デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

朝鮮語済州方言日本語
아가あいたっ
아가기여아가 あいたっ
아가리くち(瓶の)
아강발1豚足とんそく
아강발2(蟹の)はさみ
아고게あらまあ
아구리아가리くち(瓶の)
아구셍이えら
아구ᄐᆞᆨ아귀ᄐᆞᆨあご(俗)
아굴치鮟鱇あんこう
아굴턱아귀ᄐᆞᆨあご(俗)
아굴ᄐᆞᆨ아귀ᄐᆞᆨあご(俗)
아궁이き口ぐち
아궁지아궁이き口ぐち
아귀1えら
아귀2口角こうかく
아귀3아가리くち(瓶の)
아귀찜鮟鱇あんこうのピリ辛蒸煮からむしに
아귀ᄐᆞᆨあご(俗)
아그작아그작ちょこちょこ, よたよた, よちよち
아금지손가락人差ひとさし指ゆび
아긔작아긔작아그작아그작 ちょこちょこ, よたよた, よちよち
아기あかん坊ぼう
아기구덕り籠かご
아기베다妊娠にんしんする
아기야あかちゃん, 坊ぼうや, お嬢じょうちゃん
아기업게子守こもり
아기지다流産りゅうざんする
아깃구덕아기구덕り籠かご
아까さっき
아깝다1しい, 勿体無もったいな
아깝다2可愛かわいい, 愛あいらしい
아끼다大事だいじにする, 惜しむ, 愛いとおしむ
아내つま
아니でない[否定辞], いや
아니다でない
아덜息子むすこ
아들아덜 息子むすこ
아ᄃᆞᆯ아덜 息子むすこ
아따ᄋᆞ따 おいおい, まったく
아따가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
아래알した
아레알した
아레턱알ᄐᆞᆨ 下顎したあご
아레ᄐᆞᆨ알ᄐᆞᆨ 下顎したあご
아렛모등이ふくらはぎ
아름답다うつくしい
아메도多分たぶん, 恐おそらく
아멩いくら(〜ても)
아멩ᄒᆞ다どうである(としても)
아며도どう考かんがえても, どうしても
아명아멩 いくら(〜ても)
아명ᄒᆞ다아멩ᄒᆞ다 どうである(としても)
아모1아무なんの(〜も)
아모2だれ(も)
아모가이なにがし, 誰だれそれ
아모개아모가이なにがし, 誰だれそれ
아무1なんの(〜も)
아무2아모だれ(も)
아무거なに(も)
아무것아무거なに(も)
아믜영아멩 いくら(〜ても)
아미영아멩 いくら(〜ても)
아미영ᄒᆞ다아멩ᄒᆞ다 どうである(としても)
아바지아버지ちち
아방ちち
아방펜父方ちちかた
아버지ちち
아사오다앗아오다って来る, もたらす
아스릅다しい, 勿体無もったいな
아시いもうと(同性), 弟おとうと(同性), おと(年下同性兄弟)
아시날前日ぜんじつ, 昨日きのう
아시롭다아스릅다しい, 勿体無もったいな
아시에はじめから, はなから, まるで
아쓱すこ
아씩아쓱すこ
아아ああ
아야あいたっ
아야머리탈蛇苺へびいちご
아여아야 あいたっ
아여기여いたた
아여리애이리えそ
아여시상ひどい
아연듣다お目玉めだまを食
아영ねんねんころりよ
아오셍이아구셍이えら
아올아올べ物ものを美味おいしく食べる様子ようす
아옴내腋臭わきが
아옵아홉ここの
아옷아옷(鳥などが口を)ぱくぱく
아옹にゃあ
아옹고냉이にゃんこ
아옹고넹이아옹고냉이 にゃんこ
아우셍이아구셍이えら
아웅아옹 にゃあ
아웨기草取くさとり歌うたの一ひと
아으아의, 子供こども
아으레아흐레 九日ここのか(間)
아은아흔 九十きゅうじゅう
아의, 子供こども
아의구덕아기구덕り籠かご
아의베다아기베다 妊娠にんしんする
아의지다아기지다 流産りゅうざんする
아이아의, 子供こども
아이다아니다 でない
아이모리탈아야머리탈 蛇苺へびいちご
아저가다ᄋᆞ저가다って行
아저오다って来る, もたらす
아적あさ
아접씨おじさん
아져오다아저오다って来る, もたらす
아주非常ひじょうに, 甚はなは
아주망아지망 (男の)弟おとうとの妻つま, 同性兄弟どうせいきょうだいの妻つま
아주머니おばさん
아주머님おばさん
아주방아지방 同性姉妹どうせいしまいの夫おっと
아지다1すわる, 腰掛こしかける
아지다2る, 持
아지마님(男の)兄嫁あによめ
아지망(男の)弟おとうとの妻つま, 同性兄弟どうせいきょうだいの妻つま
아지방同性姉妹どうせいしまいの夫おっと
아진대죽つぶが大おおきめの蜀黍もろこし
아진망제盲人もうじん
아진배기고장すみれ
아진배기꼿아진배기고장すみれ
아척아적あさ
아칙아적あさ
아침あさ
아침밥朝食ちょうしょく
아프다いた
아홉1(動物の)九歳きゅうさい
아홉2ここの
아홉3ここのつの
아흐레九日ここのか(間)
아흔九十きゅうじゅう
아희아의, 子供こども
악바리片意地かたいじでがめつい人ひと, ちゃっかりや
안なか(空間), 奥おく
안개きり, 靄もや
안거리母屋おもや, 複数棟のうち内棟
안게안개きり, 靄もや
안경眼鏡めがね
안공젱이内掛うちが
안기다かせる, 抱かれる
안내다안네다し上げる
안내소案内所あんないじょ
안네다し上げる
안다
안방안팡 納戸なんど, 貯蔵室ちょぞうしつ
안벡天井塗てんじょうぬ
안장くら
안적(아적)안직 まだ
안주さかな, つまみ
안주와기손가락人差ひとさし指ゆび
안주왜기발가락(足の)人差ひとさし指ゆび
안쥐안주さかな, つまみ
안쥐왜기손가락안주와기손가락 人差ひとさし指ゆび
안즈다아지다すわる, 腰掛こしかける
안지다1아지다すわる, 腰掛こしかける
안지다2안기다かせる, 抱かれる
안지리쿨浜煙草はまたばこ
안직まだ
안짐베기고장躑躅つつじ
안짐베기고장낭躑躅つつじ
안커리안거리 母屋おもや, 複数棟のうち内棟
안타깝다もどかしい, 不憫ふびんだ, 残念ざんねん
안팎거리안팟거리 主副別棟しゅふくべつむねからなる民家みんか
안팟거리主副別棟しゅふくべつむねからなる民家みんか
안팡納戸なんど, 貯蔵室ちょぞうしつ
앉다아지다すわる, 腰掛こしかける
앉주다앚지다すわらせる
앉지다앚지다すわらせる
알した
알たまご
알다っている, 知
알롱이のろの仔
알루다알리다らせる
알르다
알리다らせる
알맞다適当てきとうだ, ふさわしい
알멩이内容ないよう, 中味なかみ
알우다알리다らせる
알ᄐᆞᆨ下顎したあご
알흐다알르다
암꿩めすの雉きじ
암내아옴내 腋臭わきが
암놈바시암눈비에기쿨 目弾めはじき, 益母草やくもそう
암눈비애기쿨암눈비에기쿨 目弾めはじき, 益母草やくもそう
암눈비에기쿨目弾めはじき, 益母草やくもそう
암도절귀암돌철귀 肘壺ひじつぼ
암돌철귀肘壺ひじつぼ
암벽岩壁がんぺき
암쉐牝牛めうし&雌牛めうし
암치애암치에 牝瓦めがわら
암치에牝瓦めがわら
암캐雌犬めすいぬ
암커암컷めす
암컷めす
암코のろを獲る罠わなの一種いっしゅ
암코냉이암코넹이 雌猫めすねこ
암코넹이雌猫めすねこ
암토새기암톳 雌豚めすぶた
암토야지암톳 雌豚めすぶた
암토절귀암돌철귀 肘壺ひじつぼ
암톨쩌귀암돌철귀 肘壺ひじつぼ
암톨철귀암돌철귀 肘壺ひじつぼ
암톳雌豚めすぶた
암퇘야지암톳 雌豚めすぶた
암ᄐᆞᆨ雌鶏めんどり
암팡안팡 納戸なんど, 貯蔵室ちょぞうしつ
앗다1うば
앗다2つまんで持って行
앗아가다って行
앗아내다
앗아불다がす
앗아오다って来る, もたらす
앙개안개きり, 靄もや
앙꼬黄鮟鱇きあんこう
앙삭앙삭ばたばた, ぱくぱく
앙상ᄒᆞ다が落ちて枝えだばかりだ
앙앙きゃんきゃん
앙앙작작わいわい
앙얼ᄒᆞ다せがむ
앙업が儘まま
앙작いてせがむこと
앙팡안팡 納戸なんど, 貯蔵室ちょぞうしつ
앚다1아지다すわる, 腰掛こしかける
앚다2る, 持
앚주다앚지다すわらせる
앚지다すわらせる
앞まえ, 前方ぜんぽう
앞가르다(髪を)分ける, 分け目をつける
앞가지前輪まえわ
앞갈름가름 (髪の)分け目
앞내アムネ集落しゅうらく
앞늬앞니 前歯まえば
앞니前歯まえば
앞치메エプロン, 前掛まえか
애걔しまった, なんだ
애기아기あかん坊ぼう
애기고동栄螺さざえの子供こども
애기구덕아기구덕り籠かご
애기야아기야あかちゃん, 坊ぼうや, お嬢じょうちゃん
애기억궤아기업게 子守こもり
애기업게아기업게 子守こもり
애깃구덕아기구덕り籠かご
애끼다아끼다 大事だいじにする, 惜しむ, 愛いとおしむ
애따ᄋᆞ따 おいおい, まったく
애따가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
애따ᄀᆞ라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
애무ᄒᆞ다くやしい
애이리えそ
애초はじ
액액げえげえ, うえっ
야はい
야단치다1やたらに騒さわ
야단치다2しか
야심野心やしん
야쓱야씩 しばらくの間あひだ, ちょっと, 少すこ
야씩しばらくの間あひだ, ちょっと, 少すこ
야ᄊᆞᆯすこ
야의야이 このこ
야이このこ
야찹다야프다あさ
야채야체 おばけ, 夜叉やしゃ
야체おばけ, 夜叉やしゃ
야칸いずれにせよ
야트다야프다あさ
야펜얘펜 阿片あへん
야펜고장芥子けしの花はな
야편얘펜 阿片あへん
야푸다야프다あさ
야프다あさ
야ᄒᆞᆨ夜学やがく
약くすり
약방薬屋くすりや
약ᄒᆞ다よわ
얄루다얄룹다うす
얄룹다1うす
얄룹다2ゆるい, 水みずっぽい
얄릅다얄룹다うす
얄밉다小憎こにくらしい
얇다얄룹다うす
얌전ᄒᆞ다おとなしい
양1うしの胃袋いぶくろ(肉)
양2はい
양ひつじ
양山羊やぎ
양가달両脚りょうあし
양념スパイス
양념ᄀᆞᆫ장薬味醤油やくみじょうゆ
양념ᄄᆞᆯ一人娘ひとりむすめ
양념장물薬味醤油やくみじょうゆ
양말靴下くつした
양발양말 靴下くつした
양손両手りょうて
양안西洋式せいようしきの鞍くら
양에茗荷みょうが
양왜양에 茗荷みょうが
양지かお
양지기白撞木鮫しろしゅもくざめ
양지발르다日当ひあたりが良
얘기이왁 物語ものがたり, 話はなし
얘펜阿片あへん
얘펜고장야펜고장 芥子けしの花はな
어가라어ᄀᆞ라 すぐ, すぐさま
어거라어ᄀᆞ라 すぐ, すぐさま
어거지無理強むりじい, 強要きょうよう
어거지로無理むりやり
어귓돌かまどの上うえに横よこにかける石いし
어그라어ᄀᆞ라 すぐ, すぐさま
어그러지다1はずれる
어그러지다2はずれた状態じょうたい
어그레어ᄀᆞ라 すぐ, すぐさま
어근버근ᄒᆞ다1がたがたする, ぐらぐらする
어근버근ᄒᆞ다2がたがただ, ぐらぐらだ
어근비근どっこいどっこい, 互角ごかく
어근비근ᄒᆞ다互角ごかく
어글락다글락凸凹でこぼこ
어금ちいさな貝かい
어금늬어금니 臼歯きゅうし
어금니臼歯きゅうし
어금발가락(足の)親指おやゆび
어금손가락親指おやゆび
어금조개기ちいさな貝かい
어금조갱이어금조개기ちいさな貝かい
어긋지다強情ごうじょう
어긔どこ
어긔차다気丈きじょう
어긔ᄎᆞ다어긔차다 気丈きじょう
어기다やぶる, 違たがえる
어ᄀᆞ라すぐ, すぐさま
어깨曳網ひきあみの外側そとがわに近ちかい網あみ
어깨ᄆᆞᆯ타다엇게ᄆᆞᆯᄐᆞ다 肩車かたぐるまに乗
어께かた
어께둑지肩先かたさき, 肩口かたぐち
어께ᄆᆞᆯ타다엇게ᄆᆞᆯᄐᆞ다 肩車かたぐるまに乗
어껫ᄆᆞᆯ타다엇게ᄆᆞᆯᄐᆞ다 肩車かたぐるまに乗
어느どの
어느 거どれ(不定称)
어느세いつの間にか
어느제何時いつ
어느하가의いつになったら
어는제어느제 何時いつ
어대오름オデ山やま
어덕硬基質底かうきしつていの潮下帯ちょうかたい
어두룩ᄒᆞ다薄暗うすぐら
어두름어대오름 オデ山やま
어둑다어둡다くら
어둑칙칙ᄒᆞ다어둠침침ᄒᆞ다くらく鬱陶うっとうしい
어둑침침ᄒᆞ다어둠침침ᄒᆞ다くらく鬱陶うっとうしい
어둠침침ᄒᆞ다くらく鬱陶うっとうしい
어둡다くら
어드어디 どこ
어듬더듬つかえつかえ, 手探てさぐりで
어듸어디 どこ
어디どこ
어따ᄋᆞ따 おいおい, まったく
어따가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
어떠불라あちっ
어떤1
어떤2どのような, どの, どんな
어떵どう, どのように
어떵ᄒᆞ다どうだ, どのようだ
어러러はいしっ, はいっ, 馬うまを御ぎょする声こえ
어레미얼멩이 とおし
어레빗얼레기 粗櫛あらぐし
어렝이カクテルラス, お歯黒倍良はぐろべら
어려려어러러 はいしっ, はいっ, 馬うまを御ぎょする声こえ
어렵다困難こんなん, 難むずかしい
어룬大人おとな
어르ᄆᆞᆫ지다1でる
어르ᄆᆞᆫ지다2れる, 触さわ
어르ᄆᆞᆫ직다어르ᄆᆞᆫ지다でる
어름얼음こおり
어름쓸다어릅쓸다 愛撫あいぶする
어름씰다어릅쓸다 愛撫あいぶする
어릅쓸다愛撫あいぶする
어리다おさな
어린아기あかん坊ぼう
어린애기어린아기あかん坊ぼう
어마넉덜라(怪我をした子供に)よしよし
어머니はは
어멍はは
어멍펜母方ははかた
어버시おや, 両親りょうしん
어버이어버시おや, 両親りょうしん
어부애부애 おんぶ
어설프다いい加減かげん
어스럼새벨어스름새벨よいの明星みょうじょう
어스럼새별어스름새벨よいの明星みょうじょう
어스름새벨よいの明星みょうじょう
어시노리のろの雌めす
어염에염はた, 側そば
어예어이またたく間
어우셍이아구셍이えら
어욱すすき
어울리다調和ちょうわする, 似合にあ
어움いのししの牙きば
어워기어욱すすき
어웍어욱すすき
어음어움いのししの牙きば
어이またたく間
어잭이어제기 漁師りょうし
어저괴어제 昨日きのう
어저끠어제 昨日きのう
어제昨日きのう
어제기漁師りょうし
어젯밤昨晩さくばん, 昨夜さくや
어치냑昨晩さくばん, 昨夜さくや
어ᄎᆞ낙어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
어ᄎᆞ냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
억눌르다おさえる
억저리다윽저리다おど
억지無理強むりじい, 強要きょうよう
억지로無理むりやり
억질억지 無理強むりじい, 強要きょうよう
억질로억지로 無理むりやり
언강愛嬌あいきょう
언덕엉덕おか
언듸다こご
언듼피凝固ぎょうこした獣けものの血
언디다언듸다こご
언딘피언듼피 凝固ぎょうこした獣けものの血
언마얼매 いくら
언매얼매 いくら
언메얼매 いくら
언물冷水れいすい
언비氷雨ひさめ
언ᄇᆞ름寒風かんぷう
언제어느제 何時いつ
언처냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
언치낙어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
언치냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
언ᄎᆞ냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
언ᄎᆞ뭇어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얻다る, 得
얼건ᄒᆞ다少々口しょうしょうくちがひりひりする, ほろ酔い機嫌きげん
얼굴かお
얼금설금のっそのっそ
얼금얼금おおきく浅あさくまばらにあばたになっている様子ようす
얼다1こお
얼다2さむ
얼라あかん坊ぼう
얼랍쉬얼합쉬 おっちょこちょい
얼랑거리다おべっかを使つか
얼럭지얼레기 粗櫛あらぐし
얼레(凧の)糸巻いとまき, リール, 糸枠いとわく, 糸繰いとく
얼레기粗櫛あらぐし
얼렝이걸렝이っこ紐ひも
얼루레비小葉こばの莢迷がまずみの実
얼루레비낭1莢迷がまずみ
얼루레비낭2小葉こばの莢迷がまずみ
얼룩송아지白鮫しろざめ, 虎鮫とらざめ
얼른すぐに
얼마얼매 いくら
얼마니얼매 いくら
얼매いくら
얼메얼매 いくら
얼멩이とおし
얼우다こおらせる
얼우레비낭1얼루레비낭 莢迷がまずみ
얼우레비낭2얼루레비낭 小葉こばの莢迷がまずみ
얼위다얼다こお
얼음こおり
얼ᄌᆞ낙어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얼ᄌᆞ냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얼ᄌᆞ뭇어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얼치냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얼ᄎᆞ냑어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
얼크락달크락凸凹でこぼこ
얼터귀羽毛うもうの抜けた老いた雄おすの雉きじ
얼털이얼터귀 羽毛うもうの抜けた老いた雄おすの雉きじ
얼트락달트락凸凹でこぼこ
얼풋すぐに
얼합쉬おっちょこちょい
얽다あばたになる
얽베기痘痕面あばたづらの人ひと
엄낭針桐はりぎり
엄벙덤벙無頓着むとんちゃくに, 軽率けいそつ
엄지발가락(足の)親指おやゆび
엄지손가락親指おやゆび
엄짚신喪中もちゅうに履く草鞋わらじ
엄착ᄒᆞ다びっくりする, どっきりする
업다1背負せお
업다2ᄋᆞ따 おいおい, まったく
업다3おぶう
업다가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
없다엇다
엇게어께かた
엇게ᄆᆞᆯᄐᆞ다肩車かたぐるまに乗
엇다
엇어지다くなる
엇이しに
엇저믓어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
엇ᄌᆞ뭇어치냑 昨晩さくばん, 昨夜さくや
엉기다언듸다こご
엉덕おか
엉뎅이しり
엉둥이엉뎅이しり
엉장がけ
엉치しり
엎지르다엎질르다 こぼす
엎질르다こぼす
에끼くそっ
에따ᄋᆞ따 おいおい, まったく
에따가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
에럽다어렵다 困難こんなん, 難むずかしい
에렵다어렵다 困難こんなん, 難むずかしい
에어컨エアコン
에염はた, 側そば
에와싸다에우싸다かこ
에우다웨우다 暗記あんきする, 覚おぼえる
에우싸다かこ
엠에염はた, 側そば
엥그리다落書らくがきする
엥기리다엥그리다 落書らくがきする
여관예관 旅館りょかん
여긔여기 ここ
여기ここ
여끄다
여답ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
여덜ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
여드레ᄋᆢ드레 八日ようか(間)
여든ᄋᆢ든 八十はちじゅう
여라ᄋᆢ라 いくつもの, いくつかの
여라가지ᄋᆢ라가지 種々しゅじゅ, 色々いろいろ, 様々さまざま
여라분ᄋᆢ라분みなさん
여러ᄋᆢ라 いくつもの, いくつかの
여러가지ᄋᆢ라가지 種々しゅじゅ, 色々いろいろ, 様々さまざま
여러분ᄋᆢ라분みなさん
여름{夏}ᄋᆢ름なつ
여름{實}ᄋᆢ름
여물ᄋᆢ물 豆粒まめつぶ
여ᄆᆞᆯᄋᆢ물 豆粒まめつぶ
여섯ᄋᆢᄉᆞᆺむっ
여시きつね
여신女神めがみ
여의여시きつね
여이다のどが渇かわ
여인예인おんな
여자보말石畳いしだたみ
여점예점 普通ふつう
여제여ᄌᆞおんな
여조케めい
여지다
여ᄌᆞおんな
여청娘子軍じょうしぐん, 婦人部隊ふじんぶたい, 女性の軍人
여피다여끄다
여헹たび, 旅行りょこう
여호여시きつね
여히여시きつね
역다1ᄋᆢᆨ다 分別ふんべつがつく
역다2ᄋᆢᆨ다 利口りこうだ, 賢かしこ
역부로역불 わざと, わざわざ
역불わざと, わざわざ
역사역ᄉᆞ 歴史れきし
역시やはり
역ᄉᆞ歴史れきし
연たこ
연걸릴락凧合戦たこがっせん
연결ᄒᆞ다つな
연락連絡れんらく
연애あい, 恋愛れんあい
연에연방연헤연방 ひっきりなしに
연장1道具どうぐ
연장2農機具のうきぐ
연제엇이突然とつぜん, 急きゅう
연필鉛筆えんぴつ
연헤연방ひっきりなしに
연ᄒᆞ다あわい, 軟やわらかい
열1(動物の)十歳じっさい, 十とお
열2とお
열나다ねつが出
열다1ᄋᆢᆯ다ける, 開ひら
열다2ᄋᆢᆯ다みの
열를열흘 十日とおか(間)
열리다1ᄋᆢᆯ다
열리다2く, 開ひら
열매ᄋᆢᆯ매
열쉐열쒜かぎ
열쒜かぎ
열오르다열올르다ねつが出
열올르다ねつが出
열흘十日とおか(間)
염1ひげ
염2에염はた, 側そば
염소염쉐 山羊やぎ
염송애기염쉐 山羊やぎ
염쉐山羊やぎ
염쉐헤치未年ひつじどし
염장시塩売しうう
염통ᄋᆢᆷ통 心臓しんぞう
염헤치염쉐헤치 未年ひつじどし
엽초葉煙草はたばこ
엿구엿귀 柳蓼やなぎたで
엿귀柳蓼やなぎたで
엿날옛날むかし
엿쉐ᄋᆢᆺ쉐 六日むいか(間)
엿장시물엿장시 あめんぼ
엿지름麦芽ばくが
영こう, このように
영감おばけ, 夜叉やしゃ
영등ᄃᆞᆯ陰暦二月いんれきにがつ
영어英語えいご
영장しかばね
영혼たましい
옆ᄋᆢᇁはた, 側そば
예はい
예계こちらの言葉に應じるやうにと敬意を込めて出す聲, どうぞひとつ, はい
예관旅館りょかん
예끼다여끄다
예다
예라ᄋᆢ라 いくつもの, いくつかの
예라가지ᄋᆢ라가지 種々しゅじゅ, 色々いろいろ, 様々さまざま
예반초개반초 浜木綿はまゆう
예쁘다綺麗きれい
예숙물릴락예숙제낄락 なぞなぞ, 謎なぞ
예숙쒜길락예숙제낄락 なぞなぞ, 謎なぞ
예숙제끼다なぞなぞ遊あそびをする
예숙제낄락なぞなぞ, 謎なぞ
예순六十ろくじゅう
예쉰예순 六十ろくじゅう
예염에염はた, 側そば
예의礼儀れいぎ
예인おんな
예전むかし
예점1臨時りんじで, 大体だいたい
예점2普通ふつう
예점에いつも普通ふつう
예지다여지다
예ᄌᆞ여ᄌᆞおんな
예청女房にょうぼう
예청네女房にょうぼう
예펜1女房にょうぼう
예펜2얘펜 阿片あへん
예펜네女房にょうぼう
예프다1여끄다
예프다2야프다あさ
예피다여끄다
옛날むかし
옛다
오
오가리1つぼ
오가리2切干大根きりぼしだいこん
오강葛貝かずらがい
오강쉬砑螺貝つめたがい
오고렝이글ᄌᆞ蚯蚓みみずののたくったような字
오고셍이にょっきり, ぐっと, ぴたり
오곤すべての, 様々さまざまな, 大勢おおぜい
오공공ᄒᆞ다いぬが吠える
오깨기矢筈豌豆やはずえんどう, 烏野豌豆からすのえんどう
오께기오깨기 矢筈豌豆やはずえんどう, 烏野豌豆からすのえんどう
오꼿우끗 (重い物を)ひょいと, 軽々かるがる
오나리吾亦紅われもこう
오나리불휘오나릿불희 吾亦紅われもこう
오나릿불휘오나릿불희 吾亦紅われもこう
오나릿불희吾亦紅われもこう
오널今日きょう
오노의오누의 異性兄弟いせいきょうだい
오누의異性兄弟いせいきょうだい
오누이오누의 異性兄弟いせいきょうだい
오뉴월오유월 五月ごがつと六月ろくがつ
오늘오널 今日きょう
오ᄂᆞᆯ오널 今日きょう
오다
오도낫ᄒᆞ다おとなしい
오도독이ぽきぽき
오동くわの実
오동개비くわの実
오들랑오들랑乳飲ちのみ子に両脚りょうあしの運動うんどうをさせるときのあやしことば
오라가다ち寄って行
오라바님お兄様にいさま(異性)
오라방1あに(異性), 弟おとうと(異性), せ(異性兄弟・男性)
오라방2あに(異性), 弟おとうと(異性)
오라버니あに(異性), 弟おとうと(異性)
오라버님오라바님 お兄様にいさま(異性)
오라벰오라바님 お兄様にいさま(異性)
오랍동셍おとうと(異性)
오랑腹帯はらおび
오래ながい間あいだ
오래다ひさしい, 長ながい間あいだ
오래비오라방あに(異性), 弟おとうと(異性)
오랜만ひさし振
오랫동안ながい間あいだ
오량오랑 腹帯はらおび
오레오래ながい間あいだ
오레다오래다ひさしい, 長ながい間あいだ
오레비오라방あに(異性), 弟おとうと(異性)
오로穴熊あなぐま, 貉むじな
오롬오름やま
오롯のぼり坂ざか
오롱마鬼野老おにどころ
오르다올르다がる, 上昇じょうしょうする
오른みぎ
오른손右手みぎて
오른짝오른착 右側みぎがわ
오른쪽오른착 右側みぎがわ
오른착右側みぎがわ
오름やま
오리올리 家鴨あひる
오리낭はんの木
오매기오메기 粟餠あわもち
오매기떡오메기떡 粟餠あわもち
오멍ᄒᆞ다오몽ᄒᆞ다うごく, うごめく
오메기粟餠あわもち
오메기떡粟餠あわもち
오메기술粟餠酒あわもちざけ
오모손이鳩尾みぞおち
오모송이오모손이 鳩尾みぞおち
오목가슴鳩尾みぞおち
오목가심오목가슴 鳩尾みぞおち
오몽ᄒᆞ다うごく, うごめく
오미자오미ᄌᆞ 朝鮮五味子ちょうせんごみし
오미저오미ᄌᆞ 朝鮮五味子ちょうせんごみし
오미ᄌᆞ朝鮮五味子ちょうせんごみし
오분자구오분재기 鏡貝かがみがい
오분자귀오분재기 鏡貝かがみがい
오분자기오분재기 鏡貝かがみがい
오분작오분재기 鏡貝かがみがい
오분재기鏡貝かがみがい
오분제기오분재기 鏡貝かがみがい
오빰옷밤ふくろう
오빰제완지오빰제환지 子鮒草こぶなぐさ
오빰제환지子鮒草こぶなぐさ
오수매(馬の)五歳ごさい
오신도신和気藹々わきあいあい
오실오실ぞくぞく
오요요子犬こいぬを呼ぶ声こえ
오월五月ごがつ
오유월五月ごがつと六月ろくがつ
오이웨 胡瓜きゅうり
오족どんなに, いかばかり
오좀小便しょうべん, 尿にょう
오좀께膀胱ぼうこう
오좀누다小便しょうべんをする
오좀눅다오좀누다 小便しょうべんをする
오좀싸다오좀ᄊᆞ다 小便しょうべんをする
오좀ᄊᆞ다小便しょうべんをする
오좀통膀胱ぼうこう
오좀푸께오좀께 膀胱ぼうこう
오죽오족 どんなに, いかばかり
오줌오좀 小便しょうべん, 尿にょう
오직오족 どんなに, いかばかり
오징에烏賊いか
오토미甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
오톰오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
오톰생성오톰셍성 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
오톰셍성甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
오퉤미오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
옥께기오깨기 矢筈豌豆やはずえんどう, 烏野豌豆からすのえんどう
옥도미오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
옥돔오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
옥밤옷밤ふくろう
옥사獄舎ごくしゃ
옥ᄉᆞ獄死ごくし
옥톰게오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
옥황天国てんごく
옥황상제玉皇大帝ぎょくこうたいてい
온ぜん-, 全体ぜんたい
온말本当ほんとう
올가미わな
올래올레 アプローチ, 表通おもてどおりから玄関げんかんまでの道みち
올레アプローチ, 表通おもてどおりから玄関げんかんまでの道みち
올렝이올리 家鴨あひる
올로레비얼루레비 小葉こばの莢迷がまずみの実
올로레비낭얼루레비낭 小葉こばの莢迷がまずみ
올루레비얼루레비 小葉こばの莢迷がまずみの実
올루레비낭얼루레비낭 小葉こばの莢迷がまずみ
올르다がる, 上昇じょうしょうする
올리1올히 今年ことし
올리2家鴨あひる
올리3すげ
올이1올리 家鴨あひる
올이2올히 今年ことし
올쳉이おたまじゃくし
올퉤미오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
올피ひえの一種いっしゅ
올항이올리 家鴨あひる
올헤올히 今年ことし
올호레비얼루레비 小葉こばの莢迷がまずみの実
올호레비낭얼루레비낭 小葉こばの莢迷がまずみ
올흐다옳다ただしい
올히1今年ことし
올히2올리 家鴨あひる
옮다웽기다 伝染うつ
옳다ただしい
옴기다웽기다うつ
옴막옴막1むしゃむしゃ
옴막옴막2ぼこぼこ
옴막ᄒᆞ다1一口ひとくちで素早すばやく食べるか飲みこむ, 食べ物ものを口くちの中なかに入れ口くちを閉じる
옴막ᄒᆞ다2べこんと凹へこんでゐる, 中なかが丸まるくくぼんでいる様子ようす
옴박지土鍋どなべ
옴찍ᄃᆞᆯ싹ぴくっと
옴찍옴찍ぴくっぴくっと
옴탕ᄒᆞ다なかが丸まるくくぼみ深ふかく凹へこんでいる
옷着物きもの, 衣服いふく
옷가기옷가리かべの下地したじに用もちいる木の枝えだ
옷가리かべの下地したじに用もちいる木の枝えだ
옷골름옷곰 (チョゴリなどの)結むすび紐ひも
옷골홈옷곰 (チョゴリなどの)結むすび紐ひも
옷곰(チョゴリなどの)結むすび紐ひも
옷ᄀᆞ슴服地ふくじ, 生地きじ
옷ᄀᆞ심옷ᄀᆞ슴 服地ふくじ, 生地きじ
옷ᄀᆞ음옷ᄀᆞ슴 服地ふくじ, 生地きじ
옷바미옷밤ふくろう
옷밤ふくろう
옷밤절와니옷밤제와니 子鮒草こぶなぐさ
옷밤절완지옷밤제와니 子鮒草こぶなぐさ
옷밤제와니子鮒草こぶなぐさ
옷벗은ᄃᆞᆯ뱅이蛞蝓なめくじ
옷불何着なんちゃくかの衣服いふく
옷섭おくみ
옷안衣服いふくの内側うちがわ
옷으슨ᄃᆞᆯ벵이옷벗은ᄃᆞᆯ뱅이 蛞蝓なめくじ
옷장의はも
옷짓掛襟かけえり, 襟えり
옹기다웽기다うつ
옹기장시陶磁器とうじきを商あきなう人ひと
옹기장ᄉᆞ陶磁器商売とうじきしょうばい
옹당옹당옹장옹장 がみがみ
옹장옹장がみがみ
옹중석石爺いしじいさん, トルハルバン
옹토미오토미 甘鯛あまだい, 赤甘鯛あかあまだい
와どうどう, 馬うまの動うごきを止める時ときに出す聲こえ
와가와개 瓦葺かわらぶきの家いえ
와가다오라가다ち寄って行
와개瓦葺かわらぶきの家いえ
와개칩와개 瓦葺かわらぶきの家いえ
와글와글がやがや
와당바당うみ
와라치라したに下した
와락차락와라치라したに下した
와리다いそぐ, 慌あわてる
와삭바삭がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와삭와삭와삭바삭 がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와상바상와삭바삭 がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와상와상와삭바삭 がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와상이과상이 からから
와상ᄒᆞ다ぱさぱさしている, ぼくぼくしている
와싹ぐっと, どっと
와싹와싹1ぐいぐい
와싹와싹2ひりひり
와싹파싹がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와쌍ものが壊こわれる音おと
와쌍파쌍와싹파싹 がちゃんがちゃん, 陶磁器とうじきなどを壊こわす音おと
와작착一遍いっぺんにことが終わる様子ようす, ぴしゃり
와지지ぴりぴり
와지직あついものに焼かれた時痛ときいたく感かんじる様子ようすやその音おと
왁새곽새 郭公かっこう
왁왁っ暗くら
왁왁ᄒᆞ다っ暗くら
완성完成かんせい
왕どうどう(牛に)
왕놈蜻蛉とんぼ
왕눈おおきな磯眼鏡いそめがね
왕대말축おおきなばった
왕대죽砂糖黍さとうきび
왕밥주리おおきな蜻蛉とんぼ
왕벌女王蜂じょうおうばち
왕벗낭染井吉野そめいよしの, 済州桜さいしゅうざくら, 瀛洲桜えいしゅうざくら, 王桜おうざくら
왕상ᄒᆞ다와상ᄒᆞ다 ぱさぱさしている, ぼくぼくしている
왕자王子おうじ
왕자리筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕잘왕자리 筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕재왕재열 筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕재열筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕잴왕재열 筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕주월왕재열 筋赤熊蝉すじあかくまぜみ
왕ᄌᆞᆷ녜すぐれた海女あま
왕ᄌᆞᆷ수すぐれた海女あま
왕창망창 どっさり
왕하르방曾祖父そうそふ
왕할망曾祖母そうそぼ
왜ᄀᆞᆫ장웨간장 和醤油わじょうゆ
왜다いそぐ, 慌あわてる
왜지축蝦夷紫えぞむらさき
왜지측왜지축 蝦夷紫えぞむらさき
왱그랑댕그랑ちりんちりん
외국말外国語がいこくご
요敷布団しきぶとん
요강溲瓶しびん
요기요디 ここ
요듸요디 ここ
요디ここ
요레こちらに, こっちに
요리요레 こちらに, こっちに
요새最近さいきん, 近頃ちかごろ
요세요ᄉᆞ시 今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요ᄉᆞ시今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요인쟁이ぽん引
요자기この前まえ, この間あいだ, 最近さいきん, 近頃ちかごろ
요작이요자기 この前まえ, この間あいだ, 最近さいきん, 近頃ちかごろ
요적이요자기 この前まえ, この間あいだ, 最近さいきん, 近頃ちかごろ
요조금今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요줌요조금 今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요즘요조금 今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요지금요조금 今頃このごろ, 近頃ちかごろ
요지음요조금 今頃このごろ, 近頃ちかごろ
욕데기き気
욕데기나다き気がする
욕도기욕데기き気
욕듸기욕데기き気
욕디기욕데기き気
욕디기나다욕데기나다き気がする
욕먹다悪口わるくちを言われる
욕보다ひどく苦労くろうする, 恥はじをかく, 往生おうじょうする
욕심よく
욕심꾸레기欲張よくば
욕지기욕데기き気
욕ᄒᆞ다悪口わるくちを言う, 罵ののし
용りゅう
용다리ハンセン病患者びょうかんじゃ
용다릿벵ハンセン病びょう
용ᄆᆞ리むねの一番高いちばんたかいところ
용서ᄒᆞ다ゆる
용시農作業のうさぎょう
용심나다おこ
용심내다おこ
용암溶岩ようがん&熔岩ようがん
용천검唱民謠しょうみんようの一ひとつ, 職業歌手が歌って傳はった民謠, 草取くさとり歌うたの一ひと
용ᄒᆞ다えらい, 腕利うでききだ
우うえ
우거지다い茂しげ
우겨대다い張
우굼しゃもじ
우굼상의坂田鮫さかたざめ
우그생이오고셍이 にょっきり, ぐっと, ぴたり
우금우굼 しゃもじ
우급우굼 しゃもじ
우긋우긋がやがや
우끗1どよっ
우끗2(重い物を)ひょいと, 軽々かるがる
우남으남きり, 靄もや
우납으남きり, 靄もや
우념ᄒᆞ다心配しんぱいする
우녕우영 家庭菜園かていさいえん
우두머리1かしら, 頭目とうもく
우두머리2代表的だいひょうてき
우뜨르웃드르 山間部さんかんぶ
우러르다울러르다 あがめる, 崇拝すうはいする
우럭鎧目張よろいめばる
우렁비夕立ゆうだち, にわか雨あめ
우레かみなり
우리私達わたしたち
우리나라母国ぼこく, 我が国くに
우멩년再来年さらいねん
우물井戸いど
우믈우물 井戸いど
우믜우미 天草てんぐさ, 寒天かんてん
우미天草てんぐさ, 寒天かんてん
우미묵寒天かんてん
우미바당天草てんぐさのよく生える海うみ
우미번난지なみに打ち寄せられた天草てんぐさ
우박ひょう, 霰あられ
우방우방지 牛蒡ごぼう
우방지牛蒡ごぼう
우방ᄌᆞ우방지 牛蒡ごぼう
우비雨具あまぐ
우산かさ
우상ᄒᆞ다이상ᄒᆞ다へん
우석목무석목 石爺いしじいさん, トルハルバン
우선まず
우수리お釣
우숩다滑稽こっけいだ, ばかげている
우스리우수리 お釣
우시花婿付添人はなむこつきそいにん, 花嫁付添人はなよめつきそいにん
우연우영 家庭菜園かていさいえん
우연팟家庭菜園かていさいえん
우영家庭菜園かていさいえん
우영팟우연팟 家庭菜園かていさいえん
우이우うえ
우잣さく
우장みの
우측右側みぎがわ
우치おすの雉きじ
우치다(天気が)ぐずつく
우투上着うわぎ
우희우うえ
운동運動うんどう
운동장運動場うんどうじょう
운디윤디し鏝ごて, 焼き鏝ごて
운멩運命うんめい
운수うん, 運勢うんせい
운영ᄒᆞ다運営うんえいする
울さく, 檻おり
울가리옷가리かべの下地したじに用もちいる木の枝えだ
울국우굼 しゃもじ
울굼우굼 しゃもじ
울금우굼 しゃもじ
울다く, 鳴く&啼
울따리さく
울러르다あがめる, 崇拝すうはいする
울뤠우레かみなり
울리다1かせる
울리다2
울북太鼓たいこ
울뿍울북 太鼓たいこ
울성さく
울왓우영 家庭菜園かていさいえん
울우슬물어음 くらげ海月
울이슬물어음 くらげ海月
울이시랭이물어음 くらげ海月
울칵울칵むかむか
울타리울따리さく
움
움막ᄒᆞ다옴막ᄒᆞ다 一口ひとくちで素早すばやく食べるか飲みこむ, 食べ物ものを口くちの中なかに入れ口くちを閉じる
움부리굼부리 噴火口ふんかこう
움직이다うごかす, 動うご
움질기다움직이다うごかす, 動うご
웃다わら
웃둑지肩先かたさき, 肩口かたぐち
웃드르山間部さんかんぶ
웃뜨르웃드르 山間部さんかんぶ
웃옷上着うわぎ
웃지다可笑おかしい
웃하늘口蓋こうがい
웅뎅이水溜みずたま
웅매牡馬おすうま
웅장のろの雄おす
웅잴船虫ふなむし
웅줄레わかい雄おすの雉きじ
웅취우치おすの雉きじ
웅치우치おすの雉きじ
워ᄀᆞ라어ᄀᆞ라 すぐ, すぐさま
원-じつ
원달귀 소리地搗じつき唄うた
원두막瓜小屋うりごや, (瓜畑の)番小屋ばんごや
원뒤막원두막 瓜小屋うりごや, (瓜畑の)番小屋ばんごや
원ᄄᆞᆯじつの娘むすめ
원래元来がんらい, もともと
원셍이さる
원수あだ, 敵かたき
원쉬원수あだ, 敵かたき
원아덜원아ᄃᆞᆯじつの息子むすこ
원아ᄃᆞᆯじつの息子むすこ
원아방じつの父ちち
원어멍じつの母はは
원지다のぞ
원ᄒᆞ다のぞ
월라ᄆᆞᆯ월레ᄆᆞᆯ 縞馬しまうま
월레ᄆᆞᆯ縞馬しまうま
월식月蝕げっしょく
월식ᄒᆞ다月蝕げっしょくが起こる
웡웡わんわん
웨1何故なぜ
웨2胡瓜きゅうり
웨가外戚がいせき, 母方ははかたの親戚しんせき
웨가칩外戚がいせき, 母方ははかたの親戚しんせき
웨간장和醤油わじょうゆ
웨국外国がいこく
웨눈박이片目かための人ひと
웨눈벡이かれい
웨눈벵이웨눈박이 片目かための人ひと
웨도리けた
웨돌처귀ひとつだけついている肘壺ひじつぼと肘金ひじがね
웨ᄄᆞᆯ一人娘ひとりむすめ
웨롭다さびしい, 孤独こどく
웨막웻막 瓜小屋うりごや, (瓜畑の)番小屋ばんごや
웨막사리瓜小屋うりごや, (瓜畑の)番小屋ばんごや
웨미ᄌᆞ오미ᄌᆞ 朝鮮五味子ちょうせんごみし
웨바농1たった一ひとつの針はり
웨바농2一人息子ひとりむすこ
웨보말웬보말 川蜷かわにな
웨불一張羅いっちょうら
웨사촌母方ははかたの從兄弟姉妹いとこ
웨삼촌母方ははかたの伯父おじ・叔父おじ
웨삼춘웨삼촌 母方ははかたの伯父おじ・叔父おじ
웨손外孫そとまご
웨ᄉᆞ촌웨사촌 母方ははかたの從兄弟姉妹いとこ
웨아ᄃᆞᆯ一人息子ひとりむすこ
웨우다暗記あんきする, 覚おぼえる
웨지웨지의 胡瓜きゅうりの塩漬しおづけ
웨지시웨지의 胡瓜きゅうりの塩漬しおづけ
웨지의胡瓜きゅうりの塩漬しおづけ
웨지축왜지축 蝦夷紫えぞむらさき
웨칸집一間ひとまの家いえ
웨통수(将棋の)一手詰いってづ
웨투우투 上着うわぎ
웨퉁쟁이片目かための人ひと
웨편外戚がいせき, 母方ははかたの親戚しんせき
웨하르방祖父そふ(母方)
웨하르버지祖父そふ(母方)
웨할망祖母そぼ(母方)
웨할머니祖母そぼ(母方)
웬ひだり
웬갱이웬광이 左利ひだりき
웬광이左利ひだりき
웬괭이웬광이 左利ひだりき
웬기다웽기다うつ
웬ᄀᆞ매기巻貝まきがいの一種いっしゅ
웬보말川蜷かわにな
웬손左手ひだりて
웬수원수あだ, 敵かたき
웬ᄉᆞ끼左縄ひだりなわ
웬자치左利ひだりき
웬쟁이左利ひだりき
웬짝웬착 左側ひだりがわ
웬쪽웬착 左側ひだりがわ
웬착左側ひだりがわ
웻막瓜小屋うりごや, (瓜畑の)番小屋ばんごや
웽기다1伝染うつ
웽기다2うつ
웽이1二十日鼠はつかねずみ, 鼠ねずみ
웽이2黄鯛きだい, 連子鯛れんこだい
위대하다えらい, 偉大いだい
위로ᄒᆞ다慰労いろうする
위신威信いしん
위연우영 家庭菜園かていさいえん
위염危険きけん
유荏胡麻えごま
유공자功労者こうろうしゃ
유럼木通あけびの実
유레기乾葉ひば&干葉ひば
유름유럼 木通あけびの実
유리1有利ゆうり
유리2ガラス
유리잔磯眼鏡いそめがね
유리片親かたおやの子
유마はらは白しろく鬣たてがみは黒くろく體全體からだぜんたいは褐色かっしょくの馬うま
유마ᄆᆞᆯ유매ᄆᆞᆯはらは白しろく鬣たてがみは黒くろく體全體からだぜんたいは褐色かっしょくの馬うま
유매유마はらは白しろく鬣たてがみは黒くろく體全體からだぜんたいは褐色かっしょくの馬うま
유매ᄆᆞᆯはらは白しろく鬣たてがみは黒くろく體全體からだぜんたいは褐色かっしょくの馬うま
유명ᄒᆞ다有名ゆうめいな, 名高なだか
유물遺物いぶつ
유배配流はいる, 流刑るけい
유썹胡麻ごまの葉
유우레기유레기 乾葉ひば&干葉ひば
유월六月ろくがつ
유으름유럼 木通あけびの実
유으름줄木通あけび
유인도有人島ゆうじんとう
유일ᄒᆞ다唯一ゆいいつ
유입유썹 胡麻ごまの葉
유잎유썹 胡麻ごまの葉
유적지遺跡いせき
유지維持いじ
유지름の油あぶら, 荏油えあぶら
유채西洋油菜せいようあぶらな
유채꼿西洋油菜せいようあぶらな
육ろく
육수牛肉出汁ぎゅうにくだし
육수마육수매 (馬の)六歳ろくさい
육수매(馬の)六歳ろくさい
육절포육철포 六連発銃ろくれんぱつじゅう
육지朝鮮半島ちょうせんはんとう, 陸りく
육철포六連発銃ろくれんぱつじゅう
윤낭鎌柄かまつか
윤노리鎌柄かまつか
윤노리낭윤누리낭 鎌柄かまつか
윤누리윤노리 鎌柄かまつか
윤누리낭鎌柄かまつか
윤뒤윤디し鏝ごて, 焼き鏝ごて
윤디し鏝ごて, 焼き鏝ごて
윤ᄃᆞᆯ閏月うるうづき
윤유리윤노리 鎌柄かまつか
윤유리낭윤누리낭 鎌柄かまつか
윳1이웃となり
윳2ユッ, 遊戯用の四本一組の棒
윳놀다ユンノリをする, 朝鮮双六ちょうせんすごろくをする
윳섭유썹 胡麻ごまの葉
으남きり, 靄もや
으네으남きり, 靄もや
으룬어룬 大人おとな
으른어룬 大人おとな
으슥ᄒᆞ다이슥ᄒᆞ다 (夜が)更けている
으싹ᄒᆞ다平気へいき
윽저리다おど
은매얼매 いくら
은메얼매 いくら
은상어은상의 銀鮫ぎんざめ
은상의銀鮫ぎんざめ
은어은에あゆ
은에あゆ
은인恩人おんじん
은하수銀河ぎんが
은행남은헹낭 銀杏いちょう
은헹낭銀杏いちょう
을다얼다さむ
을마얼매 いくら
을메얼매 いくら
을진풍南東風なんとうふう
을큰ᄒᆞ다さびしい, 寂さびしい, 無念むねん
을프다ぎんずる, 詠えいずる
음낭엄낭 針桐はりぎり
음달かげ
음력陰暦いんれき
음막ᄒᆞ다옴막ᄒᆞ다 一口ひとくちで素早すばやく食べるか飲みこむ, 食べ物ものを口くちの中なかに入れ口くちを閉じる
음벙덤벙엄벙덤벙 無頓着むとんちゃくに, 軽率けいそつ
음복直会なおらい(祭祀の供え物を分けて食べること)
음식べ物もの, 食物しょくもつ
음진풍을진풍 南東風なんとうふう
읎다엇다
읏다엇다
읏상읏상えらそうに歩あるく様さま
읏어지다엇어지다くなる
읏이엇이しに
읏이ᄒᆞ다くす
응うん
응그리다엥그리다 落書らくがきする
의녀(李氏朝鮮の)医女いじょ
의논ᄒᆞ다相談そうだんする, 話はなし合
의사医者いしゃ
의설프다어설프다 いい加減かげん
의심うたが
의웨意外いがい
의좋다なかが良い, 睦むつまじい
읫날옛날むかし
이1この
이2
이거이것 これ
이것これ
이기다
이껍늬껍り餌, 餌えさ
이끼こけ
이내왓むらの中なかの畑はたけ
이네왓이내왓むらの中なかの畑はたけ
이녁お前まえ, 自分じぶん, 自身じしん
이녁네自分じぶんたち
이등二等にとう
이듸ここ
이디이듸 ここ
이따가이땅 すぐに, 後あとで, 時々ときどき, 時折ときおり
이따그네이땅 すぐに, 後あとで, 時々ときどき, 時折ときおり
이땅すぐに, 後あとで, 時々ときどき, 時折ときおり
이런こんな, このような
이렁うね
이레こちらに, こっちに
이레착저레착右往左往うおうさおう, あっちに行ったりこっちに来たり
이루제일지후제 以後いご, 後あと
이르다1일르다はや
이르다2到着とうちゃくする, 到達とうたつする, 着く, 行き着く, 達たっする
이르우제일지후제 以後いご, 後あと
이르후제일지후제 以後いご, 後あと
이름일홈 (姓名の)名, 名前なまえ, 名称めいしょう
이리이레 こちらに, こっちに
이망이멩이ひたい
이맹이이멩이ひたい
이멍이멩이ひたい
이멩이ひたい
이모母方ちちかたの伯母おば・叔母おば
이문もん
이문간もんの脇部分わきぶぶんの棟むね
이문깐이문간もんの脇部分わきぶぶんの棟むね
이물船首せんしゅ, 舳先へさき
이미もう, 既すで
이반초その年二回目としにかいめに刈る天草てんぐさ
이번초이반초 その年二回目としにかいめに刈る天草てんぐさ
이부자리이불자리 掛布団かけぶとんとしきぶと敷布団, 寝具しんぐ
이불掛布団かけぶとん
이불자리掛布団かけぶとんとしきぶと敷布団, 寝具しんぐ
이비인후과耳鼻咽喉科じびいんこうか
이빨검은조기石持いしもちの一種いっしゅ
이사引越ひっこし
이삼월二月にがつと三月さんがつ
이상理想りそう
이상ᄒᆞ다へん
이수매(馬の)二歳にさい
이슥ᄒᆞ다(夜が)更けている
이슬つゆ
이슬지다つゆがおりる
이시다1잇다 ある, 居
이시다2잇다のこる, 留とどまる
이식ᄒᆞ다이슥ᄒᆞ다 (夜が)更けている
이실이슬つゆ
이실멩이水蛸みずだこ, 蛸たこ
이실지다이슬지다つゆがおりる
이아의야이 このこ
이아이야이 このこ
이야기이왁 物語ものがたり, 話はなし
이얘기이왁 物語ものがたり, 話はなし
이어도방에木臼きうす
이엄에염はた, 側そば
이염에염はた, 側そば
이영영 こう, このように
이예기이왁 物語ものがたり, 話はなし
이와기이왁 物語ものがたり, 話はなし
이왁物語ものがたり, 話はなし
이왁ᄒᆞ다はな
이왕どうせ, せっかく
이용ᄒᆞ다利用りようする
이웃となり
이월二月にがつ, 陰暦二月いんれきにがつ
이웨의웨 意外いがい
이유理由りゆう
이윳이웃となり
이으다うしな
이ᄋᆢᆼ영 こう, このように
이전以前いぜん
이제いま
이중二重にじゅう
이지다わすれる
이질疫痢えきり
이질벵疫痢えきり
이짝こちら, こっち
이착이짝 こちら, こっち
이치다이지다わすれる
이칙인측はやめに, 早はや
이튿날이틀날 二日目ふつかめ, 明くる日
이틀二日ふつか(間)
이틀날二日目ふつかめ, 明くる日
이후以後いご, 後あと
익다が通とおる, 熟じゅくする
익다
익숙다れている
익숙ᄒᆞ다れている
인기人気にんき
인반초개반초 浜木綿はまゆう
인사挨拶あいさつ
인사ᄒᆞ다挨拶あいさつする
인상적印象的いんしょうてき
인ᄉᆞᆷ朝鮮人参ちょうせんにんじん, お種人参たねにんじん
인정認定にんてい
인측はやめに, 早はや
인칙인측はやめに, 早はや
인칙이はやめに, 早はや
일1仕事しごと, 用事ようじ
일2いち
일3こと, 事柄ことがら
일가방상親戚しんせき, 親類しんるい
일곱1(動物の)七歳ななさい
일곱2ななつの
일곱なな
일굽일곱ななつの
일꾼はたらき手, 人手ひとで
일다1(泡が、毛羽が)立つ, (波風が、揉め事が)起こる, 強つよまる, 盛さかんになる
일다2
일다3(米を)とぐ, よなげる
일로こちらに, こっちに
일롬일홈 (姓名の)名, 名前なまえ, 名称めいしょう
일루다
일뤠七日なのか(間)
일르다1일흐다くす, 失うしな
일르다2はや
일른일흔 七十ななじゅう, 七十しちじゅう
일름일홈 (姓名の)名, 名前なまえ, 名称めいしょう
일리다こす
일명一名いちめい
일미このこ, この人ひと
일반초その年初としはじめて刈る天草てんぐさ
일번초일반초 その年初としはじめて刈る天草てんぐさ
일본日本にっぽん
일본고치낭枸杞くこ
일식日蝕にっしょく
일어나다1きる
일어나다2しょうずる, 起きる[事件が], 起こる
일어사다ち上がる
일어ᄉᆞ다일어사다ち上がる
일월군웅 氏神うじがみ
일월제석군웅 氏神うじがみ
일은일흔 七十ななじゅう, 七十しちじゅう
일제강점기日本にほんによる植民地時代しょくみんちじだい
일지우제일지후제 以後いご, 後あと
일지후제以後いご, 後あと
일진풍을진풍 南東風なんとうふう
일찍인측はやめに, 早はや
일쿰労賃らうちん
일품일쿰 労賃らうちん
일홈(姓名の)名, 名前なまえ, 名称めいしょう
일후이후 以後いご, 後あと
일흐다くす, 失うしな
일흔七十ななじゅう, 七十しちじゅう
일ᄒᆞ다はたら
임노리낭윤누리낭 鎌柄かまつか
임ᄂᆞ리윤노리 鎌柄かまつか
임댕이임뎅이ひたい
임뎅이ひたい
임제主人しゅじん, 所有者しょゆうしゃ
입1
입2くち
입거웃口髭くちひげ
입다
입담베葉煙草はたばこ
입대ᄒᆞ다入隊にゅうたいする
입맛食欲しょくよく
입솔기くちびる
입술입솔기くちびる
입술기입솔기くちびる
입제입ᄌᆞ カッ, (成年男子の)冠かんむり
입주뎅이くちばし
입주둥이입주뎅이くちばし
입지다せる
입ᄌᆞカッ, (成年男子の)冠かんむり
입천장口蓋こうがい
입초1歩哨ほしょう
입초2엽초 葉煙草はたばこ
입춘立春りっしゅん
입허주中傷ちゅうしょう
잇날옛날むかし
잇다1のこる, 留とどまる
잇다2ある, 居
잇다3ぐ, 繋つな
잉걸잉겅おき, 熾火おきび
잉걸불잉겅불おき, 熾火おきび
잉겅おき, 熾火おきび
잉겅불おき, 熾火おきび
잉겡이잉겅おき, 熾火おきび
잉금님금おう
잉어こい
잉여왓이내왓むらの中なかの畑はたけ
잊다이지다わすれる
잎초엽초 葉煙草はたばこ
ᄋᆞ따おいおい, まったく
ᄋᆞ따가라おいおい, まったく
ᄋᆞᄋᆞᆼᄌᆞᆫ다니り言ごと
ᄋᆞ저가다って行
ᄋᆞ저오다아저오다って来る, もたらす
ᄋᆞ져오다아저오다って来る, もたらす
ᄋᆞ지다아지다る, 持
ᄋᆞᆫ나ᄋᆞ따 おいおい, まったく
ᄋᆞᆫ나가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
ᄋᆞᆫ내다안네다し上げる
ᄋᆞᆫ네다안네다し上げる
ᄋᆞᆸ다ᄋᆞ따 おいおい, まったく
ᄋᆞᆸ다가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
ᄋᆞᆺ나ᄋᆞ따 おいおい, まったく
ᄋᆞᆺ나가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
ᄋᆞᆺ다ᄋᆞ따 おいおい, まったく
ᄋᆞᆺ다가라ᄋᆞ따가라 おいおい, まったく
ᄋᆞᆽ다앚다る, 持
ᄋᆢむっつの
ᄋᆢ끄다여끄다
ᄋᆢ답1(動物の)八歳はっさい, 八やっつの
ᄋᆢ답2ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
ᄋᆢ덜ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
ᄋᆢ덥ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
ᄋᆢ드레八日ようか(間)
ᄋᆢ든八十はちじゅう
ᄋᆢᄃᆞᆯᄋᆢᄃᆞᆸやっ
ᄋᆢᄃᆞᆸやっ
ᄋᆢ라いくつもの, いくつかの
ᄋᆢ라가지種々しゅじゅ, 色々いろいろ, 様々さまざま
ᄋᆢ라분みなさん
ᄋᆢ름1
ᄋᆢ름2なつ
ᄋᆢ망지다利口りこうだ, 賢かしこ
ᄋᆢ멀ᄋᆢ물 豆粒まめつぶ
ᄋᆢ물1豆粒まめつぶ
ᄋᆢ물2い葉
ᄋᆢᄆᆞᆯᄋᆢ물 豆粒まめつぶ
ᄋᆢ섯1ᄋᆢᄉᆞᆺむっ
ᄋᆢ섯2むっつの
ᄋᆢ습(動物の)六歳ろくさい
ᄋᆢ슷ᄋᆢᄉᆞᆺむっ
ᄋᆢᄉᆞᆺむっ
ᄋᆢᆨ다1分別ふんべつがつく
ᄋᆢᆨ다2利口りこうだ, 賢かしこ
ᄋᆢᆯ다1ける, 開ひら
ᄋᆢᆯ다2
ᄋᆢᆯ다3みの
ᄋᆢᆯ리다ᄋᆢᆯ다
ᄋᆢᆯ매
ᄋᆢᆯ쉐열쒜かぎ
ᄋᆢᆯ쒜열쒜かぎ
ᄋᆢᆷ통心臓しんぞう
ᄋᆢᆺᄋᆢむっつの
ᄋᆢᆺ쉐六日むいか(間)
ᄋᆢᆼ영 こう, このように
ᄋᆢᇁはた, 側そば