デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

朝鮮語濟州方言日本語
사가姻戚いんせきの家いへ
사과林檎りんご
사귀邪鬼じゃき
사귀다き合
사기다새기다きざむ, 彫
사나을사나흘 三四日さんよっか
사나흘三四日さんよっか
사납다あらっぽい, 惡わる
사냥사농れふ
사냥꾼사농꾼 獵師れふし
사념살렴らし
사념가르다살렴갈리다 離婚りこんする
사념살이살렴살이らし
사녕사농れふ
사농れふ
사농꾼獵師れふし
사농바치獵師れふし
사농쟁이사농젱이 獵師れふし
사농젱이獵師れふし
사농ᄒᆞ다
사다まる, 立
사다
사다기낭사당낭 藪肉桂やぶにくけい
사다레사드레 梯子はしご
사다리사드레 梯子はしご
사닥낭사당낭 藪肉桂やぶにくけい
사당낭藪肉桂やぶにくけい
사당대죽砂糖黍さたうきび
사당대축사당대죽 砂糖黍さたうきび
사대うた
사대리사드레 梯子はしご
사데草取くさとり歌うたの一ひと
사데기사당낭 藪肉桂やぶにくけい
사데기낭사당낭 藪肉桂やぶにくけい
사돈相舅あひやけ(夫婦の親同士)
사두리사드레 梯子はしご
사둔사돈 相舅あひやけ(夫婦の親同士)
사드레梯子はしご
사드리사드레 梯子はしご
사들たも網あみ
사들에움たも網あみの枠わく
사디사데 草取くさとり歌うたの一ひと
사ᄃᆞ리사드레 梯子はしご
사람사름ひと
사름ひと
사름네人々ひとびと
사름덜人々ひとびと
사름수질ひといきれに醉ふこと, 人醉ひとよ
사릅(動物の)三歳さんさい
사ᄅᆞᆷ사름ひと
사막1いぼ, 黒子ほくろ
사막2하막 朝鮮鈴蛙てうせんすずがへる
사발わん, 鉢はち
사발꼿紫陽花あぢさゐ
사발ᄂᆞᄆᆞᆯキャベツ
사발뚜껑이はちの蓋ふた
사발뚜꿰사발뚜껑이はちの蓋ふた
사분石鹸せきけん
사비낭새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
사상벌1雀蜂すずめばち
사상벌2紋雀蜂もんすずめばち
사상어욱くきの細ほそい薄すすき
사스레기くもの一種いっしゅ
사스레낭岳樺だけかんば
사슴鹿しか
사심사슴 鹿しか
사오婿むこ
사오기1染井吉野そめゐよしの, 濟州櫻さいしうざくら, 瀛洲桜えいしうざくら, 王櫻わうざくら
사오기2山櫻やまざくら, 櫻さくら, 犬櫻いぬざくら
사옥낭사오기 山櫻やまざくら, 櫻さくら, 犬櫻いぬざくら
사옥이1사오기 染井吉野そめゐよしの, 濟州櫻さいしうざくら, 瀛洲桜えいしうざくら, 王櫻わうざくら
사옥이2사오기 山櫻やまざくら, 櫻さくら, 犬櫻いぬざくら
사우새위 海老えび
사우레비새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
사월ᄉᆞ월 四月しぐわつ
사위1사오 婿むこ
사위2새위 海老えび
사을사흘 三日みっか(間)
사을날사흘날 三日みっか
사진寫眞しゃしん
사탕飴玉あめだま
사탕ᄀᆞ르사탕ᄀᆞ를 砂糖さたう
사탕ᄀᆞ를砂糖さたう
사탕대죽사당대죽 砂糖黍さたうきび
사탕대축사당대죽 砂糖黍さたうきび
사훼1ᄉᆞ훼 司會しくわい
사훼2社會しゃくわい
사흘三日みっか(間)
사흘날三日みっか
삭갓삿갓かさ
삭다1こなれる
삭다2(火が)消える
삭다리れ枝えだ
삭이다こなす
삭젱이삭다리れ枝えだ
산やま
산はか
산강しも
산강ᄂᆞ리다しもがおりる
산강지다しもがおりる
산고고리頂上ちゃうじゃう
산기벵頻尿症ひんねうしょう
산기장頻尿症ひんねうしょう
산꼭대기頂上ちゃうじゃう
산담はかの塀へい
산데미やま
산뎅이산데미やま
산도산뒤 陸稻をかぼ
산도록ᄒᆞ다え冷えとしてゐる, 寒々さむざむとしてゐる
산도롱ᄒᆞ다산도록ᄒᆞ다え冷えとしてゐる, 寒々さむざむとしてゐる
산돌藁打わらうち石いし
산두새山風やまかぜ
산뒈야지ゐのしし
산뒤陸稻をかぼ
산뒤만축산뒤말축 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
산뒤말축精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
산뒤밧산뒤왓 陸稻畑をかぼばたけ
산뒤삼촌茶蚊帳吊ちゃがやつり
산뒤ᄉᆞ촌산뒤삼촌 茶蚊帳吊ちゃがやつり
산뒤왓陸稻畑をかぼばたけ
산뒤제완이茶蚊帳吊ちゃがやつり
산드룩ᄒᆞ다산도록ᄒᆞ다え冷えとしてゐる, 寒々さむざむとしてゐる
산들이小雨こさめ
산듸산뒤 陸稻をかぼ
산듸말축산뒤말축 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
산듸왓산뒤왓 陸稻畑をかぼばたけ
산ᄃᆞᆯ위山法師やまぼふし, 斧折をのをれ, 斧折樺をのをれかんば, 雄躑躅をんつつじ
산마烏柄杓からすびしゃく
산맥1산멕 動物どうぶつのの喉, 鳥とりのの喉, 嗉嚢そなう
산맥2산멕 山脈さんみゃく
산멀뤼1野生やせいの葡萄ぶだう
산멀뤼2やまの尾根をね, 山やまの背
산멀리1산멀뤼 野生やせいの葡萄ぶだう
산멀리2산멀뤼やまの尾根をね, 山やまの背
산멀위산멀뤼 野生やせいの葡萄ぶだう
산메자灰汁柴あくしばの實
산메자낭灰汁柴あくしば
산멕1動物どうぶつのの喉, 鳥とりのの喉, 嗉嚢そなう
산멕2山脈さんみゃく
산모産婦さんぷ
산목솜산목숨 生命せいめい
산목숨生命せいめい
산물1生水なまみづ
산물2き水みづ
산물3サンキ, 橙だいだい
산물낭だいだい
산ᄆᆞ로산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞ루산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞ르산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞ르겡이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞ를산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산ᄆᆞᆯ리산ᄆᆞᆯ렝이やまの尾根をね, 山やまの背
산베낭小豆梨あづきなし
산부새1산두새 山風やまかぜ
산부새2南東風なんとうふう
산북쉐ᄇᆞ름山風やまかぜ
산비돌기白子鳩しらこばと
산비둘기산비돌기 白子鳩しらこばと
산송장ける屍しかばね
산승蔓人參つるにんじん
산오동낭飯桐いひぎり
산일ᄉᆞᆫ일ち仕事しごと
산쟁이산젱이 獵師れふし
산전むらから遠とほい畑はたけ, 野原のはら
산전밧むらから遠とほい畑はたけ
산전ᄇᆞᆯ라기精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
산전ᄇᆞᆯ락산전ᄇᆞᆯ라기 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
산제물犧牲ぎせい
산젱이獵師れふし
산지기墓守はかもり, 山番やまばん
산지레ᄉᆞᆫ지레った時ときの背丈せたけ
산촌山間部さんかんぶ
산탈1熊苺くまいちご
산탈2猿投苺さなぎいちご
산태1擔架型たんかがたの運搬具うんぱんぐ
산태2鬼蜻蜓おにやんま
산테1梯子はしご
산테2산태 鬼蜻蜓おにやんま
산토세기산톳ゐのしし
산톳ゐのしし
산퉤야지산뒈야지ゐのしし
산포수獵師れふし
산호珊瑚さんご
산호모살珊瑚砂さんごすな
살1쌀 惡鬼あくき
살2쌀 (扇の)骨ほね, 棧さん
살낭錦木にしきぎ
살다む, 暮らす, 生きる
살럼살렴らし
살레けんけん
살련殺人さつじん
살련다리人殺ひとごろ
살렴らし
살렴갈리다離婚りこんする
살렴살이らし
살리다かす, 救すく
살림살렴らし
살마산마 烏柄杓からすびしゃく
살멀위산멀뤼やまの尾根をね, 山やまの背
살문뎅이上皮じゃうひ, 表皮へうひ
살작み上げ, 鬢びん
살쟁이射手いて, 獵師れふし
살젱이살쟁이 射手いて, 獵師れふし
살지다1ᄉᆞᆯ지다ふと
살지다2ᄉᆞᆯ지다ふとってゐる
살추ᄒᆞ다生燒なまやけだ
살타귀しわ
살피ひえの一種いっしゅ
삼1さん
삼2亞麻あま
삼가다つつし
삼가ᄒᆞ다삼가다つつし
삼개다삼가다つつし
삼낭麻幹をがら
삼덕바리三脚さんきゃく, 五徳ごとく
삼덧바리삼덕바리 三脚さんきゃく, 五徳ごとく
삼도전거리三叉路さんさろ
삼동くろいげの實
삼동낭くろいげ
삼록緑青ろくしゃう
삼록오르다びる
삼마산마 烏柄杓からすびしゃく
삼매떡삼메떡しパン
삼메떡しパン
삼반초その年三囘目としさんくわいめに刈る天草てんぐさ
삼방상방 中央ちゅうあうの板いたの間
삼번초삼반초 その年三囘目としさんくわいめに刈る天草てんぐさ
삼베麻布あさぬの
삼베질삼麻織あさお
삼봉삼봉낚시 三本錨さんぼんいかり
삼봉낚시三本錨さんぼんいかり
삼부새南東風なんとうふう
삼수매삼쉬매 (馬の)三歳さんさい
삼수세鐵葎かなむぐら
삼쉬매(馬の)三歳さんさい
삼시三食さんしょく
삼월三月さんぐわつ
삼월ᄃᆞᆯ三月さんぐわつ
삼족一族郎黨いちぞくらうたう, 父系親族ふけいしんぞく・母系親族ぼけいしんぞく・姻族いんぞくの三族さんぞく
삼천발手蔓藻蔓てづるもづる
삼천발이삼천발 手蔓藻蔓てづるもづる
삼촌未婚みこんの父方ちちかたの伯父をぢ・叔父をぢ
삼춘삼촌 未婚みこんの父方ちちかたの伯父をぢ・叔父をぢ
삼태산태 擔架型たんかがたの運搬具うんぱんぐ
삼태성삼테성 三台星さんたいせい
삼테성三台星さんたいせい
삽すき, 踏み鍬ぐは
삽가레すき, 踏み鍬ぐは
삿갓かさ
삿갓장시み笠賣がさう
삿자리あしで編んだ敷物しきもの, 網代あじろ
상1ぜん
상2いい匂にほひ, 香かう, 香かを
상3しゃう
상가메旋毛つむじ
상가지낭상까지낭 伊吹いぶき
상감상가메 旋毛つむじ
상갑상합 香合かうがふ
상강1산강しも
상강2霜降さうかう
상강ᄂᆞ리다산강ᄂᆞ리다しもがおりる
상게
상고구뒤後頭こうとう
상고선商船しゃうせん
상고지1황고지にじ
상고지2すげ
상고지3御輿茅みこしがや
상고ᄌᆞ1상고지すげ
상고ᄌᆞ2상고지 御輿茅みこしがや
상교郷校きゃうかう, 昔むかしの國立地方教育機關こくりつちはうけういくきくわん
상구지상고지 御輿茅みこしがや
상군すぐれた海女あま
상귓것れ者もの
상그르헤一昨年をととし, 去年きょねん
상기상예 喪輿さうよ
상까지낭伊吹いぶき
상뀌상삐 布巾ふきん
상남상낭 伊吹いぶき
상낭伊吹いぶき
상다가리つら
상다구리상다가리つら
상동삼동 くろいげの實
상동낭삼동낭 くろいげ
상둥말축산뒤말축 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
상뒤칩公會堂こうくわいだう
상등말축산뒤말축 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
상머루상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상모루상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상ᄆᆞ로상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상ᄆᆞ루상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상ᄆᆞ를상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상ᄆᆞ리상ᄆᆞ르むねの一番高いちばんたかいところ
상발가락(足の)中指なかゆび
상방中央ちゅうあうの板いたの間
상방마리中央ちゅうあうの板いたの間
상복喪服もふく
상삐布巾ふきん
상사公會堂こうくわいだう
상사디야요草取くさとり歌うたの一ひと
상사칩公會堂こうくわいだう
상산버듸낭耽羅柳たんなやなぎ
상설시장常設市場じゃうせついちば
상손가락中指なかゆび
상아덜長男ちゃうなん
상아리つら
상압상합 香合かうがふ
상애떡삼메떡しパン
상어상의さめ
상에상의さめ
상에떡삼메떡しパン
상여상예 喪輿さうよ
상예喪輿さうよ
상왜떡삼메떡しパン
상우리상아리つら
상웨떡삼메떡しパン
상위상아리つら
상유山紫蘇やまじそ
상의さめ
상이생이とり
상제옷喪服もふく
상지1葛籠つづら
상지2はこ
상ᄌᆞ상지はこ
상ᄌᆞᆷ녀상ᄌᆞᆷ녜すぐれた海女あま
상ᄌᆞᆷ녜すぐれた海女あま
상ᄌᆞᆷ수すぐれた海女あま
상착상지 葛籠つづら
상처きず, 怪我けが
상초萵苣ちしゃ
상치1상처きず, 怪我けが
상치2상초 萵苣ちしゃ
상통(既婚男性の)髷まげ
상통자리まげを置くために剃ったところ
상퉁이(既婚男性の)髷まげ
상퉁자리상통자리まげを置くために剃ったところ
상튕이상퉁이 (既婚男性の)髷まげ
상품商品しゃうひん
상합香合かうがふ
상화떡삼메떡しパン
상훼り合
샅갱이鼠蹊部そけいぶ
새생이とり
새-あたらしい
새茅萱ちがや
새각시花嫁はなよめ
새각씨새각시 花嫁はなよめ
새경소경 盲人まうじん
새기다きざむ, 彫
새끼[動物の仔]
새끼고넹이늬빨目寶めだから
새끼발가락(足の)小指こゆび
새끼손가락小指こゆび
새끼절방귀目寶めだから
새끼줄なは
새늬大人おとなの齒, 永久齒えいきうし
새당대죽사당대죽 砂糖黍さたうきび
새당벌1사상벌 雀蜂すずめばち
새당벌2사상벌 紋雀蜂もんすずめばち
새데기낭犬樫いぬがし
새ᄃᆞᆯ來月らいげつ
새미세미いづみ
새베1野茨のいばらの實
새베2け方がた, 夜明よあ
새베기새베け方がた, 夜明よあ
새베낭새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
새벡새베け方がた, 夜明よあ
새벨세벨けの明星みゃうじゃう
새비1새위 海老えび
새비2새베 野茨のいばらの實
새비낭野茨のいばら, 野薔薇のばら
새빌세벨けの明星みゃうじゃう
새삼あをみづ
새서방새스방 花婿はなむこ
새스방花婿はなむこ
새시어욱すすきの一種いっしゅ
새우새위 海老えび
새우리쉐우리にら
새위海老えび
새집茅葺かやぶきの家いへ, 茅屋ばうをく
새철立春りっしゅん
새탕ᄀᆞ를사탕ᄀᆞ를 砂糖さたう
새탕대죽사당대죽 砂糖黍さたうきび
새해새헤 新年しんねん
새헤新年しんねん
색경섹경かがみ
색골섹골 好色漢かうしょくかん
색깔いろ, 色彩しきさい
색색만축색색말축 ばったの一種いっしゅ
색색말축ばったの一種いっしゅ
색쓰다섹쓰다 性交せいかうする
색이다삭이다 こなす
샘세미いづみ
샛ᄇᆞ름東風ひがしかぜ
샛절새철 立春りっしゅん
생가죽生皮なまかは
생간なまレバー
생갱이榮螺さざえの子供こども
생게셍게 酸葉すいば
생게쿨셍게 酸葉すいば
생기다しゃうずる, 起こる
생기리切干大根きりぼしだいこん
생기와셍지에 平瓦ひらがはら
생메역なまわかめ
생명生命せいめい
생물권生物圈せいぶつけん
생복셍복あはび
생북셍복あはび
생선1甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
생선2さかな
생성생선さかな
생ᄊᆞᆯ生米なまごめ
생예상예 喪輿さうよ
생이1とり
생이2すずめ
생이3상예 喪輿さうよ
생이도꾸리小米空木こごめうつぎ
생이독까리생이도꾸리 小米空木こごめうつぎ
생이독낭생이도꾸리 小米空木こごめうつぎ
생이메옹이太甲香ふとへなたり
생이방석海星ひとで
생이보말셍이벨망になの一種いっしゅ
생이보멀셍이벨망になの一種いっしゅ
생이연줄생이웨줄 かたばみ
생이웨줄かたばみ
생이족박がが芋いも
생이줄蟹草かにくさ
생이집とりの巣
생이총ぱちんこ
생이콩藪豆やぶまめ
생이탈苗代苺なはしろいちご
생이태기すずめや鵯ひよどりのやうな小ちひさな鳥とりを捕とらへる罠わな
생이폭낭생이도꾸리 小米空木こごめうつぎ
생이피쟁이磯鵯いそひよどり
생중이ふくらはぎ
생키다ᄉᆞᆷ지다み込
생태生態せいたい
생활生活せいくわつ
서みっつの
서가리섯갈 西風にしかぜ
서가릿ᄇᆞ름섯갈 西風にしかぜ
서갈ᄇᆞ름섯갈 西風にしかぜ
서그레기くさったもの, 腐敗物ふはいぶつ
서꺼지다허꺼지다じる, 混ざる, 混合こんがふする
서끄다ぜる
서남풍南西風なんせいふう
서낭1くぬぎ
서낭2船靈ふなだま
서녁西にし
서늉ざま
서늘ᄒᆞ다すずしい
서답洗濯せんたく
서답구덕ᄉᆞ답구덕 洗濯籠せんたくかご
서답마께砧槌きぬたづち
서답바드렝이物干ものほし支柱しちゅう
서답배洗濯せんたくしたものをかけて干す繩なは
서답비누洗濯石鹸せんたくせきけん
서답작데기物干ものほし支柱しちゅう
서답줄洗濯紐せんたくひも
서답팡洗濯石せんたくいし
서답ᄒᆞ다洗濯せんたくする
서당書堂しょだう, 寺子屋てらこや
서당낭사당낭 藪肉桂やぶにくけい
서대1朝鮮てうせんげんこ, 牛うしの舌した
서대2矢竹やだけ
서둘다서둘르다いそ
서둘르다いそ
서들다서둘르다いそ
서들브다서둘르다いそ
서르다1설르다す, 終へる
서르다2설르다 皿洗さらあらひをする
서르다3설르다 片付かたづける
서른三十さんじふ
서름질皿洗さらあら
서리1ᄉᆞ이あひだ
서리2ᄉᆞ시 近所きんじょ
서리3しも
서리4垂木たるき
서리낭서으리낭 赤四手あかしで
서리맞다しもがおりる
서멍에はたけの畝うねの西側にしがはの端はし
서물1너물 若潮わかしほの次つぎの日, 陰暦十二日いんれきじふににちと二十七日にじふしちにちの潮しほ
서물2陰暦十一日いんれきじふいちにちと二十六日にじふろくにちの潮しほ, 若潮わかしほ
서북풍北西風ほくせいふう
서속서숙きびと粟あは
서숙きびと粟あは
서슬松海苔まつのり
서승薄葉細辛うすばさいしん
서신서승 薄葉細辛うすばさいしん
서심서승 薄葉細辛うすばさいしん
서싱서승 薄葉細辛うすばさいしん
서얼레설레 馬鍬まぐは
서운ᄒᆞ다さびしい, 名殘惜なごりをしい, 寂さびしい
서울ソウル, 都みやこ
서월서울 ソウル, 都みやこ
서으래설레 馬鍬まぐは
서으레설레 馬鍬まぐは
서으리낭赤四手あかしで
서을레설레 馬鍬まぐは
서의낭서으리낭 赤四手あかしで
서채書堂しょだうの學費がくひ
서체서채 書堂しょだうの學費がくひ
서치서대 朝鮮てうせんげんこ, 牛うしの舌した
서투르다서툴르다 下手へた
서툰바치下手へたっぴ
서툴다下手へた
서툴르다下手へた
서트다서끄다ぜる
서틀다서툴다 下手へた
서풍西風にしかぜ
서하니섯하니ᄇᆞ름 北西風ほくせいふう
서하니ᄇᆞ름섯하니ᄇᆞ름 北西風ほくせいふう
서흐레설레 馬鍬まぐは
석1手綱たづな
석2みっつの
석다썩다くさ
석류石榴ざくろ
석석ᄒᆞ다める
석수석쉬 石工いしく
석쉬石工いしく
석쉬쟁이石工いしく
석유石油せきゆ
석유지름石油せきゆ
석창포石菖せきしゃう
선그믓女陰ぢょいん
선금現金げんきん
선녀仙女せんにょ
선달たっち
선달꼿진달레꼿 躑躅つつじ
선달레꼿진달레꼿 躑躅つつじ
선달선달たっち
선대선달 たっち
선데선달 たっち
선데선데선달선달 たっち
선ᄄᆞᆷや汗あせ
선매いくら
선몽夢枕ゆめまくらに立つこと
선물세みつぎ物もの
선반ものを載せるために横よこに渡わたした二本にほんの棒ぼう, 臺所だいどころの壁かべに取り付けた食器棚しょくきだな, 押し入れ, 棚板たないた
선베在野ざいやの學者がくしゃ
선보롬つきの前半ぜんはん
선보름선보롬つきの前半ぜんはん
선부선베 在野ざいやの學者がくしゃ
선부인賢夫人けんぷじん
선비선베 在野ざいやの學者がくしゃ
선비말축精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
선사선세 贈與ぞうよ, 贈呈ぞうてい
선새선세 贈與ぞうよ, 贈呈ぞうてい
선선ᄒᆞ다すずしい
선세贈與ぞうよ, 贈呈ぞうてい
선셍先生せんせい
선소리音頭おんど
선소리꾼音頭取おんどと
선소리질音頭取おんどと
선소리ᄒᆞ다音頭おんどを取
선수選手せんしゅ
선쉬선수 選手せんしゅ
선승선셍 先生せんせい
선싕선셍 先生せんせい
선에田鰻たうなぎ
선왕서낭 船靈ふなだま
선융서늉 ざま
선인장仙人掌さぼてん, 團扇仙人掌うちはさぼてん
선제あふぎ, 扇子せんす
선주船主せんしゅ, 船主ふなぬし
선코やまの上うへと下したに設置せっちするのろの罠わな
선풍기扇風機せんぷうき
선하옴선하위염 生欠伸なまあくび
선하움선하위염 生欠伸なまあくび
선하위염生欠伸なまあくび
섣ᄃᆞᆯ陰暦十二月いんれきじふにぐわつ
설〜歳さい[1歳、2歳]
설기血氣けっき
설다充分熟じゅうぶんじゅくしてゐない, 慣れない, 生煮なまにえだ, 下手へた
설랍설합 抽斗ひきだし
설랑설랑あるく時腕ときうでを輕かるく振る樣子やうす
설러불다
설레1そり
설레2くるしむ振
설레3馬鍬まぐは
설룬서른 三十さんじふ
설르다1す, 終へる
설르다2皿洗さらあらひをする
설르다3片付かたづける
설매馬鍬まぐは
설메설매 馬鍬まぐは
설문꽝くるぶし
설새下痢げり
설세설새 下痢げり
설세미いづみ
설쒜かね
설으다1설르다す, 終へる
설으다2설르다 皿洗さらあらひをする
설짓설칫 犁柱たたり
설치設置せっち
설칫犁柱たたり
설피낭犬黄楊いぬつげや水蝋いぼたの類るい, 水蝋樹いぼたのき
설합抽斗ひきだし
설흔서른 三十さんじふ
섬1しま
섬2たはら, 石こく
섬3셈 分別ふんべつ
섬기다つかへる
섬놈島民たうみん
섬뜩ᄒᆞ다ぎょっとする, ひやりとする
섬매たっち
섬메섬메たっち
섬벌숨벌 保護林ほごりん
섬지셈 分別ふんべつ
섬피낭설피낭 犬黄楊いぬつげや水蝋いぼたの類るい, 水蝋樹いぼたのき
섭
섭담베葉煙草はたばこ
섭섭ᄒᆞ다さびしい, 寂さびしい
섭우미深海しんかいに生える質しつの良い天草てんぐさ
섭의協議けふぎ
섯서대 朝鮮てうせんげんこ, 牛うしの舌した
섯가래섯갈 西風にしかぜ
섯가리섯갈 西風にしかぜ
섯갈西風にしかぜ
섯갈ᄇᆞ름섯갈 西風にしかぜ
섯마섯마ᄑᆞ름 南西風なんせいふう
섯마ᄇᆞ름섯마ᄑᆞ름 南西風なんせいふう
섯마ᄑᆞ름南西風なんせいふう
섯하늬섯하니ᄇᆞ름 北西風ほくせいふう
섯하니섯하니ᄇᆞ름 北西風ほくせいふう
섯하니ᄇᆞ름北西風ほくせいふう
성防壘ばうるい
성-じつ
성1썽いか
성2あに(同性), 姉あね(同性)
성공ᄒᆞ다成功せいこうする
성기다あらい, まばらだ
성나다おこ
성내성네 城内じゃうない
성내다썽내다おこ
성냥マッチ
성냥곽マッチ箱ばこ
성네城内じゃうない
성님お兄樣にいさま(同性), お姉樣ねえさま(同性)
성명셍멩 姓名せいめい
성무니성문이すね
성문꽝정강꽝 脛骨けいこつ
성문이すね
성문이꽝정강꽝 脛骨けいこつ
성바지せいの種類しゅるい
성선선셍 先生せんせい
성씨せい
성아시同性兄弟どうせいきゃうだい, 同性兄弟どうせいきゃうだい(男)
성안城内じゃうない
성에犁轅ねりぎ
성오르다성올르다える, 興奮こうふんする
성올르다える, 興奮こうふんする
성제同性兄弟どうせいきゃうだい, 同性兄弟どうせいきゃうだい(男)
성주いへの守護神しゅごしん
성창波止場はとば
성키ᄉᆞᆼ키 野菜やさい, 青菜あをな
성탁父親似ちちおやに
성펜1父方ちちかたの親戚しんせき
성펜2父方ちちかた
성하르방父方ちちかたの祖父そふ
성할망父方ちちかたの祖母そぼ
세1서みっつの
세2した
세3し賃ちん, 賃貸ちんが
세4ᄉᆞ이あひだ
세5くさび
세간家財道具かざいだうぐ, 所帶道具しょたいだうぐ, 調度てうど
세간살이살렴살이らし
세감세くさび
세계무형문화유산世界無形文化遺産せかいむけいぶんくわいさん
세계자연유산世界自然遺産せかいしぜんいさん
세계적世界的せかいてき
세규깍지油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
세규지름석유지름 石油せきゆ
세기깍지세규깍지 油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
세기지름석유지름 石油せきゆ
세깃각지세규깍지 油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
세깍신喪中もちゅうに履く草鞋わらぢ
세끗舌先したさき
세다1れる, 漏
세다2かぞへる
세다3쎄다つよ
세다들다ども
세답서답 洗濯せんたく
세답구덕ᄉᆞ답구덕 洗濯籠せんたくかご
세답돔베きぬた
세덩치셋굽したの根
세미いづみ
세발세시발쒜 三脚さんきゃく, 五徳ごとく
세발쒜시발쒜 三脚さんきゃく, 五徳ごとく
세베새베け方がた, 夜明よあ
세벨けの明星みゃうじゃう
세비낭새비낭 野茨のいばら, 野薔薇のばら
세뿔리したの根
세상の中なか
세수洗面せんめん
세숫대양洗面器せんめんき
세숫비누化粧石鹸けしゃうせきけん
세숫ᄉᆞ레洗面器せんめんき
세스방새스방 花婿はなむこ
세아리다かぞへる
세얌세미いづみ
세양ᄉᆞ양 辭退じたい, 遠慮ゑんりょ
세양하다s0ᄉᆞ양ᄒᆞ다 辭退じたいする, 遠慮ゑんりょする
세역세くさび
세염1세미いづみ
세염2셈 分別ふんべつ
세오다세우다める, 立てる
세우다める, 立てる
세우리쉐우리にら
세월歳月さいげつ
세천コン川がは
세한숨め息いき
섹精液せいえき
섹경かがみ
섹골好色漢かうしょくかん
섹쓰다性交せいかうする
섹윳각제기세규깍지 油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
섹윳각지세규깍지 油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
섹이지름석유지름 石油せきゆ
섹잇각지세규깍지 油皿あぶらざら, 燈明皿とうみゃうざら
셀다세다れる, 漏
셈1세미いづみ
셈2分別ふんべつ
셉다세우다める, 立てる
셋みっ
셋가시舌炎ぜつえん
셋굽したの根
셋덩치셋굽したの根
셋둥치셋굽したの根
셋둥치기したの表面へうめん
셋머슴(肉の部位)タン
셋바닥したの表面へうめん
셋ᄇᆞ름1샛ᄇᆞ름 東風ひがしかぜ
셋ᄇᆞ름2쉣ᄇᆞ름 口笛くちぶえ
셋줄기したの根元ねもと
셍각かんが
셍각나다おもひ出
셍각ᄒᆞ다おもふ, 考かんがへる
셍강生姜しゃうが
셍게酸葉すいば
셍게쿨셍게 酸葉すいば
셍궤셍게 酸葉すいば
셍궤낭小葉こばの莢迷がまずみ
셍그짓말出鱈目でたらめ
셍기다1생기다しゃうずる, 起こる
셍기다2しゃべり散らす
셍기리생기리 切干大根きりぼしだいこん
셍기와셍지에 平瓦ひらがはら
셍떼거지い物ものねだり
셍망치うみたなごの一種いっしゅ
셍멩姓名せいめい
셍복あはび
셍선1생선さかな
셍선2생선 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
셍성1생선さかな
셍성2생선 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
셍수生水なまみづ
셍실絶對ぜったい
셍ᄉᆞ生死せいし
셍완셍원 生員せいゐん
셍원生員せいゐん
셍으로なま
셍이독가리셍이독구리 小米空木こごめうつぎ
셍이독구리小米空木こごめうつぎ
셍이벨망になの一種いっしゅ
셍이보말셍이벨망になの一種いっしゅ
셍이폭낭小米空木こごめうつぎ
셍일날誕生日たんじゃうび
셍지에平瓦ひらがはら
셍지왕生地黄しゃうぢわう
셍지황셍지왕 生地黄しゃうぢわう
셍진날誕生日たんじゃうび
셍차셍체なまのままで
셍체なまのままで
셍트집ひ掛かり, 難癖なんくせ
셍핑게ひ逃のが
소1쉐うし
소2ぬま
소3船食蟲ふなくひむし
소4あん, 具
소가지性根しゃうね, 根性こんじゃう
소감所感しょかん
소개ᄒᆞ다紹介せうかいする
소게木綿もめん
소게바지綿入わたいれのズボン
소게옷綿入わたい
소게이불綿布團わたぶとん
소게저고리綿入れのチョゴリ
소게클綿繰わたくり機
소경盲人まうじん
소곡소곡はばかることなく近ちかづいてゆく樣子やうす, 不平ふへいを言はずに從したがふ樣子やうす
소곡ᄒᆞ다うなだれてゐる, おとなしく素直すなほ
소곤거리다ひそひそと話はな
소곤닥거리다소곤거리다 ひそひそと話はな
소곤ᄃᆞᆯ다ひそひそと話はな
소곰しほ
소곰 절이다鹽漬しほづけにする
소곰덩어리しほの塊かたまり
소곰바치1あめんぼ
소곰바치2소곰장시 鹽賣しほう
소곰밧鹽田えんでん
소곰벙뎅이しほの塊かたまり
소곰장시鹽賣しほう
소곰장시풀かたばみ
소곰졸레기소곰ᄌᆞᆯ레기 製鹽業者せいえんげふしゃ
소곰ᄌᆞᆯ레기製鹽業者せいえんげふしゃ
소곰찡겡이しほの塊かたまり
소곱1なか(固體、流體等)
소곱2内容ないよう, 中味なかみ
소근거리다소곤거리다 ひそひそと話はな
소끄다ᄉᆞ꼬다 間引まびきする, 間引まび
소나기쏘나기 夕立ゆふだち, にはか雨あめ
소나의1をっと
소나의2소나이をとこ
소나이1をとこ
소나이2소나의をっと
소나쿨鵯上戸ひよどりじゃうご
소남솔남まつ
소낭솔남まつ
소낭ᄆᆞᆼ생이まつぼっくり
소낭버렝이松毛蟲まつけむし
소낭버섯松茸まつたけ
소낭베렝이소낭버렝이 松毛蟲まつけむし
소낭초기松茸まつたけ
소녜효녀 孝行娘かうかうむすめ
소님1來客らいきゃく, 客きゃく
소님2旅人たびびと
소님3シャーマン, 巫女みこ
소님치기きゃくをもてなすこと
소닥ᄒᆞ다수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
소도락ᄒᆞ다수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
소도리げ口ぐち, 喧嘩けんくわを焚き付けること
소도리ᄒᆞ다うはさを立てる, 告げ口ぐちする
소독大蒜にんにくや薄すすきなどの花莖くわけい
소두껭이솟뚜껑かまの蓋ふた
소두뀅이솟뚜껑かまの蓋ふた
소드락ᄒᆞ다수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
소드리소도리げ口ぐち, 喧嘩けんくわを焚き付けること
소들게頂上ちゃうじゃう
소들다しをれる
소들소들(植物が)やや萎しをれて元氣げんきがない
소라니솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
소레기소로기とび, 鳶とんび
소로기とび, 鳶とんび
소르릉소르릉(鎌かまで秣まぐさなどを)さくさく
소름鳥肌とりはだ
소리1おと
소리2うた
소리가시낭粗樫あらかし
소리낭1小楢こなら
소리낭2水楢みづなら
소리지르다さけ
소리질르다소리지르다さけ
소리치다さけ
소마小便せうべん
소매소마 小便せうべん
소문うはさ
소문나다うはさになる, 噂うはさされる
소박이いっぱい
소벤小便せうべん
소복이소박이 いっぱい
소본소분はかの草くさむしり
소본ᄒᆞ다소분ᄒᆞ다はかの草くさむしりをする
소분はかの草くさむしり
소분ᄒᆞ다はかの草くさむしりをする
소빡ᄉᆞᆷ빡 いっぱい
소빡ᄒᆞ다滿ちてゐる, いっぱいだ
소살もり, 簎やす
소새雌苅萱めがるかや
소새꿀소새쿨 雌苅萱めがるかや
소새쿨雌苅萱めがるかや
소쉐소새 雌苅萱めがるかや
소스랑쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
소스렁쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
소슬광풍蕭瑟せうしつたる狂風きゃうふう
소시랑쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
소시세き付
소심효심 孝心かうしん
소악송악 木蔦きづた
소악쿨木蔦きづた
소앙벌사상벌 紋雀蜂もんすずめばち
소앵이소왕이 唐野薊からのあざみ
소엽紫蘇しそ
소왁송악 木蔦きづた
소왁낭1수왁낭 飯桐いひぎり
소왁낭2소악쿨 木蔦きづた
소왁소왁ざくざく
소왕낭소왕이가시낭 矢羽柊黐やばねひひらぎもち
소왕벌1사상벌 雀蜂すずめばち
소왕벌2사상벌 紋雀蜂もんすずめばち
소왕이唐野薊からのあざみ
소왕이가시낭矢羽柊黐やばねひひらぎもち
소용1세くさび
소용2소용이 鞍骨くらぼね
소용가지소용이 鞍骨くらぼね
소용이鞍骨くらぼね
소용치齒鰹はがつを
소웬이소왕이 唐野薊からのあざみ
소웽이소왕이가시낭 矢羽柊黐やばねひひらぎもち
소웽이가시낭소왕이가시낭 矢羽柊黐やばねひひらぎもち
소위所謂いはゆる
소유山紫蘇やまじそ
소제쇼ᄌᆞ 孝行息子かうかうむすこ
소제김かね
소주소쥐 燒酎せうちう
소중기(海女の)水着みづぎズボン, 下着したぎ
소중의소중기 (海女の)水着みづぎズボン, 下着したぎ
소중이女性用褌ぢょせいようふんどし, (傳統的な)パンティー
소쥐燒酎せうちう
소커수컷をす
소컷수컷をす
소코리1소쿠리かご
소코리2송코리 ざる
소쿠리1かご
소쿠리2송코리 ざる
속1内容ないよう, 中味なかみ
속2なか(固體、流體等)
속3숙よもぎ
속거풀甘皮あまかは
속겁질甘皮あまかは
속곳1(海女の)水着みづぎズボン
속곳2속옷 下着したぎ
속낭쉐귀낭 山桃やまもも
속눈썹まつげ
속다1だまされる
속다2ひどく苦勞くらうする, 努つとめる, 往生わうじゃうする
속단낭紙八手かみやつで
속박솔박 穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
속상ᄒᆞ다くやしい
속솜ᄒᆞ다だまってゐる
속옷1下着したぎ
속옷2女性用褌ぢょせいようふんどし, (傳統的な)パンティー
속이다だま
속임질쉑임질だますこと
속치마속치메 アンダースカート, ペチコート
속치메アンダースカート, ペチコート
속ᄒᆞ다ぞくする
손
손가락ゆび
손가락질うしろ指ゆび
손거림ゆびの間あひだ
손거슴ゆびのささくれ
손거친짓손검은짓ぬす
손검다手癖てくせが惡わる
손검은짓ぬす
손게와脇明わきあけ, 衣服いふくの兩脇りゃうわきの縫はずにあけてあるところ
손게화손게와 脇明わきあけ, 衣服いふくの兩脇りゃうわきの縫はずにあけてあるところ
손고락질손가락질うしろ指ゆび
손곱다1손꼬부리다 指折ゆびをり數かぞへる
손곱다2がかじかむ
손곱다3が美うつくしい, 清廉せいれん
손그믓手相てさう
손금손그믓 手相てさう
손ᄀᆞ르치다指差ゆびさ
손ᄀᆞ리치다손ᄀᆞ르치다 指差ゆびさ
손꼬부리다指折ゆびをり數かぞへる
손꼽손콥 (手の指の)爪つめ
손꼽다손꼬부리다 指折ゆびをり數かぞへる
손님소님 旅人たびびと
손등の甲かふ
손디줄솜비줄 引綱ひきづな, 牛馬ぎうばに犁すきなどをつなぐ繩なは
손목手首てくび
손바닥てのひら
손바닥꼿仙人掌さぼてん
손박솔박 穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
손발콥つめ
손불미ふいご
손수건ハンカチ
손수권손수건 ハンカチ
손쉽다容易よういだ, たやすい
손아귀の内うち, 手中しゅちゅう
손아금손아귀の内うち, 手中しゅちゅう
손아오셍이손아우셍이の内うち, 手中しゅちゅう
손아우셍이の内うち, 手中しゅちゅう
손어금손아귀の内うち, 手中しゅちゅう
손자손지まご
손저울手秤てばかり
손지まご
손ᄌᆞ손지まご
손콥(手の指の)爪つめ
손톱손콥 (手の指の)爪つめ
솓다こぼす
솔1まつ
솔2刷毛はけ, ブラシ
솔기1, 荷物にもつ
솔기2소로기とび, 鳶とんび
솔나니甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔나무솔남まつ
솔난이솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔남まつ
솔낭솔남まつ
솔내기솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔네油煙ゆえん
솔도로기まつぼっくり
솔똥まつぼっくり
솔라니솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔란이솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔래기솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
솔박穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
솔밧松原まつばら, 松林まつばやし
솔왓솔밧 松原まつばら, 松林まつばやし
솔충솔충이 松毛蟲まつけむし
솔충이松毛蟲まつけむし
솔치鬼虎魚おにおこぜ
솔팍솔박 穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
솔펜송펜 ソンピョン, 松葉まつばを敷いた蒸し釜がまで蒸したあん餅もち
솔피낭1濟州犬槐さいしういぬえんじゅ
솔피낭2丸葉青まるばあをだも
솜1馬糞海膽ばふんうに
솜2木綿もめん
솜3紫海膽むらさきうに
솜박이소박이 いっぱい
솜비줄引綱ひきづな, 牛馬ぎうばに犁すきなどをつなぐ繩なは
솜빡ᄉᆞᆷ빡 いっぱい
솜빡이いっぱい
솜뽁이솜빡이 いっぱい
솜씨쏨씨 腕前うでまへ
솜클소게클 綿繰わたくり機
솜틀소게클 綿繰わたくり機
솜팍솔박 穀物こくもつが一升入いっしょうはひる計量木鉢けいりゃうきばち
솝1속 内容ないよう, 中味なかみ
솝2속なか(固體、流體等)
솟かま
솟강알き口ぐち
솟거멩이솟검뎅이 鍋底なべぞこの煤すす
솟검거미솟검뎅이 鍋底なべぞこの煤すす
솟검게미솟검뎅이 鍋底なべぞこの煤すす
솟검뎅이鍋底なべぞこの煤すす
솟검디영솟검뎅이 鍋底なべぞこの煤すす
솟검비영솟검뎅이 鍋底なべぞこの煤すす
솟덕き口ぐちの兩側りゃうがはに立てる石いし, 竃かまど
솟뎅이なべの鑄型いがた
솟두께솟뚜껑かまの蓋ふた
솟두껭이솟뚜껑かまの蓋ふた
솟두엉솟뚜껑かまの蓋ふた
솟뚜궤솟뚜껑かまの蓋ふた
솟뚜껑かまの蓋ふた
솟뚜껑이솟뚜껑かまの蓋ふた
솟뚜껭이솟뚜껑かまの蓋ふた
솟아나다き出
솟장시お齒黒倍良はぐろべらの雄をす
송개마농大蒜にんにく
송곳きり
송곳늬犬齒けんし
송꼽손콥 (手の指の)爪つめ
송낙1承諾しょうだく
송낙2송악 木蔦きづた
송둥이七星天道ななほしてんたう
송서송ᄉᆞ 訴訟そしょう
송ᄉᆞ訴訟そしょう
송아기송애기 仔牛こうし
송아지仔牛こうし
송악木蔦きづた
송악남소악쿨 木蔦きづた
송애기仔牛こうし
송왁송악 木蔦きづた
송장しかばね
송진松脂まつやに
송충버렝이솔충이 松毛蟲まつけむし
송충이솔충이 松毛蟲まつけむし
송코리ざる
송펜ソンピョン, 松葉まつばを敷いた蒸し釜がまで蒸したあん餅もち
송학송악 木蔦きづた
쇼ᄌᆞ孝行息子かうかうむすこ
수かず
수거리糟鮫かすざめ
수건1ぬぐひ, タオル
수건2磯手拭いそてぬぐ
수견1女性用褌ぢょせいようふんどし, (傳統的な)パンティー
수견2수건ぬぐひ, タオル
수고수긔 苦勞くらう
수구리수거리 糟鮫かすざめ
수근닥공론숙덕공론 ひそひそ話ばなし, 密議みつぎ
수근덕공론숙덕공론 ひそひそ話ばなし, 密議みつぎ
수긔苦勞くらう
수까락スプーン, 匙さじ
수깔スプーン, 匙さじ
수꾸락수까락 スプーン, 匙さじ
수꾸리낭蛇結茨じゃけついばら
수꿩をすの雉きじ
수눌다野良仕事のらしごとを助たすけ合ふ, 勞力らうりょくの相互扶助さうごふじょをする
수눌음野良仕事のらしごとの助たすけ合ひ, 勞力らうりょくの相互扶助さうごふじょ
수눔수눌음 野良仕事のらしごとの助たすけ合ひ, 勞力らうりょくの相互扶助さうごふじょ
수답水田すいでん
수도水道すいだう
수두락ᄒᆞ다수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
수두리大腰高岩殻おほこしだかがんがら
수두리맹꽁卷貝まきがひの一種いっしゅ
수두리보말大腰高岩殻おほこしだかがんがら
수드락ᄒᆞ다수두룩ᄒᆞ다おびただしい, ざらにある
수드리수두리 大腰高岩殻おほこしだかがんがら
수레기わし
수룩1
수룩2수륙 水陸會すいりくゑ, 子授こさづけ祈願きぐわん
수룩들이다山川やまかはで子供こどもを授さづかるやう祈いの
수륙水陸會すいりくゑ, 子授こさづけ祈願きぐわん
수리とび, 鳶とんび
수리대1矢竹やだけ
수리대2鎧草よろひぐさ
수리재せみの一種いっしゅ
수명壽命じゅみゃう
수목樹木じゅもく
수무二十にじふ
수문장石爺いしぢいさん, トルハルバン
수물二十にじふ
수바끼眞鍮製しんちゅうせいの女性用食器ぢょせいようしょくき
수박西瓜すいくわ
수박이いっぱい
수북이수박이 いっぱい
수빡숨빡 いっぱい
수빡ᄒᆞ다소빡ᄒᆞ다 滿ちてゐる, いっぱいだ
수상ᄒᆞ다あやしい
수세수쉐 たはし
수세기삼수세 鐵葎かなむぐら
수수꺼리다なぞなぞ遊あそびをする
수수ᄒᆞ다まあまあだ, 地味ぢみ
수술추승 鳩麥はとむぎ
수쉐たはし
수슴추승 鳩麥はとむぎ
수승추승 鳩麥はとむぎ
수승낭추숭낭 鳩麥はとむぎ
수시다し込
수악수악ᄒᆞ다さくさくする, しゃきしゃきする
수애수웨 スンデ, 豚ぶたの腸詰ちゃうづめ
수양ᄄᆞᆯ養女やうぢょ
수양아ᄃᆞᆯ養子やうし, 里子さとご
수양아방養父やうふ
수양어멍養母やうぼ
수어수워にはとりを追ふ聲こゑ
수에수웨 スンデ, 豚ぶたの腸詰ちゃうづめ
수염쉬염ひげ
수왁낭飯桐いひぎり
수왕수왕さくさく, ざくざく
수왕이소왕이 唐野薊からのあざみ
수워にはとりを追ふ聲こゑ
수월はやし
수월ᄒᆞ다たやすい
수웨1スンデ, 豚ぶたの腸詰ちゃうづめ
수웨2苦菜にがな
수적海賊かいぞく
수정かず
수정끼がしびれてしきりに震ふるへる症状しょうじゃう
수제はしと匙さじ, スプーン, 匙さじ
수지끄다非常ひじゃうに深ふか
수지프다수지끄다 非常ひじゃうに深ふか
수질船醉ふなよ
수질ᄒᆞ다(乘り物に)醉
수ᄌᆞ베기水團すいとん
수초なまの天草てんぐさ
수출輸出ゆしゅつ
수치はぢ, 羞恥しうち
수치레幸運かううんに巡めぐり會ふこと
수치에丸瓦まるがはら, 牡瓦をがはら
수치저끄다수수꺼리다 なぞなぞ遊あそびをする
수캐雄犬をすいぬ
수커수컷をす
수컷をす
수코냉이雄猫をすねこ
수토새기수톳 雄豚をすぶた
수토절귀숫돌철귀 肘金ひぢがね
수톳雄豚をすぶた
수퇘야지수톳 雄豚をすぶた
수ᄐᆞᆨ雄鷄をんどり
수풀はやし
숙よもぎ
숙고리낭수꾸리낭 蛇結茨じゃけついばら
숙닥공론숙덕공론 ひそひそ話ばなし, 密議みつぎ
숙대기다し込
숙댁이다숙대기다し込
숙덕공론ひそひそ話ばなし, 密議みつぎ
숙데기다숙대기다し込
숙데낭すぎ
숙박시설宿泊施設しゅくはくしせつ
숙비쟁이かはなめし職人しょくにん
숙지왕숙지황 熟地黄じゅくぢわう
숙지황熟地黄じゅくぢわう
숙피쟁이숙비쟁이かはなめし職人しょくにん
순다리쉰다리 シンダリ, 米こめを醗酵はっかうさせたヨーグルト風飮料ふういんれう
순돌막夜警詰所やけいつめしょ
순막夜警詰所やけいつめしょ
순서順序じゅんじょ
순수純粹じゅんすい
순작うづら
순풀鬼田平子おにたびらこ
순ᄒᆞ다おとなしい
숟가락수까락 スプーン, 匙さじ
숟갈수깔 スプーン, 匙さじ
술1수월はやし
술2スプーン, 匙さじ
술3さけ
술광절다리酒癖さけぐせの惡わるい人ひと
술다끄다蒸溜じょうりうする
술락튀다ぴょんと跳
술망나니っ拂ぱらひ, 醉ひどれ
술맹이술멩이 青倍良あをべら
술멩이青倍良あをべら
술뻬甲状軟骨かふじゃうなんこつ
술안주술안쥐さかな, つまみ
술안쥐さかな, つまみ
술장시さけを賣る商賣しゃうばい
술제수제はしと匙さじ, スプーン, 匙さじ
술조기남泡吹あわぶき
술집술칩み屋, 酒場さかば
술칩み屋, 酒場さかば
술푸데呑兵衞のんべゑ, 大酒飮おほざけの
숨いき
숨골延髓えんずい
숨굴ひよめき
숨기다かく
숨끈어지다事切こときれる
숨다かくれる
숨벌保護林ほごりん
숨베기숨부기 濱栲はまごう
숨부기濱栲はまごう
숨부기낭濱栲はまごう
숨북낭숨부기낭 濱栲はまごう
숨북이수박이 いっぱい
숨비기숨부기 濱栲はまごう
숨비소리海女あまの口笛くちぶえ, 磯笛いそぶえ, 嘯歎いそなげ
숨빡いっぱい
숨빡ᄒᆞ다いっぱいだ
숨뿍たっぷり
숨뿍이수박이 いっぱい
숨쉬다呼吸こきふする, 息いきをする
숨조기낭술조기남 泡吹あわぶき
숨주기낭술조기남 泡吹あわぶき
숨통氣管きくわん
숨풀수풀はやし
숩はやし
숫1すみ
숫2かみの毛の量りゃう, 嵩かさ
숫3ユッ, 遊戲用の四本一組の棒
숫검뎅이すみの煤すす
숫놈1をす
숫놈2숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫다리숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫도절귀숫돌철귀 肘金ひぢがね
숫돌철귀肘金ひぢがね
숫막炭小屋すみごや
숫봉테숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫붕이숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫붕제숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫붕테純朴じゅんぼくな人ひと
숫사름숫붕테 純朴じゅんぼくな人ひと
숫장시炭屋すみや
숫장ᄉᆞ炭賣すみう
숫치애숫치에 丸瓦まるがはら, 牡瓦をがはら
숫치에丸瓦まるがはら, 牡瓦をがはら
숫코のろを獲る罠わなの一種いっしゅ
숫톳수톳 雄豚をすぶた
숫하다數多かずおほ
숭1(豚の)ばら肉にく, 胸むねの下部かぶから腹部ふくぶまでの肉にく
숭2眞似まね
숭3缺點けってん
숭개마농송개마농 大蒜にんにく
숭개비숭게비 大蒜にんにく
숭검巡檢じゅんけん
숭게마농송개마농 大蒜にんにく
숭게비大蒜にんにく
숭구데기眞似まね
숭구데기털다眞似まね
숭굴숨굴 ひよめき
숭기다숨기다かく
숭년凶年きょうねん, 凶作きょうさくの年とし
숭눙お焦げ湯, スンニュン, 釜かまにこびり付いたご飯はんに水みづをかけふやかしてこそげ取ったもの
숭눙물숭눙 お焦げ湯, スンニュン, 釜かまにこびり付いたご飯はんに水みづをかけふやかしてこそげ取ったもの
숭매신승매신あさの草鞋わらぢ
숭머리鳩尾みぞおち
숭물다리身體障害者しんたいしゃうがいしゃ
숭보다缺點けってんをあげつらふ
숭상ᄒᆞ다수상ᄒᆞ다あやしい
숭악ᄒᆞ다凶惡きょうあく
숭어숭에ぼら
숭에ぼら
숭키다숨기다かく
숭털다眞似まね
숭틀다숭털다 眞似まね
쉐うし
쉐가죽牛革ぎうがは
쉐가죽보선牛革ぎうがはの履き物もの
쉐것うしの餌ゑさ
쉐것통うしの餌ゑさとなる草くさを入れる桶をけ
쉐게낭小豆梨あづきなし
쉐경소경 盲人まうじん
쉐고기牛肉ぎうにく
쉐고토래쉐콧ᄃᆞᆯ레 鼻輪はなわ, 鼻木はなぎ
쉐곤밥長葉鰻攫ながばのうなぎつかみ
쉐골배鼻綱はなづな, 面綱おもづな
쉐군벗火皿貝ひざらがひの一種いっしゅ
쉐궤기쉐고기 牛肉ぎうにく
쉐귀낭山桃やまもも
쉐ᄀᆞᆯ갱이かま
쉐녹대鼻綱はなづな, 面綱おもづな
쉐닥낭닥낭 赤芽槲あかめがしは
쉐똥うしの糞ふん
쉐마귀쉐막 牛舍ぎうしゃ
쉐마타슬になの一種いっしゅ
쉐막牛舍ぎうしゃ
쉐막사리쉐막 牛舍ぎうしゃ
쉐방에(牛馬に碾かせる)碾臼ひきうす
쉐상벌사상벌 紋雀蜂もんすずめばち
쉐새끼仔牛こうし
쉐석鼻綱はなづな, 面綱おもづな
쉐스랑股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
쉐스랑꼿靫草うつぼぐさ
쉐스렁쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
쉐시랑쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
쉐시렁쉐스랑 股鍬またぐは, 鐵製熊手鍬てつせいくまでぐは
쉐오랑うしの荷鞍にぐらについてゐる腹帶はらおび
쉐오량쉐오랑うしの荷鞍にぐらについてゐる腹帶はらおび
쉐왕牛舍ぎうしゃ
쉐우리にら
쉐죽わらを刻きざみ大豆だいづなどを混ぜて煮込にこんだ牛うしの飼料しれう
쉐줄솜비줄 引綱ひきづな, 牛馬ぎうばに犁すきなどをつなぐ繩なは
쉐질메うしの荷鞍にぐら
쉐콥牛脂ぎうし
쉐콧ᄃᆞᆯ레鼻輪はなわ, 鼻木はなぎ
쉐태우리쉐테우리 牛飼うしか
쉐터럭うしの毛草けぐさ
쉐테우리牛飼うしか
쉐ᄑᆞ름쉣ᄇᆞ름 口笛くちぶえ
쉐ᄑᆞ리し蠅ばへ
쉐한줄솜비줄 引綱ひきづな, 牛馬ぎうばに犁すきなどをつなぐ繩なは
쉐해치쉐헤치 丑年うしどし
쉐헤치丑年うしどし
쉐후리쉐우리にら
쉑이다속이다だま
쉑임질だますこと
쉘사리쉽싸리 蓍萩めどはぎ
쉡싸리箒木はうきぎ
쉡씨無肥料栽培種子むひれうさいばいしゅし
쉣ᄇᆞ름口笛くちぶえ
쉬1あん, 具
쉬2しらみの卵たまご
쉬3수워にはとりを追ふ聲こゑ
쉬다1える
쉬다2やす
쉬다3呼吸こきふする, 嗄れる, 息いきをする
쉬돌림休耕きうかう
쉬멍쉬멍やすみ休やす
쉬싸다はへが卵たまごを産み付ける
쉬양ᄄᆞᆯ수양ᄄᆞᆯ 養女やうぢょ
쉬양아ᄃᆞᆯ수양아ᄃᆞᆯ 養子やうし, 里子さとご
쉬양아방수양아방 養父やうふ
쉬양어멍수양어멍 養母やうぼ
쉬염ひげ
쉬우다(布を)研ぎ汁じるに浸ひた
쉬웁다쉽다やさしい
쉬정수정かず
쉬치레수치레 幸運かううんに巡めぐり會ふこと
쉬ᄑᆞ리肉蠅にくばへ
쉰五十ごじふ
쉰다리シンダリ, 米こめを醗酵はっかうさせたヨーグルト風飮料ふういんれう
쉰밥えた飯めし
쉰작순작うづら
쉼벡ᄒᆞ다1심벡ᄒᆞ다きそ
쉼벡ᄒᆞ다2심벡ᄒᆞ다きそ
쉽다やさしい
쉽사리簡單かんたんに, たやすく
쉽싸리蓍萩めどはぎ
슁매신승매신あさの草鞋わらぢ
슝계惡巧わるだく
스굼푸すき, 踏み鍬ぐは
스님시님 お坊ばうさま
스르르すうっと, するっと, そっと
스르릉스르릉ぎこぎこ
스물수물 二十にじふ
스믈스믈むずむず, もぞもぞ
슥식 ドール, 山猫やまねこ, 赤狼あかおほかみ
슬강슬강1ごりごり
슬강슬강2しゅっしゅと(研ぐ)
슬강슬강3실강실강 しゅっしゅと(研ぐ)
슬강슬강4실강실강 ちゃらちゃら
슬개실게 膽嚢たんなう
슬게실게 膽嚢たんなう
슬랑슬랑1さっさと
슬랑슬랑2ちゃらちゃら
슬짝슬짝素早すばやく, こっそり
슬프다실프다いや
슬피おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
슬흔ᄊᆞᆯ精白米せいはくまい
습격ᄒᆞ다襲撃しふげきする
습관習慣しふくわん
습기濕氣しっけ
습종あしにできる腫れ物もの
습지濕地しっち
습ᄌᆞ習字しふじ
승매신あさの草鞋わらぢ
싀서みっつの
싀굽이진사데草取くさとり歌うたの一ひと
싀물수물 二十にじふ
싓셋みっ
싕매신승매신あさの草鞋わらぢ
시
시-첫째みっつの
시おしっこ
시간時間じかん
시게돌림流行病はやりやまひ
시구룽ᄒᆞ다若干酸じゃくかんすっぱい
시궁굴汚水溜をすいだまり, ぬかるみ
시궁창汚水溜をすいだまり, ぬかるみ
시금지다若干酸じゃくかんすっぱい
시금초시금치 菠薐草はうれんさう
시금추시금치 菠薐草はうれんさう
시금치菠薐草はうれんさう
시금치랑ᄒᆞ다(食べ物が饐えて)むかつくほど味あぢ・匂にほひが酸っぱい
시금트랑ᄒᆞ다あぢが少すこし酸っぱく澁しぶ
시기다1식이다ます
시기다2시키다 させる
시깍신세깍신 喪中もちゅうに履く草鞋わらぢ
시끄다む, 載せる
시끄럽다うるさい, 喧やかましい, 騷々さうざうしい
시끄릅다시끄럽다 うるさい, 喧やかましい, 騷々さうざうしい
시녁가다とつぐ, 嫁入よめいりする
시님お坊ばうさま
시다1っぱい
시다2세다かぞへる
시다3잇다 ある, 居
시대時代じだい
시두에ᄒᆞ다くるしむ
시들다しをれる
시들시들しをれた樣子やうす
시따그네すぐに, 後あとで, 時々ときどき, 時折ときをり
시땅시따그네 すぐに, 後あとで, 時々ときどき, 時折ときをり
시라미시러미 岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시랑시랑ᄒᆞ다勢力せいりょく・權力けんりょくがある
시러미岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시럼비시러미 岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시렁개岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시레기乾葉ひば&干葉ひば
시로미시러미 岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시루미시러미 岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시룩쿨箒木はうきぎ
시르다실르다む, 載せる
시르미시러미 岩高蘭がんかうらんの實, 岩高蘭がんかうらん
시륵시륵(節々が)ずきずき
시름うれひ, 惱なや
시리こしき, 蒸し器
시리떡(通常小豆をまぶしたケーキ風の)蒸し餠もち
시물수물 二十にじふ
시발쉐시발쒜 三脚さんきゃく, 五徳ごとく
시발쒜三脚さんきゃく, 五徳ごとく
시상세상の中なか
시수세수 洗面せんめん
시숫대양세숫대양 洗面器せんめんき
시숫ᄉᆞ레세숫ᄉᆞ레 洗面器せんめんき
시시리실피心行こころゆくまで
시양시양そよそよ
시언허다시원ᄒᆞ다 さっぱりしてゐる, すっきりしてゐる, はっきりしてゐる, 涼すずしい, 清々すがすがしい, 爽さはやかだ
시엄1쉬염ひげ
시엄2試驗しけん
시염1쉬염ひげ
시염2시엄 試驗しけん
시영어멍수양어멍 養母やうぼ
시우시호 柴胡さいこ
시우롱ᄒᆞ다若干酸じゃくかんすっぱい
시우초시호 柴胡さいこ
시원허다시원ᄒᆞ다 さっぱりしてゐる, すっきりしてゐる, はっきりしてゐる, 涼すずしい, 清々すがすがしい, 爽さはやかだ
시원ᄒᆞ다さっぱりしてゐる, すっきりしてゐる, はっきりしてゐる, 涼すずしい, 清々すがすがしい, 爽さはやかだ
시월十月じふぐわつ
시월ᄃᆞᆯ十月じふぐわつ
시위出水でみづ, 洪水こうずい
시인詩人しじん
시작ᄒᆞ다はじめる
시장市場いちば, 市いち
시장기空腹くうふく
시장ᄒᆞ다はらが減ってゐる
시절季節きせつ, 時節じせつ, 頃ころ
시주그랑ᄒᆞ다肌寒はださむい, 薄うすら寒さむ
시처렁ᄒᆞ다冷涼れいりゃう
시철시절 季節きせつ, 時節じせつ, 頃ころ
시치다싯다からだを洗あらふ, 洗あら
시키다させる
시험시엄 試驗しけん
시호1柴胡さいこ
시호2吾亦紅われもかう
식ドール, 山猫やまねこ, 赤狼あかおほかみ
식개식게 忌祭きさい
식게忌祭きさい
식게멩질年忌ねんき, 法事ほふじ, 追善ついぜん
식고넹이山猫やまねこ
식구家族かぞく
식귀식구 家族かぞく
식낭1青木あをき
식낭2しろだも
식다える
식당食堂しょくだう, レストラン
식사食事しょくじ
식식うし・豚等ぶたとうを追ふ聲こゑ
식은ᄄᆞᆷ선ᄄᆞᆷや汗あせ
식은밥や飯めし
식이다ます
식킹이背に黒と茶の模樣のある蟹
식히다식이다ます
신くつ
신기다신지다かせる
신기ᄒᆞ다不思議ふしぎ
신깍신あさの草鞋わらぢ
신남1식낭しろだも
신남2식낭 青木あをき
신낭1식낭 青木あをき
신낭2식낭しろだも
신ᄂᆞᆯ草鞋の底に縱に入ってゐる筋
신다
신달레신ᄃᆞᆯ위 雄躑躅をんつつじ
신달레꼿진달레꼿 躑躅つつじ
신달레낭신ᄃᆞᆯ위 雄躑躅をんつつじ
신돌씬돌 砥石といし
신ᄃᆞᆯ위雄躑躅をんつつじ
신랑新郎しんらう
신명나다きょうが沸
신바람신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
신바람꾼使つかひ, 使つかひの者もの
신발くつ
신방우럭高麗鎧目張かうらいよろひめばる
신벡ᄒᆞ다심벡ᄒᆞ다きそ
신부新婦しんぷ
신부름신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
신부름꾼신바람꾼 使つかひ, 使つかひの者もの
신비ᄒᆞ다神祕的しんぴてき
신ᄇᆞ룸신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
신ᄇᆞ름お使つかひ, 使つかひ走はし
신ᄇᆞᄅᆞᆷ신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
신사라眞麻蘭まをらん, ニュー西蘭さいらん
신사란신사라 眞麻蘭まをらん, ニュー西蘭さいらん
신새데기犬樫いぬがし
신샛ᄇᆞ름北東風ほくとうふう
신선神仙しんせん
신속신숙 男蓬をとこよもぎ
신숙男蓬をとこよもぎ
신의성방シャーマン, 巫女みこ
신재생에너지再生さいせいエネルギー, 再生可能さいせいかのうエネルギー
신조기白口しろぐち, 石持いしもち
신지다かせる
신착궤기朝鮮てうせんげんこ, 牛うしの舌した
신착어렝이笹之葉倍良ささのはべらの雄をす, 星笹之葉倍良ほしささのはべら
신첩살렴新所帶しんじょたい, 新所帶あらじょたい
신청申請しんせい
싣다실르다む, 載せる
실いと
실강실강1ぼりぼり
실강실강2しゅっしゅと(研ぐ)
실강실강3ちゃらちゃら
실개실게 膽嚢たんなう
실거리남씰거리낭 蛇結茨じゃけついばら
실거리낭씰거리낭 蛇結茨じゃけついばら
실겅듬북海草かいさうの一種いっしゅ
실게膽嚢たんなう
실겡이듬북やし用ようの海草かいさうの一種いっしゅ
실겨보다横目よこめで睨にら
실고사리蟹草かにくさ
실구다にら
실긋실긋ぎょろぎょろ, じろじろ
실기다실구다にら
실ᄀᆞ메게海蜷うみにな
실끗실컷おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
실다실르다む, 載せる
실도로기씰도로기まるく卷いた絲いとの束たば
실러하다きら
실렵다つめたい
실르다む, 載せる
실리다1たふれる, 崩くづれる
실리다2씰리다 麻痺まひする
실립다실렵다つめたい
실멕血脈けつみゃく
실물ᄒᆞ다くし物ものをする
실ᄆᆞ작쿨蔓蟻通つるありどほ
실밥씰밥ひ目
실어렝이술멩이 青倍良あをべら
실장의白子鰻しらすうなぎ
실짝실짝いやいや, しぶしぶ
실천ᄒᆞ다實踐じっせんする
실컷おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
실큰실컷おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
실큿실컷おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
실트락실트락いやいや, しぶしぶ
실팝씰밥ひ目
실패씰패 絲卷いとま
실푸다실프다いや
실프다いや
실피슬피おもふ存分ぞんぶん, 思おもひ切
실흔ᄊᆞᆯ슬흔ᄊᆞᆯ 精白米せいはくまい
실ᄒᆞ다丈夫ぢゃうぶだ, 健康けんかう
심ちから, 強つよ
심그다심다ゑる
심낭식낭 青木あをき
심내다頑張ぐわんば
심다1つかまへる, 掴つかむ, 握にぎ
심다2ゑる
심바람신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
심바람꾼신바람꾼 使つかひ, 使つかひの者もの
심바람ᄒᆞ다お使つかひする, 使つかひ走はしりする
심방シャーマン, 巫女みこ
심방겡이심방깅이 二星石蟹ふたほしいしがに
심방긍이심방깅이 二星石蟹ふたほしいしがに
심방깅이二星石蟹ふたほしいしがに
심방ᄀᆞ메기黒漬貝くろづけがひ
심방나비揚羽蝶あげはてふ, 竝揚羽なみあげは
심방만축精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
심방말축심방만축 精靈蝗蟲しゃうりゃうばった
심방보말黒漬貝くろづけがひ
심방복縞河豚しまふぐ
심방복젱이심방복 縞河豚しまふぐ
심벡ᄒᆞ다1競爭きゃうさうする
심벡ᄒᆞ다2きそ
심부름신ᄇᆞ름 お使つかひ, 使つかひ走はし
심부름꾼신바람꾼 使つかひ, 使つかひの者もの
심숭ᄒᆞ다심심ᄒᆞ다 退屈たいくつ
심심ᄒᆞ다退屈たいくつ
심쓰다ちからを盡くす
심어ᄃᆞᆼ기다き寄せる, 引
심줄けん
심지씸지 燈心とうしん, 芯しん
심ᄒᆞ다ひど
십じふ
십관습관 習慣しふくわん
십덥게鱗平目こけびらめ
십수매(馬の)十歳じっさい
십일월十一月じふいちぐわつ
십ᄌᆞ바지股開またひらき, 子供用こどもようの股またの開いたズボン
싯셋みっ
싯깅이식킹이 背に黒と茶の模樣のある蟹
싯다1からだを洗あらふ, 洗あら
싯다2잇다とどまる, 殘のこ
싯다3잇다 ある, 居
싯사레세숫ᄉᆞ레 洗面器せんめんき
싱겁다あぢが薄うす
싱그다심다ゑる
싱싱ᄒᆞ다1시랑시랑ᄒᆞ다 勢力せいりょく・權力けんりょくがある
싱싱ᄒᆞ다2いきがいい, 新鮮しんせん
싱크대なが
ᄉᆞ
ᄉᆞ가私宅したく
ᄉᆞ가웨絲瓜へちま
ᄉᆞ각四角しかく
ᄉᆞ건事件じけん, 出來事できごと
ᄉᆞ고事故じこ
ᄉᆞ궤맞춤蟻繼ありつ
ᄉᆞ귀다사귀다き合
ᄉᆞ껀ᄉᆞ건 事件じけん, 出來事できごと
ᄉᆞ꼬다間引まびきする, 間引まび
ᄉᆞ끄다ᄉᆞ꼬다 間引まびきする, 間引まび
ᄉᆞ끼なは
ᄉᆞ나이1소나의をっと
ᄉᆞ나이2소나이をとこ
ᄉᆞ니의1소나의をっと
ᄉᆞ니의2소나이をとこ
ᄉᆞ다{立}사다まる, 立
ᄉᆞ다리사드레 梯子はしご
ᄉᆞ답서답 洗濯せんたく
ᄉᆞ답구덕洗濯籠せんたくかご
ᄉᆞ답마께서답마께 砧槌きぬたづち
ᄉᆞ당ほこら
ᄉᆞ라기碎米さいまい
ᄉᆞ라기눈ᄉᆞ레기눈あられ
ᄉᆞ락눈ᄉᆞ레기눈あられ
ᄉᆞ락ᄉᆞ락(あられが)ぱらぱら
ᄉᆞ랑あい
ᄉᆞ랑간ᄉᆞ랑방 客間兼書齋きゃくまけんしょさい
ᄉᆞ랑방客間兼書齋きゃくまけんしょさい
ᄉᆞ레기ᄉᆞ라기 碎米さいまい
ᄉᆞ레기눈あられ
ᄉᆞ렴ᄉᆞ렴じっくり
ᄉᆞ뤠다ᄉᆞᆯ루다まうし上げる
ᄉᆞ르르するりと(ほどける)
ᄉᆞ리1ᄉᆞ이あひだ
ᄉᆞ리2ᄉᆞ시 近所きんじょ
ᄉᆞ망1い商運しゃううん
ᄉᆞ망2死亡しばう
ᄉᆞ모後部左右こうぶさいうに羽はねのついた烏帽子えぼし
ᄉᆞ못ᄉᆞ뭇まったく, ひたすら, 思おもひ切
ᄉᆞ무事務じむ
ᄉᆞ뭇まったく, ひたすら, 思おもひ切
ᄉᆞ미そで
ᄉᆞ방四方しはう
ᄉᆞ범師範しはん
ᄉᆞ변事變じへん
ᄉᆞ상思想しさう
ᄉᆞ생활私生活しせいくわつ
ᄉᆞ셍死生しせい
ᄉᆞ수(馬の)四歳よんさい
ᄉᆞ수마ᄉᆞ쉬매 (馬の)四歳よんさい
ᄉᆞ수매ᄉᆞ쉬매 (馬の)四歳よんさい
ᄉᆞ쉬ᄉᆞ수 (馬の)四歳よんさい
ᄉᆞ쉬매(馬の)四歳よんさい
ᄉᆞ시1ᄉᆞ이あひだ
ᄉᆞ시2近所きんじょ
ᄉᆞ신요왕わだつみ
ᄉᆞ실事實じじつ
ᄉᆞᄉᆞᆺ집私宅したく
ᄉᆞ앵이소왕이 唐野薊からのあざみ
ᄉᆞ양辭退じたい, 遠慮ゑんりょ
ᄉᆞ양ᄒᆞ다辭退じたいする, 遠慮ゑんりょする
ᄉᆞ왕이소왕이 唐野薊からのあざみ
ᄉᆞ용使用しよう
ᄉᆞ용ᄒᆞ다使用しようする
ᄉᆞ월四月しぐわつ
ᄉᆞ유1事由じいう
ᄉᆞ유2私有しいう
ᄉᆞ을사흘 三日みっか(間)
ᄉᆞ이1ᄉᆞ시 近所きんじょ
ᄉᆞ이2あひだ
ᄉᆞ이3なか
ᄉᆞ이좋다なかが良
ᄉᆞ장寺子屋てらこやの先生せんせい
ᄉᆞ정事情じじゃう
ᄉᆞ주보다ᄉᆞ쥐보다 四柱しちゅうを見
ᄉᆞ주쎄다ᄉᆞ쥐쎄다 星囘ほしまはりがよくない
ᄉᆞ쥐보다四柱しちゅうを見
ᄉᆞ쥐쎄다星囘ほしまはりがよくない
ᄉᆞ춘從兄弟いとこ
ᄉᆞ토리ᄉᆞ투리なま
ᄉᆞ투리なま
ᄉᆞ퉤辭退じたい
ᄉᆞ환使つかひ走はし
ᄉᆞ훼司會しくわい
ᄉᆞᆨ식 ドール, 山猫やまねこ, 赤狼あかおほかみ
ᄉᆞᆫ일ち仕事しごと
ᄉᆞᆫ지레った時ときの背丈せたけ
ᄉᆞᆮ다こぼす, 流なが
ᄉᆞᆮ아지다こぼれる
ᄉᆞᆯ1かは, 皮膚ひふ, 肉にく, 肌はだ
ᄉᆞᆯ2설 〜歳さい[1歳、2歳]
ᄉᆞᆯ가죽ᄉᆞᆯ카죽 皮膚ひふ, 皮かは, 肌はだ
ᄉᆞᆯ궤ᄉᆞᆯ귀あんず
ᄉᆞᆯ귀あんず
ᄉᆞᆯ그랭이そっくり
ᄉᆞᆯ근ᄃᆞᆯ다耳語じごし合
ᄉᆞᆯ기ᄉᆞᆯ귀あんず
ᄉᆞᆯ래기솔나니 甘鯛あまだひ, 赤甘鯛あかあまだひ
ᄉᆞᆯ롭다ᄉᆞᆯ루다まうし上げる
ᄉᆞᆯ루다まうし上げる
ᄉᆞᆯ리しも
ᄉᆞᆯ메はだの肌理きめ
ᄉᆞᆯ므다1ᄉᆞᆷ다く, 燃やす
ᄉᆞᆯ므다2ゆで
ᄉᆞᆯ보리裸麥はだかむぎ
ᄉᆞᆯ빠지다せる
ᄉᆞᆯ오리ᄉᆞᆯ보리 裸麥はだかむぎ
ᄉᆞᆯ우다
ᄉᆞᆯ우리ᄉᆞᆯ보리 裸麥はだかむぎ
ᄉᆞᆯ작살작み上げ, 鬢びん
ᄉᆞᆯ지다1ふと
ᄉᆞᆯ지다2ふとってゐる
ᄉᆞᆯ짝そっと, こっそり
ᄉᆞᆯ짝이ᄉᆞᆯ짝 そっと, こっそり
ᄉᆞᆯ째기ᄉᆞᆯ짝 そっと, こっそり
ᄉᆞᆯ짹이ᄉᆞᆯ짝 そっと, こっそり
ᄉᆞᆯ쩨기ᄉᆞᆯ짝 そっと, こっそり
ᄉᆞᆯ치다1ᄉᆞᆯ지다ふと
ᄉᆞᆯ치다2ᄉᆞᆯ지다ふとってゐる
ᄉᆞᆯ카죽皮膚ひふ, 皮かは, 肌はだ
ᄉᆞᆯ칵松秀まつほ
ᄉᆞᆯ캥이山猫やまねこ
ᄉᆞᆯ타귀살타귀しわ
ᄉᆞᆯ피다さぐる, 窺うかがふ, 見
ᄉᆞᆱ다1ᄉᆞᆷ다く, 燃やす
ᄉᆞᆱ다2ᄉᆞᆯ므다ゆで
ᄉᆞᆷ1세미いづみ
ᄉᆞᆷ2朝鮮人參てうせんにんじん, お種人參たねにんじん
ᄉᆞᆷ다1く, 燃やす
ᄉᆞᆷ다2ᄉᆞᆯ므다ゆで
ᄉᆞᆷ둘째いづみ
ᄉᆞᆷ빡いっぱい
ᄉᆞᆷ뽁ᄉᆞᆷ빡 いっぱい
ᄉᆞᆷ뿍ᄉᆞᆷ빡 いっぱい
ᄉᆞᆷ지다み込
ᄉᆞᆷ키ᄉᆞᆼ키 野菜やさい, 青菜あをな
ᄉᆞᆷ키다ᄉᆞᆷ지다み込
ᄉᆞᆷ통いづみ
ᄉᆞᆺなは
ᄉᆞᆺᄂᆞ끼なは
ᄉᆞᆺ메끼ᄉᆞᆺᄂᆞ끼なは
ᄉᆞᆼ코리송코리 ざる
ᄉᆞᆼ쿠리송코리 ざる
ᄉᆞᆼ키野菜やさい, 青菜あをな
ᄉᆞᆼ키구덕野菜やさいや海藻類かいさうるいを入れる籠かご
ᄉᆞᆼ키칼包丁はうちゃう
싸다1
싸다2つつ
싸다3(大小便を)垂れる
싸다4つむ
싸다5み付ける
싸다6(火を)付ける, (鋸で)挽
싸다7
싸다8やす
싸우다喧嘩けんくわする, 戰たたかふ, 爭あらそ
싸움たたか
싹
쌀1ᄊᆞᆯこめ
쌀2惡鬼あくき
쌀3(扇の)骨ほね, 棧さん
쌀대矢柄やがら, 箆
쌀문格子戸かうしど
쌉다싸우다 喧嘩けんくわする, 戰たたかふ, 爭あらそ
쌍동이雙子ふたご
쌍둥이쌍동이 雙子ふたご
쌍따비雙刃ふたばの短身踏鋤たんしんふみすき
쌍일肉體勞働にくたいらうどう
쌩쌩ᄒᆞ다新鮮しんせん
쌩일쌍일 肉體勞働にくたいらうどう
써글라ᄒᆞ다つめたい
써넝ᄒᆞ다つめたい
썩づつ
썩다くさ
썰다きざ
썰메そり
썹섭
썽いか
썽나다성나다おこ
썽내다おこ
쎄다1つよ
쎄다2かた
쏘가지소가지 性根しゃうね, 根性こんじゃう
쏘곱1소곱なか(固體、流體等)
쏘곱2소곱 内容ないよう, 中味なかみ
쏘나기夕立ゆふだち, にはか雨あめ
쏘네기쏘나기 夕立ゆふだち, にはか雨あめ
쏘다る, 撃
쏘미다쏠다かじ
쏙1속なか(固體、流體等)
쏙2속 内容ないよう, 中味なかみ
쏙다1속다だまされる
쏙다2속다 ひどく苦勞くらうする, 努つとめる, 往生わうじゃうする
쏙치메속치메 アンダースカート, ペチコート
쏟다솓다 こぼす
쏠다かじ
쏨씨腕前うでまへ
쏭쏭쏭쏭ぐっすり, すやすや
쏲1속なか(固體、流體等)
쏲2속 内容ないよう, 中味なかみ
쑤무수무 二十にじふ
쑤물수물 二十にじふ
쑤시다수시다し込
쒜1てつ
쒜2羅針盤らしんばん
쒜곤자리箒木はうきぎ
쒜군벗쉐군벗 火皿貝ひざらがひの一種いっしゅ
쒜기쒜와기 いらくさ
쒜ᄀᆞᆯ겡이쉐ᄀᆞᆯ갱이かま
쒜나기쏘나기 夕立ゆふだち, にはか雨あめ
쒜네기쏘나기 夕立ゆふだち, にはか雨あめ
쒜눈金屬性磯眼鏡きんぞくせいいそめがね
쒜마께金槌かなづち
쒜모람姫木蓮子ひめいたび
쒜미다쏠다かじ
쒜베낭三葉空木みつばうつぎ
쒜보말酢貝すがひ
쒜복젱이箱河豚はこふぐ
쒜비놈쒜비눔 滑莧すべりひゆ
쒜비눔滑莧すべりひゆ
쒜비늠쒜비눔 滑莧すべりひゆ
쒜손泥鏝でいまん, 鏝こて
쒜아기쒜와기 いらくさ
쒜와기いらくさ
쒜정동はすの葉葛はかづら
쒜처리鍛冶屋かぢや
쒜푼はした金がね
쒝이다속이다だま
쒯대かぎ
쒸시다し込
쒸쓸다쉬싸다はへが卵たまごを産み付ける
쓰다1
쓰다2使つかふ, 用もちゐる
쓰다3かぶ
쓰다4しぶい, 苦にが
쓰러지다たふれる
쓰러치우다たふ
쓰레기くづ, ごみ
쓰레박ちりとり
쓰이다使つかはれる
쓴부루케蒲公英たんぽぽ
쓸것かぶり物もの
쓸다1でる
쓸다2
쓸다3싸다み付ける
쓸돌씬돌 砥石といし
쓸리다씰리다 麻痺まひする
씌러지다쓰러지다たふれる
씨種子しゅし, 種たね
씨 ᄆᆞᆯ르다姿すがたを消
씨가 지다え去
씨견수견 女性用褌ぢょせいようふんどし, (傳統的な)パンティー
씨궨당をっとの親戚しんせき
씨끄다시끄다む, 載せる
씨녁とつぎ先さき
씨누의をっとの姉妹しまい
씨누의성제(女をんなの)義理ぎりの姉妹しまい
씨누이씨누의をっとの姉妹しまい
씨다1쎄다つよ
씨다2쓰다しぶい, 苦にが
씨다3쓰다
씨다4쓰다かぶ
씨다5쓰다 使つかふ, 用もちゐる
씨다6쎄다かた
씨동생をっとの弟おとうと
씨동셍씨동생をっとの弟おとうと
씨동싕씨동생をっとの弟おとうと
씨러지다쓰러지다たふれる
씨레기쓰레기くづ, ごみ
씨롬相撲すまふ
씨름씨롬 相撲すまふ
씨부모舅姑きうこ
씨부찌다播種はしゅする
씨삐다播種はしゅする
씨아방しうと(夫の父)
씨아버지씨아방しうと(夫の父)
씨아주방씨아지방をっとの兄あに
씨아지방をっとの兄あに
씨앗をっとの妾めかけ
씨앗이綿繰わたくり車ぐるま, 綿車わたぐるま
씨앗이무르레綿繰わたくり車ぐるま, 綿車わたぐるま
씨어머니씨어멍しうとめ(夫の母)
씨어멍しうとめ(夫の母)
씨왓씨앗をっとの妾めかけ
씨원하다시원ᄒᆞ다 さっぱりしてゐる, すっきりしてゐる, はっきりしてゐる, 涼すずしい, 清々すがすがしい, 爽さはやかだ
씨원ᄒᆞ다시원ᄒᆞ다 さっぱりしてゐる, すっきりしてゐる, はっきりしてゐる, 涼すずしい, 清々すがすがしい, 爽さはやかだ
씨집とつぎ先さき, 嫁入よめい
씨집가다とつぐ, 嫁入よめいりする
씨하르방祖父そふ(夫の祖父)
씨할망祖母そぼ(夫の祖母)
씬데기酢貝すがひ
씬돌砥石といし
씬부루ほろ苦にがい味あぢの土着どちゃくの萵苣ちしゃ
씬부루케쓴부루케 蒲公英たんぽぽ
씰실いと
씰가레기いとを丸まるく卷いたもの, 苧環をだまき
씰거리낭蛇結茨じゃけついばら
씰게실게 膽嚢たんなう
씰깔락綾取あやと
씰꼬리씰꾸리いとを丸まるく卷いたもの, 苧環をだまき
씰꾸리いとを丸まるく卷いたもの, 苧環をだまき
씰다1쓸다でる
씰다2쓸다
씰도로기まるく卷いた絲いとの束たば
씰돌씬돌 砥石といし
씰뒈쓸락綾取あやと
씰떼기綾取あやと
씰리다麻痺まひする
씰밥ひ目
씰ᄈᆞᆸ다いとを紡つむぎ出
씰어렝이1絲倍良いとべら
씰어렝이2赤笹之葉倍良あかささのはべら
씰팝씰밥ひ目
씰패絲卷いとま
씰페씰패 絲卷いとま
씸けん
씸줄심줄けん
씸지燈心とうしん, 芯しん
씹女性器ぢょせいき(卑語)
씹거울씹거웃 (女性の)陰毛いんもう, マン毛
씹거웃(女性の)陰毛いんもう, マン毛
씹꺼럭씹터럭 (女性の)陰毛いんもう
씹다咀嚼そしゃくする, 嚼
씹두더니恥丘ちきう
씹ᄌᆞᄉᆞᆯ小陰脣せういんしん
씹터럭(女性の)陰毛いんもう
씹털씹터럭 (女性の)陰毛いんもう
씻ᄂᆞᆷ삐採種用さいしゅようの大根だいこん
씻다싯다からだを洗あらふ, 洗あら
씽씽ᄒᆞ다싱싱ᄒᆞ다 いきがいい, 新鮮しんせん
ᄊᆞ는물레絲繰いとくり車ぐるま, 絲車いとぐるま
ᄊᆞ다1싸다つつ
ᄊᆞ다2싸다 (大小便を)垂れる
ᄊᆞ다3싸다つむ
ᄊᆞ다4싸다 (火を)付ける, (鋸で)挽
ᄊᆞ다5싸다やす
ᄊᆞ리비차락萩箒はぎばうき
ᄊᆞᆯこめ
ᄊᆞᆯ개풀ᄊᆞᆯ궤꼿すみれ
ᄊᆞᆯ구쟁이榮螺さざえの子供こども
ᄊᆞᆯ궤꼿すみれ
ᄊᆞᆯ궤풀ᄊᆞᆯ궤꼿すみれ
ᄊᆞᆯ대죽つぶが大おほきめの蜀黍もろこし
ᄊᆞᆯ대축ᄊᆞᆯ대죽つぶが大おほきめの蜀黍もろこし
ᄊᆞᆯ뒤주두지 米櫃こめびつ
ᄊᆞᆯ물干潮かんてう
ᄊᆞᆯ싯은물とぎ汁じる
ᄊᆞᆯ집ᄊᆞᆯ칩 米屋こめや
ᄊᆞᆯ칩米屋こめや
ᄊᆞᆱ다ゆで
ᄊᆞᆷ지煙草入たばこい