デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
exhibition:culture:4366_4457_4352_4449_4364_4469_4536 [2017/06/17 09:11]
tida
exhibition:culture:4366_4457_4352_4449_4364_4469_4536 [2017/06/17 09:12] (現在)
tida
ライン 2: ライン 2:
 {{:​108_02_img_0679.png?​nolink&​300|}} {{:​108_02_img_0679.png?​nolink&​300|}}
  
-済州島の伝統家屋は[[kindred:​4366_4457_4352_4449_4364_4469_4536|藁葺きの家]]である。大部分は[[kindred:​4363_4449_4523_4352_4453_4357_4469|アンコリ(母屋)]]を中心に[[kindred:​4359_4449_4538_4352_4453_4357_4469|パッコリ(離れ屋)]]、[[kindred:​4363_4469_4358_4462_4523_4352_4449_4523|イムンカン]](玄関わきの部屋)、牛マク(牛を育てる所、倉庫としても使われた)等で構成された。戸外の大通りから家に入る時、長い路地を通ることになるがこの道を「[[kindred:​4363_4457_4527_4357_4454|オルレ]]」と呼ぶ。オルレか短かったり、直線になていて母屋が丸見えになる時はパッコリ(離れ屋)や付属部屋を建てて外部からの視線を遮るようにした。母屋の反対側や離屋の方の石垣に[[kindred:​4368_4457_4540_4361_4469|トンシ]]を付けて配置するが、トンシは便所と[[kindred:​4355_4457_4538_4368_4457_4540|トットン]](豚マク、豚を育てる所)の機能をする。済州島の藁葺きの家は、強い風を防ぐために屋根は稲藁ではなくススキ(薄)を編み上げて広げた後、縄を綯って碁盤形に編んでおいた。また風除けのために家の周りに[[kindred:​4355_4457_4527_4355_4449_4535|石垣]]を巡らし、家屋は非常に低く建てられた。藁葺きの家は大きさによって二間部屋、三間部屋、四間部屋に区分され、家の中の内垣の中に配置された家の数によってウェゴリジップ、ドゥゴリジップ、セゴリジップ、ネゴリジップ等で呼ばれる。ドゥゴリジップ以上の場合、各家ごとに台所が別々にあって親世代と子供世代は別々に炊事を行い、独立的な生活様式を営んだ。このような住居及び生活様式は陸地の民家とは異なる、済州島独特の文化様式である。+済州島の伝統家屋は[[kindred:​4366_4457_4352_4449_4364_4469_4536|藁葺きの家]]である。大部分は[[kindred:​4363_4449_4523_4352_4453_4357_4469|アンコリ(母屋)]]を中心に[[kindred:​4359_4449_4538_4352_4453_4357_4469|パッコリ(離れ屋)]]、[[kindred:​4363_4469_4358_4462_4523_4352_4449_4523|イムンカン]](玄関わきの部屋)、牛マク(牛を育てる所、倉庫としても使われた)等で構成された。戸外の大通りから家に入る時、長い路地を通ることになるがこの道を「[[kindred:​4363_4457_4527_4357_4454|オルレ]]」と呼ぶ。オルレか短かったり、直線たりして母屋が丸見えになる時はパッコリ(離れ屋)や付属部屋を建てて外部からの視線を遮るようにした。母屋の反対側や離屋の方の石垣に[[kindred:​4368_4457_4540_4361_4469|トンシ]]を付けて配置するが、トンシは便所と[[kindred:​4355_4457_4538_4368_4457_4540|トットン]](豚マク、豚を育てる所)の機能をする。済州島の藁葺きの家は、強い風を防ぐために屋根は稲藁ではなくススキ(薄)を編み上げて広げた後、縄を綯って碁盤形に編んでおいた。また風除けのために家の周りに[[kindred:​4355_4457_4527_4355_4449_4535|石垣]]を巡らし、家屋は非常に低く建てられた。藁葺きの家は大きさによって二間部屋、三間部屋、四間部屋に区分され、家の中の内垣の中に配置された家の数によってウェゴリジップ、ドゥゴリジップ、セゴリジップ、ネゴリジップ等で呼ばれる。ドゥゴリジップ以上の場合、各家ごとに台所が別々にあって親世代と子供世代は別々に炊事を行い、独立的な生活様式を営んだ。このような住居及び生活様式は陸地の民家とは異なる、済州島独特の文化様式である。
  
   * 文章・写真撮影者:​金善美   * 文章・写真撮影者:​金善美