デジタル博物館「濟州島の文化と言語」

この電子博物館は韓国済州島の言語と文化を映像や音声で紹介し、済州島の皆さん、済州島出身でほかの土地で暮らしている方々、また、済州島の言語や文化に興味がある方や研究者の方が、済州島の言葉、暮らしや行事などを楽しく見られるように構成しています。

済州島の言語と文化はいま消滅の危機に瀕しているといってよいでしょう。現在、済州島方言を母語として自由に話せる方はほとんどが高齢で、共通語との二重言語話者であり、共通語での生活が増えるにしたがって、若い世代への母語の継承は困難になってきています。これまで済州島は独自の風習、文化を維持し、人々はそのなかで豊かな生活を送ってきました。しかし、学校教育などや最近のマスメディアの発達のため方言を自由に使う機会が極端に少なくなり、その文化と母語が急速に失われかけています。

済州島は石多く女多く風多い島、そして泥棒・乞食がおらず門がない島と言われます。これが済州島の「三多三無」です。我々は2009年からこの島で言語調査を行わせてもらい、その言語、文化がいかに素晴らしく、その担い手たちがいかに魅力的かを身を持って感じてきました。

方言は地域に密着した生活語であるため、地域の生活を離れ、現代生活で必要とされる語彙や表現は、共通語からの借用を用いるのが普通でしょう。 済州島で話されている方言は、朝鮮語・韓国語の方言で、共通語とはずいぶん違い、相互理解が非常に困難です。それでも、生活が現代化するとともに地域の言葉は使われなくなり、共通語との二重言語生活が続き、さらには生活語自体が共通語に置き換わってしまいます。それと同時に伝えられてきた豊かな世界が失われることになってしまいます。われわれにはそれを止めることはできませんが、いま、済州島にある豊かな言葉と文化を記録し、映像や音声として残しておくことはできます。この電子博物館は済州島の皆さんの活動や歌、踊り、などを記録し、楽しく鑑賞できる場所を提供するものです。済州島の言葉や文化が若い世代にも学習、鑑賞できるように構成されています。