞᆼ기다잡아ᄃᆞᆼ기다き寄せる, 引
ᄌᆞᆸ아틀다ひね
ᄌᆞᆸ아틀루다ᄌᆞᆸ아틀다ひね
ᄌᆞᆸ아틀르다ᄌᆞᆸ아틀다ひね
ᄌᆞᆸ옴ᄌᆞ봄はし
ᄌᆞᆸ옷접옷あはせ
ᄌᆞᆸ음ᄌᆞ봄はし
ᄌᆞᆸ이불1접이불 綿わたを入れずに裏うらだけ付けた掛布團かけぶとん
ᄌᆞᆸ이불2一重ひとへの掛布團かけぶとん
ᄌᆞᆸ작게ᄌᆞᆸ게 頸枷棒くびかせぼう
ᄌᆞᆸ제기鋏蟲はさみむし
ᄌᆞᆸ주와기ᄌᆞᆸ제기 鋏蟲はさみむし
ᄌᆞᆸ후리메접후리메あはせのトゥルマギ
ᄌᆞᆺ젯ちち, 乳房ちぶさ
ᄌᆞᆺ가슴젓가슴むね
ᄌᆞᆺ갱이ᄌᆞ깡이 わきのした
ᄌᆞᆺ고고리젓고고리 乳首ちくび
ᄌᆞᆺ귀伸子しんし, 織り伸子しんし
ᄌᆞᆺ꼭지젓꼭지 乳首ちくび
ᄌᆞᆺ나비ᄌᆞᆫ나비さる
ᄌᆞᆺ내비ᄌᆞᆫ나비さる
ᄌᆞᆺ는무르레ᄌᆞᆺ는물레 絲繰いとくり車ぐるま, 絲車いとぐるま
ᄌᆞᆺ는물레絲繰いとくり車ぐるま, 絲車いとぐるま
ᄌᆞᆺ다つむ
ᄌᆞᆺ먹이乳飮ちのみ子
ᄌᆞᆺᄌᆞᆺ이ᄍᆞᄍᆞᆺ이くはしく
ᄌᆞᆺ통젲통 乳房ちぶさ
ᄌᆞᆼ게호미和布刈鎌わかめがりかま
ᄌᆞᆼ그다かぎをかける
ᄌᆞᆽ다1が氣でない
ᄌᆞᆽ다2頻繁ひんぱん
ᄌᆞᆽ아죽다あつさ寒さむさのために死
ᄌᆞᆽ이ᄌᆞ주 度々たびたび
ᄌᆞᆽ통젲통 乳房ちぶさ
짜다1
짜다2しぼ
짜다3ᄍᆞ다 鹽辛しほから
짜리ぶん, 相當さうたう, 〜に値あたひするもの
짝1착がは
짝2착つい, 組くみ
짝글레기착글레기 不揃ふぞろ
짠물ᄎᆞᆫ물 鹹水かんすい
짹금조곰すこ
쩜뱅이星鮫ほしざめ
쪼께줴께 チョッキ
쪼끄다조끄다ふ, 追ひ掛ける
쪼끌락ᄒᆞ다とても小ちひさい
쪼끼차기チェギチャギ, 羽根蹴はねけ
쪼다초다
쪼락지다1초랍다しぶ
쪼락지다2초랍다しぶ
쪼랍다초랍다しぶ
쪼아리つら
쪼치다조끄다ふ, 追ひ掛ける
쪽1がは
쪽2똑すずめなどを追ふ聲こゑ
쭈글쭈글くしゃくしゃ, 皺しわくちゃ
쭈꾸리磯鵯いそひよどり
쮀께줴께 チョッキ
찌겡이1くづ, 滓かす
찌겡이2정갱이 液體えきたいに混じってゐた鹽分えんぶんが凝固ぎょうこしてできた滓かす
찌꺼리角叉つのまた
찌꾸리생이쭈꾸리 磯鵯いそひよどり
찌다1(霧などが)かかる, 立ち込める
찌다2치다
찌다3짛다
찌다4こねる
찌렁내지렁내 小便臭せうべんくさい匂にほ
찌르다찔르다す, 突
찌져지다やぶれる, 裂ける
찌지다やぶる, 裂
찍1け前まへ
찍2찝わら
찍다1(物の先に液體を)つける
찍다2
찍다3す, 突
찍다4짛다
찍다5(はんこを)つく, (鋭いもので)刺す, (點を)打
찍마께わらを打つ槌つち
찍부근데찝북데기 藁屑わらくづ
찍북데기찝북데기 藁屑わらくづ
찍세직시け前まへ
찍시직시け前まへ
찍신찝신 草鞋わらぢ
찐진 仁王藪苧麻にわうやぶまを
찐남진 仁王藪苧麻にわうやぶまを
찐썹진 仁王藪苧麻にわうやぶまを
찔레うしが角つのを突き合ひ喧嘩けんくわすること
찔르다す, 突
찝わら
찝부근데찝북데기 藁屑わらくづ
찝북데기藁屑わらくづ
찝북데미찝북데기 藁屑わらくづ
찝세기찝신 草鞋わらぢ
찝신草鞋わらぢ
찝ᄉᆞ끼なは
찢다찌지다やぶる, 裂
ᄍᆞ다鹽辛しほから
ᄍᆞ락지다초랍다しぶ
ᄍᆞ랍다초랍다しぶ
ᄍᆞ르다1ᄍᆞᆯ르다みじか
ᄍᆞ르다2ᄌᆞᆯ르다
ᄍᆞ른사데ふしの短みじかい草取くさとり歌うたの一ひと
ᄍᆞᄍᆞᆺ이くはしく
ᄍᆞᆫ물ᄎᆞᆫ물 鹹水かんすい
ᄍᆞᆯ르다1ᄌᆞᆯ르다
ᄍᆞᆯ르다2みじか
ᄍᆞᆲ다ᄍᆞᆯ르다みじか
ᄍᆞᆸ지롱ᄒᆞ다(適度に)鹽辛しほから