デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

13392

手足の動作

< 生活 < 活動 (人間活動−精神および行為)

朝鮮語済州方言日本語
멘손, 빈손ぶら, 素手すで
멘주먹, 빈주먹空拳くうけん, 素手すで
빈몸空身からみ
던데ぱちぱち
곤지곤지つんつん
손가락질, 손고락질うしろ指ゆび
조매조매, 좀매좀매, 조매질, 좀매질にぎにぎ
부애, 어부애おんぶ
둑지ᄆᆞᆯ肩車かたぐるま
목두し合わせ, 差し担にない, 担にない棒ぼう
종종걸음きざみ足あし, 小走こばし
안애오리, 안애고리内股うちまた
  • 13391(立ち居) ← 13392(手足の動作) → 13393(口・鼻・目の動作)

23392

手足の動作

< 生活 < 活動 (精神および行為)

朝鮮語済州方言日本語
가지다, ᄀᆞ지다, 아지다, ᄋᆞ지다る, 持
받다け取
들르다, 드르다げる, 取る, 持ち上げる, 持
바치다, 바찌다, 바치ᄒᆞ다, 바찌ᄒᆞ다そなえる, 捧ささげる
양활치다あるきながら両手りょうてを大おおきく振る, 羽搏はばた
젓다(手、首を)振る, (液体を)かき混ぜる, 漕
활젓다あるく時両手ときりょうてを前後ぜんごに振
곱다(指ゆびを)折
손ᄀᆞ르치다, 손ᄀᆞ리치다指差ゆびさ
줴다, 쥐다つかむ, 握にぎ
ᄇᆞᆯ끈줴다, 무르줴다, 무르쥐다, 불끈줴다にぎり締める
잡다, 심다つかまえる, 掴つかむ, 握にぎ
타다, ᄐᆞ다, 따다, ᄄᆞ다
앗다つまんで持って行
ᄌᆞᆸ다, 접다, 집다つま
추리다い摘つまむ, 選りすぐる
ᄐᆞᆮ다(封を)切る, 剥がす, 千切ちぎる, 摘む, 毟むしる, 食
뜯다千切ちぎる, 毟むしり取
튿다むし
ᄀᆞ로체다ひったくる, かっぱらう
붙심다つかまえる
걸리다げ縄なわで捕つかまえる
푸다(水みずの中なかから)出す, 汲
짇다, 질다
뜨다り出す, 切り取る, 掬すく
봉그다(労せずして)手に入れる, 拾ひろ
줏다ひろ
더트다, 더듬다手探てさぐりする
대다, 데다, 대이다てる, 触さわる, 触れる
ᄆᆞᆫ지다, ᄆᆞᆫ직다, ᄆᆞᆫ치다, ᄆᆞᆼ직다, 어르ᄆᆞᆫ지다, 너르ᄆᆞᆫ직다れる, 触さわ
ᄌᆞᆸ아틀다, ᄌᆞᆸ아틀루다, ᄌᆞᆸ아틀르다, ᄌᆞᆸ아들다, 틀다ひね
비틀우다, 틀루다, 틀우다, 뒈우다, 데우다, 뛔우다ねじ
ᄌᆞ골우다, ᄌᆞ골이다くすぐる
쓸다, 씰다, 어르ᄆᆞᆫ지다, 어르ᄆᆞᆫ직다でる
어릅쓸다, 어름쓸다, 어름씰다愛撫あいぶする
주물르다
걷다(雲くも・霧きりが)晴れる, 取り除ける, 捲まく
훌트다, 홀트다しごく
허댁이다, 허덱이다, 허덕이다き回まわす, 散らかす
ᄀᆞᆨ주다, 긁다く, 引っ掻
던지다, 더지다, 네끼다, 내끼다, ᄂᆞᆯ리다, 널리다, 넬리다, 데끼다, 대끼다げる, 抛ほう
메다치다, 메다부찌다背負せおい投げをして地面じめんに叩たたきつける
마치다げ付ける
ᄇᆞ리다, 버리다げ飛ばす, 棄てる
데끼다げ飛ばす
포부뜨다くっつき合う, 取っ組み合
페다ぼこぼこにする, 撲なぐ
치다つ, 撲なぐ
줴여박다拳骨げんこつを食らわす
줴여지르다, 줴지르다, 줴여질르다, 줴질르다拳骨げんこつを食らわす, ぶん殴なぐ
안다
안기다, 안지다かせる, 抱かれる
일리다こす
메다かつぐ, 背負せお
둘러메다かつ
짊다, 짊어지다背負せお
업다おぶう, 背負せお
지다背負せおう, 負
지우다わせる
엇게ᄆᆞᆯᄐᆞ다〜어께ᄆᆞᆯ타다, 어깨ᄆᆞᆯ타다, 어껫ᄆᆞᆯ타다, 정애고개ᄒᆞ다, 청고개ᄒᆞ다, 목말타다, 독지ᄆᆞᆯ타다, 둑지ᄆᆞᆯ타다肩車かたぐるまに乗
ᄇᆞᆲ다, 드듸다, 디디다, ᄇᆞᆯ르다
걷어차다, 차다, ᄎᆞ다
가달질ᄒᆞ다意地悪いじわるする, 足蹴あしげにする
절쑥거리다, 절다びっこを引